大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 足痩せに効果的なタイプ別対策方法!部分痩せやお助けグッズもご...
2016年11月17日更新

足痩せに効果的なタイプ別対策方法!部分痩せやお助けグッズもご紹介

誰もが憧れるすらりと伸びた足。でも、美脚を目指して努力してみても、一向に効果が現れずに悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか。足痩せの方法があなたに合っていなかったのかもしれません。タイプ別の足痩せに効果のある方法や足が痩せにくい原因などをまとめてご紹介します。

足痩せ1
 

すらりと伸びた足には誰もが憧れてしまいますよね。でも、効果を目指して努力してみても、一向に効果が現れずに悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか。もしかしたら、足痩せの方法があなたに合っていなかったのかもしれません。

ここでは、タイプ別の足痩せに効果のある方法や足が痩せにくい原因などをまとめていますので、足痩せしたい人は是非参考にしてみてくださいね。

INDEX

・足が太ってしまう原因とは?

・そもそも、女性に下半身太りが多い理由とは?

・女性の足痩せに効果的な方法

・足痩せはしたいけど運動すると筋肉がついて足が太くなる。ほどよい運動は?

・部分痩せの方法

・日常生活でできる足痩せ

・美脚を叶えるおすすめお助けグッズ5つ

・まとめ

 

足が太ってしまう原因とは?

足が太ってしまう原因
足痩せを目指してダイエットを頑張ったのに、どんどん痩せるのは胸ばかりで、足の太さはほとんど変わらなかった、という悲しい経験をした女性は多いのではないでしょうか。

もともと上半身は細いのに、なぜか足だけがムチムチしている、という方も少なくないですよね。

では、足が太ってしまう原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

足痩せをするために大切なのは、まずは足が太くなってしまう原因を正しく理解することです。

足が太ってしまう原因は人それぞれですが、その原因を詳しくご紹介します。

 

脂肪が原因

筋肉が少なく柔らかい体質で、骨が細く、比較的体力が少ない人に多く見られるのがこのタイプです。見た目の特徴としては、太ももを閉じたときに隙間が無かったり、足首が閉まっていない場合もこのタイプに当てはまります。

自分の足についている脂肪はどれくらいなのか、意外と簡単に確認することができます。

 

まずは座ったまま、ふくらはぎを掴んでください。

その状態のまま立ち上がりましょう。

この時、掴んだままでいられた部分が、あなたの足についている脂肪です。

 

足痩せにチャレンジする前に、自分にはどれくらい脂肪がついているのか、一度確認しておくのも良いですね。

 

このタイプの人は、ウォーキングや筋トレをして筋肉をつけるのがおすすめ。筋肉がつくとひざまわりや足首が引き締まり、さらに代謝が上がるため、脂肪が燃焼されやすくなり、足にメリハリが生まれます。

 

むくみが原因

体に厚みはあるけれど、骨や筋肉が目立たない人に多く見られるのがこのタイプです。新陳代謝が悪く、余計な水分を体から出す力が弱いため、体内の水分が多くて、脂肪も水も体内に溜め込んでしまうのが特徴です。その結果、足がむくんでしまうのです。特に、水分や老廃物は脂肪細胞と絡み合うと「セルライト」になるため、むくみは早めに解消しましょう。

 

また、骨が多くリンパ節がある関節は、老廃物の溜まりやすい場所です。このリンパ節が詰まると、まるで水道の蛇口を締めた状態のように水分がパンパンに溜まって、むくみの原因になってしまいます。詰まりを取り除き、流れやすい状態を作ってあげることがおすすめです。

食事は利尿作用のある「カリウム」を多く含む、アボカドやバナナ、ココナッツウォーターなどを取り入れてみてくださいね。

 

自分の足がむくんでいるのかどうかの確かめ方は、30秒ほどふくらはぎを片手で摘んでみてください。

摘んだ手を離した後、摘んだ跡がなかなか消えない場合、むくんでいる可能性が高いです。

 

-筋肉が原因

全身の筋肉の緊張が強くて、かちかちに固いタイプ。全体的には、骨太で骨格がしっかりしたメリハリのある体つきの人が当てはまります。良い筋肉は弾力があるものですが、かちかちに固い筋肉は、脂肪や老廃物と絡み合って固まってしまっている状態なのです。

この場合、血の巡りや血行を良くすることが足痩せのポイント。
筋肉を揉んだりほぐしたりして脂肪や老廃物と切り離し、足先から付け根へ老廃物を流すように意識しましょう。食事では、脂肪の代謝を促す効果のあるレバーや大豆製品など、ビタミンB群を多く含むものを積極的に摂取するのがおすすめです。

 

-日常生活が原因

足痩せのために色々な方法を試しているのに、なかなか細くならない人は、日常生活の中に原因があるのかもしれません。日常生活で気をつけたい習慣をご紹介します。

 

合わない靴を履いている
 

—-合わない靴を履いている

靴を選ぶ時に、デザインを優先してサイズが合うかを後回しにしていませんか?

きつい靴は足を締め付けて血流を悪化させ、代謝ダウンやむくみの原因になります。ゆるい靴も、足が靴にフィットしていないために足に余計な力が入るので、バランスの悪い筋肉がついてしまい、その結果、太ももやふくらはぎが張ってしまいます。

きつくてもゆるくても、合わない靴を履き続けるのは足が太くなる原因の一つ。靴選びは、自分の足にフィットして歩きやすいことを優先しましょう。

 

—-足を組んで座る

椅子に座る時に無意識に足を組んでしまう人は要注意!足を組むと下になった足を圧迫してしまい、血流が悪くなって代謝が落ちます。さらに血流の悪さはむくみの原因になります。むくみが残るとセルライトになり、脚が太くなる原因にもなってしまうのです。

 

—-歩き方が悪い

まずは自分の靴のかかとの減り具合を見てみてください。かかとだけがいつもすり減ってしまう“引きずり歩き”をしている場合、足の筋肉を上手に使えていない可能性が高いです。脚の筋肉が使われないと、血液や老廃物をうまく流せなくなり、結果代謝ダウン→むくみ→セルライトという足を太くするループに陥ってしまいます。

また、多いのは靴の側や内側に減りの偏りがある場合。筋肉がバランス悪く足についてしまい、足のゆがみを引き起こす原因になります。その結果、余計な部分に筋肉がついてしまったりと、脚を太くする原因にもなってしまうのです。

歩く時には、背筋を伸ばして、かかとから着地し、しっかりと足の裏で地面をとらえるようにしましょう。大切なのは、毎日、きちんと意識して歩くこと。少しずつ正しい歩き方が身につき、足痩せにつながります。

 

—-姿勢が悪い

姿勢の悪さは体の歪みの原因となります。体の重心のバランスも崩れるため、足に大きな負担がかかったり、余計な部分に力が入るため、足の筋肉を必要以上に張らせてしまい、足が太くなってしまうのです。

立っている時、歩いている時、常に意識して正しい姿勢を保つことで、体の歪みが改善され、足のバランスも良くなります。日頃から無駄な筋肉をつけないように心掛けておきましょう。

 

—-塩分の摂りすぎ

塩分の高い食事ばかりで体の塩分濃度が高まると、体が水分を溜め込もうとしてしまい、その結果、足がむくむ原因となってしまいます。

特に外食やインスタント食品が多いと塩分の高い食事になりがちです。それを防ぐためにも、なるべく自炊をして、薄味の食事に慣れておきましょう。足痩せだけに限らず、塩分を摂り過ぎて体に良いことは一つもありません。

 

—-水分の摂りすぎ

モデルがスタイルキープや美容のために行っている習慣の中によくあるのが「1日にたくさんの水を飲むこと!」ですよね。水分を撮るのは良いことですが、摂取した分が排出されなければ、体に余分は水分が溜まってしまい、むくみの原因になってしまいます。

内臓に負担をかけずに排出をスムーズにするためには、一度に大量に飲まずにこまめに水分補給が大切です。

 

—-体の冷え

体が冷えると、血管は熱を逃がさないようにと縮こまるので、血液の通り道が狭くなり、血流が悪くなります。その結果、代謝が落ち、脂肪が蓄積しやすくなってしまうのです。

さらにリンパの流れも妨げることになるため、足に老廃物やむくみ残ってしまい、脚がパンパンに張ってしまい、痩せにくい足を作る原因になります。

毎日の入浴で体を温めたり、冷たい食べ物を飲みすぎたりしないように気をつけて、体を冷やさないようにしましょう。

 

—-長時間の同じ姿勢

同じ姿勢を長時間続けるということは、筋肉を動かす回数が少なくなる、ということです。積み重なると筋肉が硬くなり、代謝や血流が悪くなってしまいます。代謝や血流の悪さはむくんだ足の原因となります。

仕事上、同じ姿勢を取らざるをえない場合、足首やひざを時々くるくると回すだけでも、血流の滞りを解消することができます。

 

 

-セルライト

固まってしまった脂肪細胞と老廃物などがくっついて肥大化したものがセルライトです。

冷えやむくみ、運動不足などによって血流が悪くなると、古い脂肪細胞がどんどん溜まっていきます。脂肪が溜まると血管やリンパ管が圧迫されてしまうために代謝が悪くなり、その溜まっている脂肪はさらに固くなっていってしまうのです。

セルライトには、まずは脂肪を揉みほぐして柔らかくしてあげることが必要です。

 

そもそも、女性に下半身太りが多い理由とは?

そもそも女性に下半身太りが多い理由

下半身のしっかりした下半身太りの女性はたまに見かけますが、男性ではそのようなタイプの人はあまり見かけませんよね。なぜ、女性に下半身太りが多いのでしょうか?

男性と違い女性は筋肉量が少ないため、体のラインが歪みやすい傾向にあります。そこから動脈やリンパの流れが悪化して、下半身の水分が停滞しやすくなります。

また、子宮を冷えなどの外からの衝撃から守るために、女性は皮下脂肪が全体的につきやすいとも言われています。さらに、出産を境に下半身が太りやすくなったという話をよく聞きますよね。出産による骨盤の開きや歪みが原因となり、血流やリンパの流れがスムーズにいかず、足がむくみやすくなり、結果的に太く見えてしまう場合もあるようです。

 

女性の足痩せに効果的な方法

それでは、女性の足痩せに効果のある方法をいくつかご紹介します。

 

-有酸素運動

脂肪を落とすのに効果的なのが有酸素運動です。呼吸が苦しくない状態で継続的に体を動かすことで、足痩せに効果を発揮します。おすすめの有酸素運動をまとめてみました。

 

—-ウォーキング

ウォーキング
 

ウォーキングは日常生活に取り入れやすく、運動に慣れていない人でも手軽に始められる有酸素運動です。全身運動なので、エクササイズ効果や脂肪燃焼効果が高く、さらに、足裏に刺激を与えることから血行促進効果も期待できます。

ポイントは「丁寧に」「しっかりと」ウォーキングを行うこと。「ただ歩く」のではなく、「意識した正しいウォーキング」が大切です。よく「ウォーキングをしたら、かえって脚が太くなってしまった」という話も聞きますが、それはウォーキングのやり方が間違っている場合が多いです。正しいウォーキングをすれば足痩せ効果は十分期待できます。

 

足痩せに効果的なウォーキングのポイントを見ていきましょう。

 

・空から頭を釣り上げられているようなイメージで真っ直ぐに立つ。
・お腹に力を入れ、意識して背筋を伸ばす。
・足を大きく踏み出してかかとから足を下ろす。
・腰を移動させるように意識し、前へ重心を移動する。
・下ろした足の裏で地面を踏みしめ、後ろの足を前へ出す。

 

大切なのはひざを伸ばして足を前に出すこと、腰の高さを上下させないことです。歩幅は大きく、腕もしっかりと大きく振って歩くと効果的です。

最初は意識していても、どんどんポーズが崩れてくる場合も多いもの。時々、ショーウィンドウなどで自分の歩く姿をチェックしてみるといいですね。

 

—-水泳

水泳

水泳は体全体を動かす運動になります。クロールや平泳ぎだけでなく、水中ウォーキングでも足痩せすることができるので、泳げない人でも効果が得られます。

さらに、水泳にはむくみを取る嬉しい効果もあるようです。足がむくみやすいのは、足が心臓より下にあるからですが、水泳中は足は心臓と同じ位置になるために、むくみ除去につながるのです。

足痩せに効果的な水泳のポイントを見ていきましょう

 

・距離よりも時間が大切

足痩せの場合、重要なのは「消費カロリー」なので、泳ぐ距離よりも時間の方が大切です。脂肪燃焼効果が高くなる目安は20分以上続けることです。

 

・水中ウォーキング

普通のウォーキングと同じで水中でも 腕は大きく振る 、 足は大股で歩き 、 姿勢を良くするのがポイントです。気をつけることで、全身の引き締め効果や消費カロリーも大きく変わってきます。効果を得るためには、手足の動きにも注意しましょう。

 

・時間は1時間以内

いくらカロリーの消費が高いからといって長時間泳ぐのは、却って逆効果です。長時間行なうと糖や脂質ではなく、タンパク質をエネルギーとして体を動かします。

そうなると筋肉が減少し、逆に痩せにくくなってしまうので、長くても1時間未満にするようにしましょう。

 

・水泳後は体を温める

水の中は体を冷やし、体内の熱を逃さないようにするため皮下脂肪を蓄えようとします。
そのため、なるべく水泳する場所はお風呂が付いている所を選ぶようにしましょう。
また、休憩のたびにストレッチをして体を動かす、終わった後はきちんと髪を乾かす などして体を冷やさない様にして下さい。

 

 

-無酸素運動

引き締まった体になりたいなら筋肉量を増やしてくれる無酸素運動が効果的です。筋肉量が増えると生きていくために必要なエネルギー代謝量である基礎代謝が増加し、痩せやすい体質になることが期待できます。

おすすめの無酸素運動をご紹介します。

 

—-筋トレ

筋トレ

筋トレでおすすめなのがスクワットです。
なぜなら、道具もいらず、場所もとらず、簡単でシンプルな動きのため、日常生活の中で取り入れやすいためです。

脂肪でプヨプヨしていた足に筋肉が付けば引き締まって見え、すらりとした足になります。スクワットは太もも~お腹の筋肉を鍛える筋トレ(無酸素運動)なので、脂肪燃焼には向いていない運動ですが、スクワットで使う筋肉は体の中で一番大きい太ももの筋肉です。筋肉量が増えれば代謝が上がり1日の消費カロリーも上がるので、痩せ体質になることが出来ます。

それでは、足痩せに効果的なスクワットのやり方をご紹介します。

 

1.足は肩幅程度に開き、手は前にまっすぐ伸ばす。

2.ゆっくりと腰を落とし、太ももが床と水平の状態まで落とすようにする。

3.この状態を3秒程度キープして、それからゆっくりと元の状態に戻すようにする。

4.これらを15回程度、3セット行う。

 

スクワットは効果が大きい分、正しいやり方をしないと腰やひざを痛めてしまうので、十分注意してください。

 

—-ランニング

ランニング
 

ランニングをすると足が太くなると思われがちですが、それは間違いです。

1日に数十キロ走るマラソン選手は、太ももにムキムキの筋肉がつきますが、一般的なランナーは、ランニングを続けていくと、適度な筋肉がつき、脂肪が燃焼されやすくなり、それによって足が引き締まり細く見えるようになります。

しかし、間違った走り方をしていると、ふくらはぎや太ももに余計な筋肉がついて、足がムキムキになることもありますので気をつけましょう。

今回は、太ももを細くする走り方とマッサージについてご紹介します。

 

・運動前のストレッチ

ランニングの前には必ずストレッチをしましょう。いきなり走ってしまうとケガをするリスクを高めたり、関節を痛めやすくなってしまうからです。

特に、ふくらはぎやアキレス腱をよく伸ばすなどして、十分ストレッチを行ってから走り始めましょう。

またストレッチを行うと血行が良くなるので脂肪の燃焼を高める効果も期待できますよ。

 

・最低20分は走る

ランニングを始めてからすぐに脂肪が燃焼されるわけではありません。最初にエネルギー源として使われるのは糖質で、それがなくなるとやっと脂肪が燃え始めます。

脂肪が燃えるまでにかかる時間は、ランニングを始めてから15分以上経過してからですので、それ以上運動を続けないと脂肪が燃えないので気をつけましょう。

 

・プラスマッサージで更なる足痩せに期待!

ランニングをした日は、リンパマッサージをプラスしてあげる脂肪の燃焼や老廃物の排泄促進が促されて効果的です。

リンパマッサージとランニングとの相乗効果で足痩せの結果が出やすくなります。

 

 

-リンパマッサージ

リンパマッサージ
リンパマッサージとは、溜まった老廃物を流して身体のリンパの流れを改善するマッサージです。

毎日の生活で少しずつリンパに老廃物が溜まっていくと、それが蓄積して流れが悪くなってしまいます。

そうするとリンパの詰まりから、身体がむくんでしまいふくらはぎや太ももがパンパンになってしまうのですね。そのリンパの詰まりを改善するために、リンパマッサージは効果的な方法です。

 

それでは、リンパマッサージの方法を見ていきましょう。

 

・事前準備

ちょっとした事前準備をするだけで、リンパマッサージの効果を最大限にしてくれます。

 

1.リンパマッサージをする場所に、滑りを良くするためのオイルやクリームを塗る

2.体の中の老廃物を流しやすくするために、コップ一杯の水を飲んでおく

 

・足痩せリンパマッサージの方法

1.足くびからひざ裏にかけてのふくらはぎを、両手で包み込むようにして、下から上へとさすり上げる。

2.両手の親指の腹を使って、むこうずねの外側にあるくぼみを、足首からひざに向かってなでる。

3.片方の足を立て、両手の4本の指でひざの裏のくぼみをゆっくり押す。5秒間押す⇒5秒間キープ⇒5秒間でゆっくり戻す。

4.外側のもものひざから太ももの付け根に向かって、指先を使ってつまんでいく。

5.太ももの内側と側面を左右の手を交互に使ってさすり上げる。

6.太ももに両手のひらを当て、タオルをしぼるような感じでさする。余分な脂肪ををねじるように両手のひら全体をつかうのがおすすめ。

7.最後に脚の付け根の部分を指の腹や手のひらを使ってマッサージする。

 

足痩せはしたいけど運動すると筋肉がついて足が太くなるって本当?

足痩せをするための運動で、特に「太ももをよく使う系の運動」は、筋肉がついて足が太くなりそう!という印象を持たれやすく、「やらない方がいいのでは」と思われがちです。しかし実は、筋肉太りになる人なんて、ほとんどいないのです。

筋肉太りになるまでには、ビディビルダーでさえも難しいと言われていて、よほど激しいトレーニングを行わない限り、筋肉太りになるなんてことは、ほぼありません。

 

足の部分痩せの方法

足の部分痩せ
 

太ももやふくらはぎ、足首など、人によって気になる場所は変わってきます。それぞれのパーツがより効果的にサイズダウンできるよう、パーツごとに適した部分痩せの方法をご紹介します。

 

-太もも

それでは、老廃物や水分の流れをスムーズにしてくれる、太ももを細くするための方法を紹介しましょう。

 

・太ももが太くなる原因は?

最大の原因は”むくみ”です。むくみは、血行が悪くなり、リンパの流れが悪くなることによって、身体の中の老廃物や余分な水分が溜まることで起こります。最近の女性は大半の人がむくんでいる、というデータも。

下半身は、重力の影響で老廃物が溜まりやすかったり、冷えやすかったりするため、どうしてもむくみやすくなってしまいます。逆にいえば、むくみを解消するだけで、太ももをはじめ、足の太さが劇的に改善することもあるんです。

 

・太もも痩せエクササイズ

1.壁に手をついて立つ

足を揃えてまっすぐ立ちつ。片手を壁に置くか、イスの背もたれに置く。

 

2.太ももをあげる

片足を曲げながら、ゆっくり太ももを上げていく。この時、太ももの根本から上げるイメージで高く上げるようにする。太ももの裏側が伸びているのを感じるのがポイント。

 

3.太ももをうしろへ

その足を元に戻して、今度はうしろに持っていく。つま先を手でつかんで10秒キープ。太ももの前側が伸びているのを感じるようにする。

 

以上の流れを左右の足でやってください。1日に3~5セットするのがおすすめです。

 

 

-ふくらはぎ

足の中でも一番目立つのはふくらはぎなので、痩せたいと思っている人も多いですよね。健康的にしまったふくらはぎを手に入れる方法をご紹介します。

 

・ふくらはぎ太りの原因は?

最も大きな原因は、太ももと同じくむくみです。現代社会では、なんと約7割の女性が足にむくみを抱えてるんだそうです。このむくみを解消するだけで、足はだいぶすっきり細くなるはずです。

 

むくみ解消!ふくらはぎリンパマッサージ

そこで、血流を良くして、リンパの流れを良くする、ふくらはぎ痩せにおすすめのリンパマッサージを紹介します。できれば、お風呂上がりだと効果的ですよ。

 

1.両手で下から上へ!

両手で足首を持って、ひざに向かってゆっくりなで上げる。ある程度力を入れて、ふくらはぎを少し圧迫するようにし、これを両足10回ずつ繰り返す。

 

2.両こぶしで下から上へ!

両手でこぶしを作って、1と同じように足首からひざに向かって、ゆっくりなで上げていく。ここでもある程度力を入れること。これを両足10回ずつ繰り返す。

 

3.両手でしぼるように揉む!

右足を左足の上に乗せて、ふくらはぎの内側を自分の方に向け、両手でしぼるようにマッサージ。足首からひざの裏までを入念に揉みほぐす。これを両足とも行う。

 

4.ひざ裏のリンパを刺激!

3と同じように、右足を左足の上に乗せて、ふくらはぎの内側を自分の方に向け、左手を使って足首からひざに向かってなで上げる。ひざの裏まで来たら、リンパを刺激するために、親指でひざ裏を押す。これを両足10回ずつ繰り返す。

 

5.足首をグルグル!

4と同じ姿勢になって、つま先を持ったら、足首をグルグル回す。足首が360度まわるように、リラックスしてしっかりまわすこと。

 

 

-足首

足首が引き締まってると、足全体の見た目のバランスが良くなって、足が長く見えますよね。キュッとしまった足首を手に入れる方法をご紹介します。

 

足首を細くするには?

足首に限らず、ふくらはぎや太ももなど足全般にいえることですが、足を太くする最大の敵は”むくみ”です。このむくみを解消することができれば、足首はもちろん、足全体の太さを改善することができるのです。

もちろん、足首の筋肉を鍛えることによって、引き締め効果も期待できますが、同時に足首の血行を良くするストレッチをやることによって、むくみも解消され、ダブルの引き締め効果で足首やせを期待できます。

 

・足首やせエクササイズ&ストレッチ

足首を引き締めて、足を長く見せる、足首やせエクササイズ&ストレッチを紹介します。

 

1.壁に手をついて立つ

足を揃えてまっすぐ立つ。片手を壁やイスの背もたれに軽く置く。

 

2.かかとをあげる

両方の足のかかとをゆっくり上げていく。この時、おしりをキュッと引き締めるように意識する。かかとを上げきったらこの状態を10秒キープして、ゆっくり落としていく。これを5~10回繰り返す。

 

3.足首をグルグル回す

片方の足を軽く前にまっすぐ出して、つま先で大きく円を描くように、足首をゆっくり回していく。右回り、左回りを5回ずつやったら、反対の足でも同じように足首を回す。

 

4.足を前に伸ばす

片方の足を前に出して、よく伸ばす。足の付け根から、ひざ→足の甲→つま先としっかり伸びていることを意識しながら、この状態を5秒キープしたら休む。これを5~10回繰り返す。終わったら反対の足も同じように伸ばす。

 

5.アキレス腱を伸ばす

体育の準備運動でよくやるアキレス腱を伸ばすストレッチ。片方の足を後ろに持っていき、足首の裏(アキレス腱の部分)をよく伸ばす。5秒キープしたら休んで、を5~10回繰り返す。

 

日常生活でできる足痩せ

日常生活でできる足痩せ
普段の生活の中で取り入れられる足痩せ方法をご紹介します。意志が弱いからダイエットで頑張る自信がない、、という方でも、日常生活を意識するだけで足痩せできるなら嬉しいですよね。

 

-姿勢

足痩せしたいのにできないという方は姿勢が悪いことが多いです。まずは座っている時の自分の姿勢をなおしましょう。あごをひいて背筋をピンと張らせ、下腹に力を入れてお腹を引っ込めます。

それだけで基礎代謝はアップし、お腹に力を入れることであまり使っていなかったインナーマッスルが鍛えられれば代謝がさらに良くなり足痩せにも効果的です。

立った時の自分の姿勢にも注目してください。まっすぐ立っているつもりでも多くの方が左右のどちらかに傾いていることが多いです。

傾きがあるということは、左右に同じぐらいの体重がかかっていない、ということ。筋肉もバランスよく使われていませんし、骨盤が歪んで足を太らせます。まっすぐ立って左右均等に体重をかけるように気をつけましょう。

立ち姿も座り姿も、自分ではなかなか分からないもの。

時々は鏡を見て姿勢をチェックするのがおすすめです。

 

-歩き方

足が太くなってしまう原因には、正しい歩き方をしておらず、体のバランスが悪くなり、余分な場所に筋肉や贅肉がついてしまうことがあります。

体に負担の掛からない正しい歩き方を意識して、足痩せを実現しましょう。

 

 


引きずり歩きをしなくてすむようにひざを上げる。


かかと、小指の付け根、親指の付け根の3点が同時に着地できるようする。

ひざや腰に負担がかかるため、ひざは伸ばしきらず、自然に曲がる程度にする。

・腕を後ろに大きく振る。

つま先やヒザは常にまっすぐ前を向いているように意識する。

 

 

-冷え解消

「足が冷たくて眠れない」「夏でも足先が冷たい」など、冷え性に悩む女性は多いのではないでしょうか。冷えは、下半身太りの大きな原因のひとつ。特に女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、もともと冷えやすい体質なのです。足痩せに効果的な冷えの解消方法についてご紹介します。

 

 

・足を意識的に動かして血流をよくしましょう。スクワットが理想的ですが、足首を回すだけでも効果があります。

 

・お風呂は湯船につかりましょう。温まるのと同時に、水圧により血流をよくする効果があります。入浴後に足にオイルを塗ると、保温力が増すのでおすすめです。

 

・下半身太りの場合、冷えやすい下半身を重点的に温めることが大切です。レッグウォーマーなどをうまく活用するのがおすすめです。冷え性の方は、夏場でも足元を温めるましょう。

 

・食事面からのアプローチでは、体を温める冬の食材、ショウガ、ネギ、ごぼう、にんじん、ニンニクなどを積極的に摂り、体を中から温めてあげましょう。

 

美脚を叶えるおすすめお助けグッズ5つ

スラリとした理想的な美脚を手に入れるために、グッズの力も取り入れてみましょう。あなたのライフスタイルに合わせたアイテムを試してみてくださいね。

 

-1.足半スリッパ

かかとがはみ出るくらいの大きさなので、歩くたびにまるで青竹ふみのような刺激があります。また、履くとかかとがつかないように浮かそうとしてしまうので、自然とふくらはぎの運動になり、足のむくみ解消にぴったりです。
足半スリッパ

Photo:item.rakuten.co.jp
 

-2.エレス ボディグリップ

2つのソフトローラーが体に刺激をあたえ、気になる脂肪をもみあげるマッサージ機。マッサージと同時に、角度の付いたローラーが太ももなどの脂肪をつまみあげます。過度の挟みこみを防止するためにローラーの角度・位置を調整したデザインで、肌にやさしいソフトラバーが使用されています。
エレスボディグリップ

Photo:item.rakuten.co.jp
 

-3.ヤーマン レッグスライダー
スライド運動で内転筋を鍛えて下半身痩せを実現しましょう。ウォーキングに比べて約15倍の運動量を誇るレッグスライダーです。特に太もも、おしり、腹筋に効くので、憧れのキュッとしまった曲線美を手に入れましょう。気になるサイズは、折り畳めば幅はたったの28cmなので、ちょっとしたすき間にも収納可能です。
レッグスライダー

Photo:item.rakuten.co.jp
 

-4.骨盤着圧トレンカ&レギンス

大手通販サイトでランキング第1位に輝いた加圧トレンカ&レギンスです。ただ履くだけで「骨盤ケア」「美脚メイク」「体型維持」ができると口コミでも評判です。履き心地は、しっかり締めてくれるのにきつ過ぎず、気になる上げ下ろしも問題ない、との口コミも多いので、安心して着用出来ますね。

骨盤着圧トレンカ_レギンス

Photo:item.rakuten.co.jp
 

-5.クラランス トータルリフトマンスール EX

すっきりと肌を引き締め、ハリを与えるボディ用美容液です。適量を取り、足首からウエストにかけて軽く伸ばし、心臓に遠い方から近い方に向かってなでるようにマッサージすると、1日のむくみがすっきり。リッチな香りも魅力です。

クラランスリフトマンスール

Photo:item.rakuten.co.jp
 

まとめ

足はなかなか痩せないと思われていますが、諦めずに解消方法を試すことで着実に美脚に近づきます。足痩せには色々な方法がありますが、まずは自分の太り方や体質を把握することが大切です。まずは自分にあった方法を試してみましょう。

 

 


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 足痩せに効果的なタイプ別対策方法!部分痩せやお助けグッズもご...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。