大人女子のためのWebメディア
検索

触れたくなる!天使の輪ができるツヤ髪作りのコツ

いつも使っているドライヤーの温風と冷風の機能を繰り返すことで、サラサラの髪を作る事ができるって、知っていましたか?誰もが憧れる「天使の輪」を作るコツをご紹介します。

天使の輪ができるツヤ髪作りのコツ

ストレートヘアの女性なら、誰もが憧れる「天使の輪」。
潤いのある髪であることが必要ですが、いつも使っているドライヤーの温風と冷風の機能を繰り返すことで、サラサラの髪を作る事ができるって、知っていましたか?
温風と冷風の切り替えのちょっとしたタイミングを逃さないよう、ポイントをご紹介します。

ドライヤーの機能

髪を乾かす時に使うのは温風機能のみで、冷風機能は暑い夏に少し使うくらい、という女性も多いのではないでしょうか?
これ、実はとてももったいない使い方なんです。
自宅にあるドライヤーでも、地肌から、特に髪の毛先までサラサラになれるのが、温風と冷風を繰り返す使い方!
冷風機能が付いている人はぜひ実行してみてください。

熱くなる前に冷やす!

それでは、具体的な方法をご説明します。
始めは温風で髪を乾かして、9割くらい乾いたところで、冷風を髪に当てて熱を冷やしましょう。
濡れて水分を含んでいたり、熱を持った髪は、キューティクルが開いている状態です。
キューティクルが開いたままだと、髪の内部の水分や栄養が逃げてしまい、髪はダメージを受けたままに。
冷風をあててあげることで、開いたキューティクルをキュッと引き締めることができるのです。
さらに、冷風をあてる時には髪の上から下に向かって、手ぐし等で梳かすようにしてあげるのがコツ。
キューティクルは下に向かってうろこ状に開いているので、上から乾かすことで綺麗に閉じてくれ、それが髪のツヤにつながります。

最後の仕上げに冷風をあててやることで、一気に髪がサラサラに!
また、頭皮も温風で熱くなってしまうと乾燥を招いてしまうので、最後に冷風をあてることで乾燥を防ぎ、毛穴を閉める事ができますよ。

ポイントは髪が熱くなる前に冷ますこと。そして最後は絶対に冷風で終わることの2つです。
また、ブローで髪をセットした時は、最後に冷風で髪を冷やすと長持ちする効果もあります。
もちろん、普段からのヘアケアを念入りにすることが一番ですが、簡単にサラサラの髪になれる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。