大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • ポイントはニッパーワーク!日本と海外のネイルケア技術の違い
2016年12月17日更新

ポイントはニッパーワーク!日本と海外のネイルケア技術の違い

海外に出て感じた、日本のネイルケア技術の素晴らしさ

photo17
私は海外で仕事をすることが多く、先月もドイツに滞在していました。
そんな私が海外に行って感じること。
それは、日本のネイルケア技術の素晴らしさです。

私が考える「ネイル」とは第1に「ケア」。
お手入れが行き届いていない爪にジェルやアートなど装飾を施しても、美しくありません。
きちんとお手入れをした手や足だからこそ、カラーや流行のアートが映えます。
ささくれや甘皮だらけでボロボロの爪に、アートをするのは本末転倒です。

逆に、きちんとお手入れされている手は、清潔感がありカラーを塗っていなくても爪にツヤがあるので、それだけで美しいです。

日本と海外のネイルケアの大きな違いはニッパーワーク

photo16
日本ではケアの重要性はある程度浸透していますが、ドイツではどうも違うようです。
どう違うのか?

ケアと言うと、一般的にお湯に指をつけて甘皮をふやかし、軟らかくなった甘皮を押し上げてニッパーで除去するというものです。

このケア方法はどこの国でも似ているようです。
ただ、大きく異なる点があります。
それは「ニッパー」ワークです。

ネイルケアでは、甘皮やささくれを除去するためにネイルニッパーというものを使用しますが、その使用方法が異なります。

日本ではネイルスクールに入ると、まず最初にネイルケアに使うニッパーの使い方を学びますが、ドイツではそうではないようです。

ネイルスクールに通ったとしても、ケアについて教わる事がほとんどないそうです。
そのためニッパーを上手く使えないネイリストが多いという事でした。

爪のケアも大切にして、ネイルを楽しみましょう

photo32
ドイツではネイルケアをあまり重要視していないという事を知り、日本のケアとネイルニッパーの使用方法をレクチャーするため、今回ドイツ出張に行きました!

ドイツだけでなく、上海を中心に日本のネイルをレクチャーするなかで、いつもこのケアの違いを感じています。

日本でもジェルやアートのみを中心とするサロンも多数ありますが、まずは、ケアを大切に!
そこに+αアルファの考えでアートを楽しんでいただけたら、もっと素敵にデザインが映え、究極のオシャレに繋がります!

みなさんもぜひ究極のオシャレを楽しんでくださいね!

情報提供元:AUTHORs JAPAN BEAUTY


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

「アート」「トレンド」「ファッション」「業界」「ケア」などの観点から美容のプロ フェッショナル が、本質的で且つ最新の美容情報・美容コラムを提供|AUTHORs JAPAN BEAUTY(http://beauty.authors.jp/)
  • Grapps
  • 美容・健康
  • ポイントはニッパーワーク!日本と海外のネイルケア技術の違い
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。