大人女子のためのWebメディア
検索
2016年12月29日更新

チャレンジ!バランスを確かめるヨガポーズ

今年を締めくくるポーズはちょっと難関度の高いポーズ! あなたがヨガを通して、自分の心と体とどれだけ向き合えたか知るためにチャレンジしてみましょう!

もう今年も残すところあと、3日となりました!
2016年はあなたにとってどんな年だったでしょうか?
飛躍の年となった人もいれば、蓄えの年であった人もいるでしょう。
私にとって今年は、小さな点が線となって力強く繋がったとても実りのある年でした。
これも、小さな出会いや、身の回りの環境、家族、友人そして、自分自身に感謝ですね。

今年を締めくくるポーズはちょっと難関度の高いポーズ!
あなたがヨガを通して、自分の心と体とどれだけ向き合えたか知るためにチャレンジしてみましょう!

Utthita Hasta Padangusthasana(ウッティタ ハスタ パダングシュターサナ)

名前は長いですが、サンスクリット語で手で親指をつかんで伸ばすポーズという意味です。
ハムストリングの柔軟性や、腹筋、足の筋肉など全身のあらゆる筋肉を使うポーズです。
いろんなバリエーションのあるポーズですが今回は、横に開くバリエーションをご紹介します。

方法

まず、タダーサナで立ちます。
右膝を自分へ近づけます。

そして、右腕を右腿の内側に伸ばして脚の親指を人差し指と中指でつかみます。
ここでまず自分のバランスを確認しましょう。
立っている脚の膝のお皿は自分の付け根の方に引き上げ、
息を吸いながら、右脚を外側へ開きます。 膝が伸びない場合は曲げたまま膝を外側へ開きながら脚を外側へ開いてみましょう。
もしくは、ストラップを足の裏に引っ掛けても構いません。

 

このポーズで30秒ほどホールドします。
息を吸いながら足を真ん中に戻し、息を吐きながら脚を下ろします。
反対側も同様に行います。

ポイント

必ず呼吸を意識しましょう。集中力をあつめ、バランスをとるのに役立ちます。
足を外側に開いたときに、腰が引けないように注意しましょう。

効果

足首と、脚の強化、ハムストリング、骨盤の可動範囲が広がります。
また集中力と、バランス感覚が向上します。

 

 

一年の生活を振り返ると、いろいろあったかもしれません。おそらくこれを読んでいるあなたは、
心身ともに健康だったはず。
そんな自分自身や、自分のいる環境、家族、友人に感謝して一年を締めくくりましょう!
みなさま、よいお年をお過ごし下さい♡


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

クラシックバレエ歴20年、ニューヨークへダンス留学中にヨガと出会う。 帰国後、インドネシアを中心に旅をし、その後インドにて伝統のハタヨガを修行、インストラクター資格を取得。持ち前の英語力を活かし、インドネシア、ギリ島のリゾートでバイリンガルのヨガインストラクターとして活動を開始。現在は、鎌倉、逗子、東京を中心にフリーヨガインストラクターとして活動中。バレエ、ダンス、スケートボード、ブラジリアン柔術など、自身の経験を元にした、” ライフスタイルに活かすヨガ ” をコアとして教えている。ヨガ以外にもフィルム写真、ネイティブ系のビーズアクセサリー製作、翻訳など多方面で活動中。 全米ヨガアライアンス RYT200認定ヨガインストラクター www.miyufukada.com
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。