大人女子のためのWebメディア
検索

お正月太り解消ヨガポーズ

お正月でおうちでゆっくりしていると、食べて寝てとダラダラになりがち。 簡単に取り入れられるヨガポーズで、2017年も心身ともに健康に過ごしましょう! お正月太りは早いうちに解消するのがポイントです!

新年あけましておめでとうございます!
みなさんはどんなお正月をお過ごしですか?
おせちを食べて、テレビを見てごろごろ。
食べ過ぎで便秘になったりテレビ、スマホの見過ぎで肩がこったりしていませんか?

そんなあなたにぜひ試してしていただきたいお正月にぴったりなヨガポーズをご紹介します。

Halasana(ハラーサナ)

Halはサンスクリット語で鋤(すき)のことです。

鋤(すき)とは、農作業や土木工事に使用された、地面を掘ったり、土砂などをかき寄せたり、土の中の雑草の根を切るのに使用される道具、農具のこと。

形が鋤(すき)に似ていることからこの名前が付いています。

方法

まず、マットに仰向けに寝ます。
腕は体の横、手のひらは下向きに置きます。
次に足を90度まで上げます。
そして、腕と手のひらでしっかりとマットを押し、腹筋のみをつかって、息を吐きながらつま先を自分の頭の先へもっていきます。
顎は引いて、この状態で5回ほど呼吸をしましょう。

もしつま先が床につかない場合は、膝を曲げても構いません。
背中を伸ばし、肩がほぐれるように意識しましょう。

戻るときも、腹筋をしっかり使って、息を吐きながら
背骨を首の方から一つ一つマットに下ろすことを意識して足をおろします。

 

【例1】

【例2】

 

ポイント

足を持ち上げるときに腹筋を意識しましょう。
また息はとめずに、ゆっくり呼吸するように心がけましょう。

効果

首と背中の低い部分を開くので、肩周りの筋肉や首の後ろが伸び、とても気持ちがよいです。
また、横隔膜の動きがこのポーズによって、
消化関連の臓器を刺激するので消化を助け便秘解消にも効果的です。
そしてもちろん、腹筋も強化されます。

 

お正月でおうちでゆっくりしていると、食べて寝てとダラダラになりがち。
簡単に取り入れられるヨガポーズで、2017年も心身ともに健康に過ごしましょう!
ぜひお試しあれ!!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

クラシックバレエ歴20年、ニューヨークへダンス留学中にヨガと出会う。 帰国後、インドネシアを中心に旅をし、その後インドにて伝統のハタヨガを修行、インストラクター資格を取得。持ち前の英語力を活かし、インドネシア、ギリ島のリゾートでバイリンガルのヨガインストラクターとして活動を開始。現在は、鎌倉、逗子、東京を中心にフリーヨガインストラクターとして活動中。バレエ、ダンス、スケートボード、ブラジリアン柔術など、自身の経験を元にした、” ライフスタイルに活かすヨガ ” をコアとして教えている。ヨガ以外にもフィルム写真、ネイティブ系のビーズアクセサリー製作、翻訳など多方面で活動中。 全米ヨガアライアンス RYT200認定ヨガインストラクター www.miyufukada.com
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。