大人女子のためのWebメディア
検索
2017年01月12日更新

疲労回復+足を綺麗にしてくれるヨガポーズ

基本的なヨガポーズで美脚を手に入れよう!簡単ですぐできるので、継続的に行えます。

1月ももう2週目!早いですね。
さて、お正月休みも終わり、お仕事が始まって疲れがでてきているのではないでしょうか?
そんなあなたに、疲労回復にも効果あり、そして脚のラインも綺麗にしてくれる
ヨガポーズをご紹介します。

Utthita Trikonasana(ウッティタ トリコナーサナ)

トライアングルポーズとしても知られるヨガの基本的なポーズです。
Toriとはサンスクリット語で数字の3のこと。

方法

①タダーサナで立ちます。吐く息で軽くジャンプもしくはステップして脚を肩幅より
少し開きます。腕は床と平行な高さまで広げ、手のひらは下向きで。
②右足を右に90度広げ、左のかかとは外側へと開きます。このとき両方のかかとが一直線上にあるようにしましょう。
③息を吐きながら、上半身を右足の真上へ股関節から折り曲げる。このとき左のかかとの外側でしっかりマットを押しましょう。左右の体側の長さが同じになるように意識します。
④手は、もし可能であれば床につけ左手は天井へ。もしつかなければ足首やすね、膝を無理ない場所に置きます。 左手を右手の延長線上にしっかり伸ばし、胸をひらきましょう。
⑤このまま、30秒〜1分ほど呼吸をし、ポーズを保ちます。起き上がるときは息を吸いながら、かかとを押して状態を起こします。反対側も同様に行います。

ポイント 

腰が引けてしまわないように、骨盤は常に自分の体の幅の中に収めるように意識しましょう。
X脚の人は、膝を伸ばしすぎると負担がかかるので、お皿を自分のつけね方向に引っ張るように意識します。

効果

太ももの引き締め、消化機能の改善、ストレス解消、足首の強化、肩、胸のストレッチなどたくさんの効果があります。
継続的に行って、効果を実感してみましょう!

 

はじめは床に手が届かなくても、練習を重ねるごとに近づいていくはずです。
あせらずに、自分の体の状態を観察しながら練習しましょう。
通勤電車で立ちっ放しでも平気になるくらい、脚の筋肉のバランスがとれますよ!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

クラシックバレエ歴20年、ニューヨークへダンス留学中にヨガと出会う。 帰国後、インドネシアを中心に旅をし、その後インドにて伝統のハタヨガを修行、インストラクター資格を取得。持ち前の英語力を活かし、インドネシア、ギリ島のリゾートでバイリンガルのヨガインストラクターとして活動を開始。現在は、鎌倉、逗子、東京を中心にフリーヨガインストラクターとして活動中。バレエ、ダンス、スケートボード、ブラジリアン柔術など、自身の経験を元にした、” ライフスタイルに活かすヨガ ” をコアとして教えている。ヨガ以外にもフィルム写真、ネイティブ系のビーズアクセサリー製作、翻訳など多方面で活動中。 全米ヨガアライアンス RYT200認定ヨガインストラクター www.miyufukada.com
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。