大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 【風邪・インフルエンザ予防】ハーブ&アロマで免疫力UP!
2017年12月20日更新

【風邪・インフルエンザ予防】ハーブ&アロマで免疫力UP!

喉や鼻などの粘膜は乾燥に弱く、冬に分泌量が低下してしまうので、風邪などをひきやすくなります。ハーブ&アロマで粘膜を潤おし免疫力を高めましょう。風邪・インフルエンザ予防に効果的なハーブ&アロマをご紹介します。

20170119_e

インフルエンザや風邪が流行っています。

喉や鼻などの粘膜とそこから分泌される唾液や鼻水などの粘液は、外部からの病原菌の侵入を阻止し、くしゃみや咳で病原体を包み込み体外に排出する働きがあり、粘膜に付着した病原体を殺菌する働きもあります。

ところが粘液は乾燥に弱く、冬に分泌量が低下してしまうので、風邪などをひきやすくなります。

ストレスを溜めない、水分を摂る

ストレスや緊張は、粘液の一つである唾液の分泌を減少させてしまいます。

うがい手洗いでウィルスの侵入を防ぎ、生活リズムを整え、適度な運動や呼吸法などで気分転換し、ストレスを溜めないようにしましょう。水分をこまめに摂取し、喉の粘膜を潤おしたり、良く噛んで食べ、唾液の分泌を促進し、免疫力を高めましょう。

 

リラックス&リフレッシュする時に有効な、お茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があります。

水分補給として考えるのであれば水、白湯などが良いでしょう。インドの伝統療法においては、10分以上煮立たせた白湯は胃腸を温め、デトックス作用があり、朝や食事の前に飲むと消化を促す働きがあるので便秘解消やダイエットに繫がるとされています。

ハーブで風邪予防

〇タイム

香りの成分「チモール」には、抗菌、去痰、防腐作用があります。

風邪予防には、濃い目のタイムティーでうがいをすると効果的です。また、気管支炎にはタイムを蜂蜜に混ぜてなめると痛みがやわらぎます。

 

〇エルダーフラワー

欧米では、インフルエンザの特効薬と言われ、風邪のひき始めや花粉症にも効くとハーブと言われています。

エルダーフラワーティーを熱いうちに飲むと、血液循環を刺激して発汗を促し、身体の毒素を排出します。くしゃみや鼻水、悪寒といった風邪のひき始めの症状を軽減します。

また、神経をなだめて不安を取り除いたり、憂鬱な気分をやわらげる作用もあります。

 

〇エキナセア

「免疫力を高めるハーブ」と言われ、弱った身体の免疫力を高め、抗ウイルス作用により、風邪やインフルエンザ、花粉症、アレルギー性鼻炎などの症状緩和に役立ちます。

風邪や花粉症シーズンに予防的に飲んだり、うがいに使うのも良いでしょう。

ハーブティーの作り方と飲み方

乾燥ハーブを単体か複数ブレンドし、小さじ1~2杯をポットかカップに入れ、3~5分置き飲みます。1日3回ぐらい飲むと良いでしょう。湯気をたっぷり吸いこむ様にして飲むと喉や鼻の粘膜も潤おすので、さらに効果的です。

アロマオイル

インフルエンザ予防には、ユーカリやミントなどがオススメです。

これらの精油を焚いて芳香浴したり、ティッシュに数滴落として、デスクの上などに置いておくと良いでしょう。
呼吸器系のトラブルがある時は、カップに湯をはって精油を2、3滴垂らし、蒸気を吸入すると症状がやわらぎます。

 

疲れていると免疫力が低下します。バランスの良い食事と睡眠、休養をしっかりとり、適度な水分補給で身体を潤し、風邪やインフルエンザを予防しましょう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 【風邪・インフルエンザ予防】ハーブ&アロマで免疫力UP!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。