大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • ストーン・色の濃いネイル禁止なオフィス向けシンプルデザイン

ストーン・色の濃いネイル禁止なオフィス向けシンプルデザイン

NGの多いオフィスネイル!デザインはどうしていますか?


お仕事上、ネイルがNGという方も多くいらっしゃると思います。
職種によって「ベージュやピンク系など、肌になじむカラーからならOK」という会社や、「ストーンはNG」というところも多くあります。

そんな方にオーダーいただくことが多いデザインをご紹介します。

ピンクベーシュ×ホワイトグラデーションで上品に!


自爪の血色を整えるように、肌なじみの良いピンクベージュをベースカラーに。
先端は、乳白色のホワイトグラデーション。

このときホワイトグラデーションは、あくまで白すぎないように乳白色に仕上げるのがポイントです。
白は濃くすると、とっても目立ちますからね!

「スワロフスキーでキラキラさせたいけれど、ストーンは禁止」という方は、ベージュのパールカラーを極薄に重ねて、わずかにキラッと光りを入れます。
ギラギラにならないように極薄に!ですね。

さらにホワイトで小さく花柄をワンポイントで入れて、自分だけのアートをこっそり楽しんでください。
全部が同系色なので、お花を描いても派手になることなく楽しめますよ!

 

オフィスネイルで大事なのは清潔感!定期的なケアを心掛けて


ネイルを楽しむ女子として知っておきたいのは、清潔感が大事ということです。
会社でネイルが禁止になる背景には、
「ネイル=清潔感がない」
という悲しいイメージをもつ方もいらっしゃるからです。

確かに、ネイルを付けっぱなしにして自爪が伸びてきた部分が目立つと、清潔感が無くなってきます。
どんなに持ちが良くても、ネイルは3~4週間でメンテナンス(フィルイン)なさることをおススメします。

また、同時に甘皮のネイルケア(お湯に浸して行うウォーターケア)をされると、とっても清潔感のある指先になりますよ。
いつもきれいな指先で、仕事も遊びも楽しみましょ!

 

ネイルアーティスト/鯨岡百合香(cranberry nail)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

「アート」「トレンド」「ファッション」「業界」「ケア」などの観点から美容のプロ フェッショナル が、本質的で且つ最新の美容情報・美容コラムを提供|AUTHORs JAPAN BEAUTY(http://beauty.authors.jp/)
  • Grapps
  • 美容・健康
  • ストーン・色の濃いネイル禁止なオフィス向けシンプルデザイン
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。