大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 紫外線が強くなるのは5月から!日焼け止めクリームだけで...
2017年05月01日更新

紫外線が強くなるのは5月から!日焼け止めクリームだけでは足りない!?最新UV対策方法

今日から5月、夏はもうすぐ目の前!夏になったら紫外線対策を…と、ちょっと待った!実は紫外線が強くなるのは5月からなんです。しかも日焼け止めクリームを塗るだけでは全く足りないという事実も判明しています。そこで今回は美しいまま冬を迎えるために、最新の紫外線対策方法をご紹介していきます。

あっという間に今年も5月ですね!
寒い冬が終わり、真夏の暑さの前、そして梅雨に入る前…過ごしやすい季節がやってきました。
BBQやピクニックなど、アウトドアな予定もたくさんあるのではないでしょうか♪
そこで大人女子のみなさんに気をつけていただきたいのが、紫外線!!
まだ夏じゃないから…とUV対策怠っていませんか?
実は紫外線が強まるのは5月から。そう、今月からなんです!

本格的なUV対策は5月からスタートすべし!

Photo:data.jma.go.jp

紫外線が強くなるのは真夏だと思いがちですが、紫外線の強さを表すUVインデックスという指標が大きくなるのは例年5月!
太陽からの有害な紫外線を吸収するオゾン層は年間を通して全量が変化します。
その量が減少し始めるのが日本では5月、そして日中の太陽高度が高くなり始めるのも5月からなんです。
過ごしやすい気候の5月ですが、美肌の的である紫外線はもう攻撃開始してきています!

日焼け止めクリームでは全く足りない!?

ほとんどの女性たちが紫外線対策として使用している日焼け止めクリーム、それだけでは全く足りないことが昨今の常識。
顔はもちろん、紫外線対策は腕や脚などをメインに考えている方も多いかもしれませんが、それでも不十分です。
全体のケアはもちろん、パーツごとにケアしてあげるのが現在の紫外線から守る方法と言えます。

パーツ別プラスαの紫外線対策方法

【頭皮】
頭皮の紫外線ケアを怠ると抜毛や薄毛の原因に…。
↓↓↓↓↓
帽子や日傘さえ手に入れてしまえば、消耗品の日焼け止めクリームと違い、簡単にケアが可能!


【唇】
唇の紫外線対策を怠れば乾燥やヒビ割れの原因に…。
↓↓↓↓↓
いつも使うリップクリームにUVカット成分が入っていればOK!

目から入る紫外線による「目肌焼け」…対策は?

目から入った紫外線は白内障などの眼病を引き起こすだけでなく、肌のメラニン生成の一因となることが明らかにされていること、ご存知ですか?
目から紫外線が入ることで肌の日焼けに繋がってしまう「目肌焼け」が起きてしまうんです!
目は日々様々な角度から紫外線を浴びているため、直射日光だけではなく、反射して目に入る光(眩しさの原因となる光の乱反射)にも注意する必要があるんです。
この「目肌焼け」を防ぐには…流行のサングラス(しっかりUVカットであることが重要!)をファッションに取り入れればおしゃれに「目肌焼け」対策◎!

日本は「目肌焼け」対策後進国…海外では当たり前!

年間を通して晴天の日が多く世界で紫外線が強い国のひとつといわれているのがオーストラリア。

オーストラリアの紫外線対策の歴史は古く、紫外線による 健康被害を予防しようという考えは広く国民に浸透しています。 その対策として、1980年代には「サン・スマート(Sun Smart)プログラム」が導入されました。

中でも特に注力されているのが子どもへの紫外線予防指導で、 「スリップ・スロップ・スラップ・ラップ(Slip, Slop, Slap, Wrap)」というスローガンを合言葉に、具体的で徹底した対策がとられています。

 

【「スリップ・スロップ・スラップ・ラップ」の意味】

Slip :長そでのシャツを着よう!(Slip on a long sleeved shirt!)

Slop :日焼け止めを塗ろう!(Slop on some sunblock!)

Slap :帽子をかぶろう!(Slap on a hat that will shade your neck!)

Wrap :サングラスをかけよう!(Wrap on some sunglasses!)

 

子どもの時に大量の紫外線を浴びることが将来的な疾病リスクを高めるという見地から、紫外線から子どもたちを守るためにこのスローガンが誕生しました。

特に、子どもが日中長時間過ごす学校では、分かりやすくきめ細かい指導が行なわれているんです。

例えば、「ノーハット・ノープレイ(No Hat, No Play)」というルールを設け、帽子をかぶらない子どもが校庭で遊ぶことを禁じている学校が少なくありません。

日光の当たる身体部分にはすべて日焼け止めを塗ることを義務づけ、各クラスには日焼け止めが常備されています。

また、サングラスの着用を義務づけたり、サングラスの購入に対して補助を行っている学校まであるほど。

さらに、国内で販売されるサングラスは厳しい消費者規定(AS 1067)をクリアし、95%以上紫外線をブロックするものでなければならないとする国家的な取り組みも展開されています。

子どもは周囲の大人を見習い、真似をする中で学ぶことが多いため、学校では先生が、家では親が良い手本を示しながら、紫外線対策であるサン・スマート・プログラムを実践しています。

 

日本とは比べものにならないくらいの強い日差しだからこそ、ではあるものの、対策への心がけは真似するべきですよね。

今年も紫外線対策をしっかりして美容にも健康にも害が及ばないように気をつけましょう!


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMDを経て、現在はライター兼エディター。3姉妹の末っ子、美容マニアで韓国好き。
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 紫外線が強くなるのは5月から!日焼け止めクリームだけで...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。