大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • インナードライ肌に注意!梅雨の時期のやりがちなNGケア・お...
2017年06月07日更新

インナードライ肌に注意!梅雨の時期のやりがちなNGケア・おすすめケア

梅雨の時期は肌のベタつきが気になったり、メイク崩れが早かったり…。天気のようにいまいちパッとしない肌状態の方も多くなりますよね。でも潤っていると思ったら大間違いなんです!梅雨の時期の正しいケア方法をご紹介します。NGケア方法を行っていたら今すぐやめましょう!夏に向けて肌の最終調整へ…♡

今年もジメジメとした季節がやってきましたね。
高温多湿な梅雨は、湿気に加えて、汗や皮脂による肌のベタつきが気になったり、メークが浮いてきてしまうといった肌悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
ここで間違ったケアをしてしまうと、どんどん悪化していき、夏目前のこの時期に肌がボロボロ…なんてことになりかねません!
そこで今回は、梅雨の時期の肌を徹底解説!この時期のNGケアとおすすめケアをご紹介していきます♡

ベタつくのに乾燥しているってどういうこと?

湿気が多い上に、高温により汗や皮脂の分泌が盛んに放出される梅雨は、肌が潤っているように感じることがありますが、実は肌内部の水分と油分が体外へ放出されることによる「インナードライ(肌内部の乾燥)」が起こっていることが、ベタつきの原因なんです。
そのため肌のバリア機能が低下し、敏感肌の方は特に肌状態を悪化させてしまうことも…。
ベタつきが気になると、ついつい皮脂ケアを優先してしまいがちですが、梅雨こそ、徹底した保湿ケアが必須なのです。
梅雨の時期の間違ったスキンケアは、インナードライ肌を進行させてしまうだけではなく、この時期ならではのカビ・菌などの外部刺激に
よる影響を受けやすい肌環境も作り出してしまうので注意が必要。
普段乾燥を気にする方ほど、梅雨の時期は乾燥に対して油断してしまいがちですが、ここはしっかり保湿するべきなんです!

「肌がべたつくこの時期は、しっとりタイプではなくさっぱりタイプの基礎化粧品を使う」はNG!

梅雨の時期のやりがちなNGケア①
【間違った化粧品セレクトが、インナードライを招く原因に!】
梅雨は高温多湿で体温を保とうとするため、1年間の中でも特に1日のエネルギー消費が高く体が疲れやすい時期。
よってお肌も乾燥しやすく肌バリア機能も低下しているので、保湿を怠ってしまうと肌内部は乾燥し、乾燥ニキビや敏感肌の原因にも。

 

こんな時期のおすすめケア①
【インナードライが気になる時期こそ「しっとりタイプ」の化粧品でしっかりハンドプレス】
つい、皮脂や汗が気になり、さっぱりタイプの化粧品を選びがちですが、インナードライを防ぐには、この時期こそ「しっとりタイプ」の化粧品を選ぶことが大事です。
さらに効果を高めるには、手にとってから体温で温めて肌へなじませ、肌に押し込むようにしっかり「ハンドプレス」すると効果UP!

 

おすすめの高保湿化粧液〜美容液並みの潤いを肌に!〜

アヤナス ローション コンセントレート 内容量 125mL/価格 5,400円(税込)

 

Photo:decencia.co.jp

「この時期は湿気で肌が潤っている感じがするので、化粧水だけで済ませ、クリームは使わない」はNG!

梅雨の時期のやりがちなNGケア②
【菌の繁殖は食べ物や室内だけでなく、実は「肌」にも!バリア効果のあるクリーム使用がおすすめ】
ダニや菌は湿度が60%を超えると急激に繁殖スピードが速まると言われていますが、梅雨の時期の湿度はなんと平均78%!
空気中の雑菌からお肌を守るためにも、バリア効果のあるクリーム使用は必須なのです。

 

こんな時期のおすすめケア②
【特許を取得した「刺激物質シャットアウト効果」を持つクリームで、菌も乾燥も徹底防御!】
ベタつきが気になる梅雨の時期は、クリームまで使うことに抵抗がありますが、実は空気中には敏感肌を招く雑菌だらけ!
敏感肌を悪化させないためにも、肌バリア機能を高め、外部刺激を直接肌に入れずシャットアウトができるクリーム使用が美肌への近道です♡

 

おすすめのクリーム〜外部刺激から肌を守る!〜

アヤナス クリーム コンセントレート

「雨の日が多く、日に当たる機会が少ないため、日焼け止めは使わない」はNG!

梅雨の時期のやりがちなNGケア③
【6月の紫外線量は年間で2位!雨や曇りの日も紫外線を多く浴びています!】
梅雨の時期は雨や曇りの日が多いからといって、油断していませんか?
実は、6月の紫外線量は7月に次ぐ2位!
天気の悪い日でも、冬の晴れの日に比べると約2倍の紫外線量を浴びていますので、紫外線対策は必要不可欠です。

 

こんな時期のおすすめケア③
【日焼け止めは肌にやさしいものをセレクトし、塗り方にも注意!】
肌への刺激が強い日焼け止めは、敏感肌を悪化させてしまう危険性も。
紫外線吸収剤フリーや保湿効果の高いものを選び、肌に優しい紫外線対策を♪
また、塗り方により効果に差が出ることも知っておきましょう。
日焼け止めは馴染むまでには少し時間がかかるので、外出直前に塗るのはNGなんです。
スキンケアをした直後に、顔や体に日焼け止めを塗っておくとメークをし終える頃には皮膚に馴染み、メーク崩れやべたつきを防止できます。

 

おすすめの時短メークアイテム〜 UVカットも保湿も簡単に完璧に!〜

ディセンシア サエル ホワイト CCクリーム クリアリスト 25g

 

梅雨時期に肌事情を正しく認識し、美肌で夏を迎えましょう♡


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • インナードライ肌に注意!梅雨の時期のやりがちなNGケア・お...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。