大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • よく噛んで食べたら何かいいことがあるの?食べ方一つで身体が変...
2017年06月14日更新

よく噛んで食べたら何かいいことがあるの?食べ方一つで身体が変わる理由

幼いころ、親から「よく噛んで食べなさい」と叱られたことはありませんか?実際、よく噛まずに飲むように食べてしまう人もいますが、実は食べ方一つであなたの体が変わってしまうかもしれないんです。

ダイエット効果や小顔効果が見込める

KK Tan/Shutterstock (34643)
 
食事中はよく噛んでゆっくり食べるのがいいというのは有名な話ですよね。よく噛むことで満腹中枢が刺激されるので、適量を食べればちゃんとお腹がいっぱいになります。しかし、あまり噛まずに早く食べてしまうと、満腹中枢は刺激されず、食べた実感が得られないまま食べ進めてしまうのです。これは肥満の原因にもなります。

噛むことで口周りの筋肉はかなり動きます。これによって得られる小顔効果もあなどれません。噛むことで縦に伸びる筋肉の咬筋(こうきん)、ほうれい線が目立つ口周りの口輪筋(こうりんきん)、そして顔全体の表情筋(ひょうじょうきん)も鍛えられるんです。成長期に顔、顎の筋肉が鍛えられると、筋肉が発達して顎の骨も広がっていくので歯並びも良くなる傾向があると言われているほどです。

口内を含む体内でもメリットがたくさん!

PR Image Factory/Shutterstock (34644)
 
口内や舌の粘膜が刺激されると、粘膜の中にある味覚、触覚の細胞を刺激するので味覚も発達します。食べ物を口にして噛んでいると、自然と唾液が多く分泌されるのですが、唾液の成分には虫歯を抑制する効果があると言われています。さらに、唾液に含まれるアミラーゼという酵素の働きによって食べ物を消化しやすくなるので、胃腸の負担を軽減してくれます。

唾液に含まれる酵素にはもう一つ、ペルオキシダーセという成分があるのですが、これは発がん性物質を身体の外に出してくれる効果があるといわれているんです。よく噛むことの効果は唾液によるものだけではありません。噛むことで脳神経が刺激されるので、記憶力の向上や認知症の予防にも効果があると言われています。胃腸の弱い人、記憶力に自信がない人はよく噛むように心掛けてみるといいかもしれませんね。

食べ物をすぐ飲みこんでしまうのを防ぐ方法

KPG_Payless/Shutterstock (34645)
 
よく噛むのは意外と大変なもの。特に忙しいときや急いで食べている時は流し込むように食べている人もいるのではないでしょうか。食事にかける時間が短い人はあえて時間をかけて食べることから始めてみましょう。

お坊さんの修行の一つ食禅(じきぜん)という修行があります。座禅と同じようなイメージですが、これは食べ物、食べることに集中するというもの。食べ物に感謝しつつ、口の中の動きや舌触り、歯触り、噛み続けることで変わっていく味を感じながら食べるという方法です。正式な修行では1口食べるごとに箸を置くなど、もっと細かい作法があります。
修行は厳しいものですが、自宅では食べることを楽しむ、噛むことで変わっていく味の変化を楽しむという意味で、ゆっくり噛んで味わってみると、自然と噛む回数が増えるかもしれませんよ。
料理をするときに、あえて食べにくい大きさにしてすぐに飲みこめないようにするのも工夫の一つ。実際、自分が普通に食べている時に噛む回数を数えてみると、よく噛んでいるつもりでも意外と噛んでいないことに気付きますよ。


thumbnail picture by Tom Wang/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
  • Grapps
  • 美容・健康
  • よく噛んで食べたら何かいいことがあるの?食べ方一つで身体が変...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。