大人女子のためのWebメディア
検索
2017年06月16日更新

パサつきの気になる季節。美しい髪の為のヘア&頭皮ケア

湿気や紫外線の影響による髪のパサつきやうねりが気になる季節です。洗い過ぎは髪のトラブルに繫がる事があるので、洗い方やシャンプーの質や量を見直して、髪の内外から潤いを与えてケアしていきましょう

湿気や紫外線の影響による髪のパサつきやうねりが気になる季節です。洗い過ぎは髪のトラブルに繫がる事があるので、洗い方やシャンプーの質や量を見直して、髪の内外から潤いを与えてケアしていきましょう。

ヘアケア

梅雨時期は髪の傷んだ箇所から水分が入り込み、髪の水分バランスが乱れ、髪がうねったり、広がりやすくなります。ヘアオイルなどで髪に潤いを与える事が大切です。

椿油は女性の黒髪を守る油として、古来より使用されてきたオイルです。オレイン酸が豊富で、人間の健康な皮膚から分泌される脂肪分と極めて似た性質を持っています。

保湿作用が高いので髪だけでなく、全身にも使用出来ます。紫外線のダメージを防ぐ作用があるので、これからの季節は特におすすめです。お風呂上りにオイルを髪の毛に馴染ませてからドライヤーで乾かすと良いでしょう。

 

頭皮ケア

髪の毛だけでなく頭皮の状態もチェックしましょう。思考が憂鬱になりがちの方や、ストレスが溜まっている方は頭がカチカチです。ヘアトニックやオイルを使用し、頭皮を全体的にマッサージしましょう。

生え際、頭頂の百会、後頭部の中央のくぼみあたりのツボを優しく指圧すると、頭がスッキリしリラックスします。強く行うと髪の毛に摩擦がかかり抜け毛の原因になるので、頭皮を動かすような感じでゆっくり行いましょう。指の腹でトントンと頭皮を同じリズムで刺激するタッピングを合わせて行うと効果的です。

頭皮のコリは、顔(表情筋)のコリ、肩コリにつながります。頭皮の血行が良くなるとシワ、たるみの改善、美肌にも繫がります。

食事で内側からのケア

ダイエットなどで無理な食事制限をすると栄養バランスが崩れ、髪の毛や肌がパサパサになってしまいます。また、女性ホルモンのバランスや貧血、精神的なストレスが髪の毛に影響を与える事もあります。

ダイエットやホルモンバランスの乱れには、食事のバランスに配慮し、ホルモンの材料となる良質なオイル(えごま油、亜麻仁油)を摂取しましょう。貧血には、貝類、ほうれん草、プルーン、大豆製品などを、疲労には柑橘類や梅などの酸味のある食材に玄米、全粒粉などの胚芽を含む穀類や、豚肉、種実類に含まれるビタミンB1を組み合わせて摂取すると効果的です。

さらに、栄養を運び健やかな髪に欠かせない、甲状腺ホルモンの原料となるヨードを含む海藻、青背魚、種実類、豚肉、鶏肉なども意識的に摂り入れましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。