大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 糖質オフダイエットの味方!「MCTオイル」の嬉しい効果とは

糖質オフダイエットの味方!「MCTオイル」の嬉しい効果とは

大人女子が過酷なダイエットをすると、肌から潤が消えてカサカサシワシワになってしまい、老化が進んでしまうリスクがあります。現代では良い油を摂ることも美しく健康的な体を手に入れるために必要なこと。0カロリーやカロリーオフのものばかりを手に取っているダイエッターの方、要チェックです!!

Photo:www.atpress.ne.jp

高カロリーの油はダイエットの天敵と考えられていたのも今は昔。
近年では良い油を摂取することで、ダイエット効果や健康に作用するという考え方がポピュラーになってきていますよね。
体に良い油といえば、オリーブオイル、えごま油、そして最近では何といってもココナッツオイルがブーム!
ココナッツオイルがダイエッターに人気の理由は、主成分が「中鎖脂肪酸」と呼ばれる種類の脂肪であることが大きな理由なのですが、その割合は6割ほど。
この成分が100%のオイルがあるのです。
それが「MCTオイル」なんです!

「MCTオイル」とは

MCTオイルは日本ではまだそれほど認知度は高くありませんが、アメリカでは既にメジャーな存在となっているオイルで、ココナッツやパームフルーツというヤシの一種が原料です。
名称であるMCTとは「Medium Chain Triglyceride」の頭文字で、日本語に訳すと「中鎖脂肪酸」という意味です。
脂肪は大別すると「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類があります。
動物性か植物性かというよりは、基本的に室温でも固体なのが飽和脂肪酸、液状なのが不飽和脂肪酸と捉えてください。

ダイエットや生活習慣病のケアに効果的な理由

ただ中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸に分類されますが、MCTオイルは液状です。
飽和脂肪酸はバターや肉など動物性脂肪に多く含まれており、コレステロール値が上がることから、健康志向の人には敬遠されがちな種類の脂肪。
しかしながら、飽和脂肪酸といってもいくつかの種類に分類され、体に蓄積されるタイプと、効率よくエネルギーに代謝されて体に溜まりにくいタイプがあります。
中鎖脂肪酸が主体のMCTオイルやココナッツオイルは、後者のタイプなのです。
一般的なサラダ油や動物性脂肪と比べて、MCTオイルやココナッツオイルが優れているのは、この「エネルギーとして燃焼」される効率が非常に良い点です。
サラダ油に多い「長鎖脂肪酸」と比べて「中鎖脂肪酸」は、消化吸収は約4倍、代謝は約10倍も速いため、中性脂肪になりにくいのです。
また、中鎖脂肪酸は善玉コレステロールの働きを助け、悪玉コレステロールを減少させる働きがあるため、ダイエットや生活習慣病のケアにも効果があると考えられています。

「MCTオイル」で糖質オフダイエットを効率化

MCTオイルのダイエット効果は、これだけではなくもうひとつ重要なものがあります。
糖質オフダイエットで注目されるようになった「ケトン体」を効率的に生成する能力です。
糖質の摂取量を減らすなどにより、体内でエネルギー源となるブドウ糖が不足すると、体はその代わりとして体脂肪を分解して作られる「ケトン体」を使い始めます。
意図的にこの状態(=ケトーシス)を作り体脂肪を燃焼させるのが、糖質オフダイエットのメソッド。
反対に言うと、体のエネルギー源はブドウ糖が優先的に使われるため、ブドウ糖が足りていればケトン体が作られることはありません。
しかし中鎖脂肪酸は、ブドウ糖が体内で不足していなくてもケトン体を作り出す働きがあるため、効率的に脂肪を燃焼させることができるようになるのです。
ただ中鎖脂肪酸も完璧ではなく、ある程度のブドウ糖が体内に残っている場合はそちらが使われるので、中鎖脂肪酸をダイエット利用するのであれば、糖質の摂取量は控えめにするほうがより効果は出やすいでしょう。

「MCTオイル」の取り入れ方

Photo:www.atpress.ne.jp

MCTオイルは加熱調理には向かないので、常温でそのまま摂取します。
炒め物や揚げ物に使用するなら、加熱による酸化に強いココナッツオイルが適しているので、使い分けると良いでしょう。
MCTオイルは無色透明・無味無臭なので、様々な料理や飲み物、汁物、などにかけても違和感なく口にすることができます。
常温でも液状なので、ドレッシングに使うのにも適しています。
目安量は1日に大さじ1~2杯程度ですが、商品によっても異なりますので、表示を確認してみてくださいね。
便秘が改善されたというケースが多いため、お腹が緩くなりやすい人は、初めは少量から試すことをおすすめします。

おすすめ「MCTオイル」

仙台勝山館 MCTオイル 360g <ココナッツベース100%>

なんといってもココナッツオイル由来100%なのが、人気の理由! 余計なものが一切加わっておらず、量も多い、他のMCTオイルと値段もあまり変わらないので、迷っているならこちらがオススメです。

 

LOHAStyle MCTオイル 450g

ココナッツとパームヤシの2つを使っているこちら。 Amazonでサラダ油カテゴリー1位に輝いたこともあります。

 

日清 MCTオイル 180g

アルツハイマーや認知症の予防に効果があるため、Amazonの介護用副菜・素材カテゴリーでベストセラー1位を獲得した日清のMCTオイル。 ココナッツは使っておらず、パームヤシオイル由来です。 ココナッツの香りなどはしないので、ココナッツが苦手な方にオススメ。 無臭無味なので、何にでも使いやすいのも人気の理由です。

 

 

体脂肪を燃やしてくれる中鎖脂肪酸は、糖質を抑えながら並行して摂取することで、より高い効果が得られると考えられています。
MCTオイルを摂取すると血中のケトン体が増えるため、糖尿病の人や血糖値が高い人は、使用に注意が必要ですから、必ず医師にご相談ください。

 

 

情報提供元:マイクロダイエット 「糖質オフダイエットを効率化する「MCTオイル」とは?」


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 糖質オフダイエットの味方!「MCTオイル」の嬉しい効果とは
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。