大人女子のためのWebメディア
検索
2017年08月04日更新

夏の身体への負担をやわらげる夏野菜と和ハーブ

夏の暑さによる心身へのダメージが激しい時期です。身体への負担をやわらげる生活と食べ方を意識し健やかに楽しく過ごしましょう。
夏野菜 和ハーブ

夏の暑さは、心臓や血管へ負担をかけ、冷たい飲食物や水分の摂り過ぎは、消化器官の働きを低下させます。消化能力が落ちると食欲が低下し、夏バテに繫がります。さらに暑さで寝苦しく、室内外の温度差で自律神経が乱れがちです。

心身のダメージが激しい時期ですので、身体への負担をやわらげる生活と食べ方を意識し、健やかに楽しく過ごしましょう。

冷たい飲食物や水分補給

・暑いと冷たい飲食物が欲しくなりますが、冷たくて甘い飲み物は甘みに気づきにくく、無意識に糖分を摂り過ぎてしまう事があります。食事のバランスを崩すと、夏バテや夏太りに繋がるので、甘い飲食物の摂り過ぎに気を付けましょう。

 

・熱中症予防には、水分補給と共に塩分補給も忘れずに行いましょう。疲れた時は、レモンや梅、酢など酸味の物が良いでしょう。クエン酸は発汗を抑え、疲労を回復させます。

身体の熱やむくみをとる食材

・スイカ、きゅうり、冬瓜、ゴーヤなどのウリ科の食材や、暑い地域で採れるバナナ、マンゴー、緑茶や麦茶などには身体を冷やす作用があります。

 

・ハト麦、あずき、もやしなどは利尿作用があり、過剰な水分を老廃物と共に排出します。夏に美味しい冷奴や枝豆に含まれる大豆イソフラボンは、ホルモンの不調から来るむくみにも有効です。

夏太りを防ぐには

夏は汗をかくので痩せやすいかと思いきや、代謝が落ちるので注意が必要です。

穀類やアルコールには、ビタミンB1が豊富な精製度の低い穀類、豚肉、うなぎ、豆類と合わせて摂取するとエネルギー効率が良くなり、夏太り予防だけでなく疲労回復にもつながります。ビタミンB1は、アルコール代謝も高めてくれるので、ビールに枝豆という組み合わせもいいですね。

夏の冷えには

冷気で身体が冷えるのを防ぎましょう。冷えを感じる方は、身体や胃腸を温めるミネラルバランスの良い塩や味噌、生姜などの薬味などを添えたり、根菜や香辛料と合わせるのを意識しましょう。

すいかに塩、きゅうりに味噌、冷奴に生姜などの食べ方は、理にかなった食べ方です。薬味は殺菌作用があるので食中毒予防にも繫がります。

夏のハーブや香味野菜

脂っこいうなぎに、山椒を合わせる事でさっぱりといただけますが、山椒には、消化機能を活性化したり、利尿、抗菌作用があります。紫蘇は、殺菌、防腐、解熱、解毒作用があるので食中毒予防になり、せきや消化不良などの夏風邪、夏バテにも良いとされています。

暑くて食欲がない時には、生姜、胡椒、唐辛子などの刺激物が食欲を増進させてくれます。ただし、辛すぎると逆効果になりますので、摂り過ぎに注意しましょう。

暑さで眠れない時は

・寝る直前に入浴すると暑くて眠れなくなるので、早めに入浴したり、ぬるめのお湯に浸かると良いでしょう。

 

・牛乳、はちみつ、くるみ、蓮の実、なつめなどは、快眠を保つ食材です。眠れない時は、ホットミルクやカモミールティー、サフランミルクを飲むのも良いでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。