大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • もう我慢しなくてOK!?美容・ダイエットを促進♡チーズの4つ...

もう我慢しなくてOK!?美容・ダイエットを促進♡チーズの4つの効果

脂肪分が多い、カロリーが高い…とダイエット中には我慢している方も多いであろうチーズ。しかし、実は美容のためにもダイエットのためにも食べたほうが良いんです!チーズ好きな大人女子には嬉しい驚きをお届けします♡

Photo:www.atpress.ne.jp

チーズは脂肪分が多いのでダイエット中の方は控えているかもしれませんが、実はダイエット中だからこそ食べることをおすすめしたい、美容・ダイエットをサポートしてくれる効果の高い食べ物なんです!
チーズ100gを作るには、牛乳は10倍の1000mlもの量が必要。
つまりチーズは、牛乳の栄養素をギュっと凝縮した食品と言えます。
しかも発酵の工程を経ているので酵素や乳酸菌なども含まれており、勘違いされがちな「悪い動物性脂肪の塊」どころか健康的な食品だったんです♡

チーズの種類

チーズの種類は大きく「プロセスチーズ」と「ナチュラルチーズ」の2つに分けられます。
日本でなじみ深いチーズといえば6Pチーズやベビーチーズなど加工された「プロセスチーズ」やピザ用のシュレッドチーズですよね。
ですが、チーズの本場ヨーロッパでは、チーズといったら風味の豊かな「ナチュラルチーズ」のことを指し、プロセスチーズはあまり一般的ではありません。

「ナチュラルチーズ」は、水分を抜いた原料乳を固めて、型に入れ発酵・熟成させたもの。
牛や山羊、羊など原料乳の種類や成分、製法などによって非常に多種多様で、その数は1000種類を超えると言われています。
乳酸菌やカビ菌が生きている状態で存在し、菌の働きによりチーズが熟成され、非加熱で食べることでこれらの菌や酵素を摂取することができます。

こうしたナチュラルチーズを1種類~数種類ほど加熱溶解し、乳化剤などを加えて再び成型したものが「プロセスチーズ」です。
プロセスチーズは製造工程で高温にかけられ殺菌されるため、熟成はその時点で止まっています。
そのため長期の保存がきくのが利点。
ただし酵素は失活し、善玉菌も死滅しています。

このように違いはありますが、どちらのチーズも非常に栄養が豊富であることには変わりありません。
ダイエットをサポートしてくれる成分が含まれているんです。
その効果をご紹介していきましょう!

①ダイエット中のイライラを防ぐ

ダイエットのために食事量を減らすと、空腹感やカルシウム不足によって、イライラしやすくなります。
ダイエット中ではなかったとしても、カルシウムは日本人が慢性的に不足しがちな栄養素。
骨の原料となるほか、精神安定に作用するカルシウムをチーズは多く含んでおり、その吸収率も優れているので、牛乳を飲むよりも、少量のチーズで手軽にカルシウム補給をすることができます。

【100g当たりのカルシウム量】
・プロセスチーズ 630mg
・カマンベールチーズ 460mg
・パルメザンチーズ 1300mg

②美やせに必須のタンパク質が約20%含まれている

筋肉を維持したり増やしたりするのに使われ、やせ体質になるためには必須のタンパク質。
それが、チーズにはだいたい20%前後含まれています。
ダイエット中は食事制限でタンパク質が不足しがち。すると筋肉量が減少し始めます。
筋肉量が減少すると、運動しなくても生命維持のため自動的に体で消費されるカロリー(基礎代謝量)が落ち、やせにくい体になってしまいます。
基礎代謝量が落ちた分だけ体内でカロリーが余るようになるので、その分は脂肪として蓄積され、タンパク質不足は太りやすくやせにくい体になってしまうのです。

③チーズの脂肪分は気にしなくてもOK

各種チーズにはおよそ30%前後の脂肪分が含まれており、高脂肪の食べ物ではあるのですが、短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸という種類の脂肪酸が含まれています。
これらの脂肪酸は体内でエネルギーに変換されやすく、しかも体脂肪として蓄積されにくいという特徴を持っており、やせるオイルとして大人気のココナッツオイルや最近注目のMCTオイルの主成分でもあります。
また、脂肪燃焼をサポートする働きを持つビタミンB2も含まれているので、大量に食べ過ぎない限りはそれほど脂肪分を気にしなくても大丈夫。
ただし、気を付けなければならない種類のチーズがあり、脂肪分60~75%以上の加工されたタイプです。
こうしたチーズは生クリームが添加されているため、脂肪分が高くなっています。
栄養成分表示や原材料表示を確認してみてくださいね。
なるべく添加物の少ないものを選ぶと良いでしょう。

④美肌効果

Photo:www.atpress.ne.jp

チーズにはビタミンA、B2が含まれています。
このどちらも皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、肌に潤いを与えてくれます。
また、チーズには乳酸菌が含まれているので、腸内環境を整え肌の状態を良くしてくれる働きもあります。
ナチュラルチーズは乳酸菌が生きた状態で存在し腸内フローラに作用し、加熱処理されているプロセスチーズは死滅していますが、どちらにしても腸内で有効に働くと考えられているので、あまりこだわる必要はありません。

野菜や果物と一緒に!

栄養が偏りがちになるダイエット中こそ、適量を食べるべきチーズ。
チーズはカルシウムをはじめ、ビタミン、ミネラル、タンパク質、脂肪など、身体を維持するうえで欠かすことのできない栄養素のほとんどを含む高栄養食品です。
ただ、ビタミンC、食物繊維、鉄分は不足していますので、野菜や果物と一緒に食べましょう!

 

 

情報提供元:マイクロダイエット 「美容とダイエットを促進させるチーズの4つの効果」


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMDを経て、現在はライター兼エディター。3姉妹の末っ子、美容マニアで韓国好き。
  • Grapps
  • 美容・健康
  • もう我慢しなくてOK!?美容・ダイエットを促進♡チーズの4つ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。