大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 食べすぎ・飲みすぎ…夏太り解消!緊急ダイエット法のポイント3...
2017年09月04日更新

食べすぎ・飲みすぎ…夏太り解消!緊急ダイエット法のポイント3つ

ついつい食べすぎてしまった、飲みすぎてしまった…そんな後悔は誰もが一度は経験があるはず。特に夏休みなどの連休ではそういう状況に陥ってしまいがちですよね。しかし、コツさえ知っておけばきちんとリカバリーできるのです。そこで今回は正しいリカバリー方法をご紹介していきます。

Photo:www.atpress.ne.jp

夏休み、帰省して久しぶりの友人と再会して飲みすぎた…至れり尽くせりの動かない実家生活…花火や海、BBQなどアウトドアで動いてはいるもののその分カロリー摂取していた…。
この夏、生活リズムや食生活が乱れたという方、多いのではないでしょうか。
おそるおそる体重計に乗ってみたら驚愕の数値が!!という現実に、後悔真っ只中の9月。
リカバリーすべく数日ほどは頑張ってみるものの、思うように体重が減らず「もう痩せないのではないか」と…諦めモードになってしまい、そのままダイエットをやめてしまっては…ダメです!!
そこで今回は、気持ちが緩んで太ってしまった時の対処法をご紹介していきます。

体重が増えてしまうパターンとは

夏休みに限らず、年末やお正月などの心身ともに開放される連休期間は、ダイエットに関して気持ちが緩んでしまいがち。
こういった事態を避けるには、連休明けのすぐの対応の仕方が重要です。
食べすぎ飲みすぎのすぐ後日の対処次第で、大きな体重の増加を防ぐことができるのです。
なぜなら、食べすぎてしまった翌日、すぐに体重が増えているということは少なく、ここでホッと安心して何日か同じように食べ続けてしまうと、3~4日後に急に増えてしまうことがあります。
ここでは、脂肪量の増加というよりは、体が水分を溜め込んでむくみを生じたり、便通が滞ったりすることなどが原因で体重が増えてしまうことが多く、あくまでも一時的なもの。
食べすぎが続けばもちろん体脂肪量は増加してしまいますが、2、3日ほどカロリーオーバーしたからといって、すぐに肥満化するわけではありません。
だからこそ!食べすぎた後日は、早めにケアすることが大事なポイントになってくるのです。

食べすぎ・飲みすぎ後のリカバリー方法〜ポイント①〜

食べすぎた翌日は、基本的には食べすぎたものを避けること。
糖質(炭水化物)を極力抑え、脂肪の多い肉や揚げ物は食べず、魚や豆類、野菜などで食事の満足感はキープしつつカロリー調整をしましょう。
カロリーカットよりも糖質オフダイエットが全盛の昨今ですが、カロリーオーバーは確実にダイエットに影響します。
食べ過ぎたそのすぐ後日は、とにかく摂取カロリーを抑えること!

食べすぎ・飲みすぎ後のリカバリー方法〜ポイント②〜

朝起きてすぐから、ノンカロリーの水分(水や砂糖の入っていないお茶など)を積極的に摂ること。
1日に1~1.5リットルをクリアするつもりで飲みましょう。
少量ずつをこまめ分けて飲むことで意外と無理なく摂取できる量です。
これは特にお酒を飲みすぎた後に有効です。

食べすぎ・飲みすぎ後のリカバリー方法〜ポイント③〜

基本中の基本ですが、意外とできていない人が多いのが、お腹が空いていなければ食べないようにすること。
「なんとなく食べ」は、肥満の大きな原因になります。
口寂しいというのもこの一種で、必要ないものまで食べてしまっているのです。
食べすぎが続くと、満腹感が収まってくるだけでお腹が空いたような錯覚を起こす人もいますが、それは栄養補給のための空腹感とは別物!
自分の食欲の変化をよく観察し、1日の食事リズムを整えましょう。
5~6時間の間隔を目安に食事を取り、食欲がない時は無理して食べずに軽めにしておきます。 

我慢のしすぎはドカ食いの元!

Photo:◯◯www.atpress.ne.jp

食事の内容については、一食でバランスを良くしようとすると中々難しいですが、1日の中で、あるいは数日ぐらいのトータルでバランスを取れれば問題ないです。
また、我慢しすぎては必ず反動が来てしまいますから、普段から適度に食べることで満足感を得るようにしておくほうが良いでしょう。
例えば「土曜日はケーキを食べても良い日(但し1個まで、など)」といったようにルールを決めておけば、たまのご褒美感を味わうことができますし、そうすることでストレスが軽減され、満足感も得られます。

ダイエットを長続きさせるコツ

実家や旅先などで食べすぎたとしても、普段食べられない食材を楽しんだり、身内や友人たちとの時間でストレス発散をしたりして、楽しかった!おいしかった!と心を満足させましょう。
そして休み明けからは、気持ちをリセットするというメリハリが大切です。
これこそがダイエットを長続きさせるコツなのです。

 

食べすぎてしまっても、早めのリカバリーができれば、ダイエットを順調に進めることができます。
我慢のしすぎや無理なダイエットは長続きしません。
自分のライフスタイルに取り入れられることを実践してみてくださいね。

 

 

情報提供元:マイクロダイエット 「連休明けの緊急ダイエット法のポイント3つ」


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 食べすぎ・飲みすぎ…夏太り解消!緊急ダイエット法のポイント3...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。