大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 収穫物への感謝を。お米を健康的に美しくいただきましょう。
2017年10月27日更新

収穫物への感謝を。お米を健康的に美しくいただきましょう。

最近では糖質オフが流行っていたり、太るというイメージからご飯を残したり減らす傾向が強い様です。ご飯を減らしおかずを食べ過ぎる事によって、かえって食事のバランスが悪くなる事があります。お米を減らすと無意識に脂質の摂取が増えてしまい逆効果になってしまいます。ご飯を上手に摂取しバランスの良い食事で健康的で美しい身体を目指しましょう。

 

新米が出回り、ご飯の美味しい季節ですね。10月4日の十五夜には、お月見はされましたか?十三夜のお月見はご存知ですか??十五夜は、豊作を祈って畑で採れた収穫物、特に里芋をお供えする風習があったので、「芋名月」と呼ばれ、十三夜は、秋の収穫を祝う意味があるので、豆や栗などの作物をお供えし、「豆名月」や「栗名月」と呼ばれています。

現在は、お月見といえば十五夜ですが、十五夜にお月見をして、十三夜にお月見をしないのを「片見月」と言って、縁起が悪いと言われたりします。今年は、夏の気候が不安定で、お米の生育に多少影響を与えたようですが、無事に収穫期を迎えられている様です。お米を食べるまでには、様々な方の苦労がかかっています。十三夜は、収穫物に感謝して美味しく頂きながら、綺麗な月を愛でる時間を過ごしてみませんか??

お米を減らすと逆効果になることも

最近では、糖質オフが流行っていたり、太るというイメージから、ご飯を残したり、減らす傾向が強い様です。ご飯を減らし、おかずを食べ過ぎる事によって、かえって食事のバランスが悪くなる事があります。

お米を減らすと、無意識に脂質の摂取が増えてしまい逆効果になってしまいます。お米に含まれる脂質は、リノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸が多く、血中コレステロールを防ぐ働きもあります。ご飯を上手に摂取し、バランスの良い食事で健康的で美しい身体を目指しましょう。

お米といっても、今は種類が沢山あります。健康やダイエットを目的にされる方は、精製度の低い色のついたお米がおすすめです。玄米は、浸水時間や炊くのに手間がかかりますが、胚芽米や分搗き米は、白米と同様に炊飯器で炊く事が出来、栄養価は白米より高くなります。胚芽には、ビタミンB群が豊富に含まれており、疲れにくく、エネルギー代謝力が高いので白米よりダイエット向きです。さらに食物繊維が多く含まれるので、腸が綺麗になる事で、肌のきめ細やかさに繋がります。白米に雑穀などを混ぜて炊くのも良いでしょう。

朝からご飯をしっかり食べて、代謝をあげる

朝はパン派という方もいるかと思いますが、ご飯+タンパク質という組み合わせは、パン食に比べ、消費エネルギーが高いと言われています。ダイエットしようとすると、摂取カロリーを抑える事に意識がいきますが、無理に減らそうとすると体力が落ちて疲れやすくなったり、リバウンドしてしまいます。朝から、消費カロリーを高める食べ方をして、身体のスイッチをしっかり入れておくと、その後の食事の消費エネルギーにも影響を与えます。

夕飯が遅くて、朝に食欲がない方は、夕食を食べ過ぎているので、夕飯のご飯を減らして朝にもってくるもの良いでしょう。朝から美味しくごはんが食べられる、食事リズムを心がけると健康的ですし、太りにくくなりますよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 収穫物への感謝を。お米を健康的に美しくいただきましょう。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。