大人女子のためのWebメディア
検索
2018年01月12日更新

朝の目覚めをスッキリ!身体のリズムを整えよう

夜型の生活になり、体内時計が乱れると疲れを感じやすくなったり、女性周期が乱れたりと心身の不調をきたしやすくなります。早く寝るためには、朝の時間を整える事が大切です。朝からスッキリ目覚めるととても気持ち良いスタートが切れます。目覚めをスッキリさせる方法をご紹介します。

朝目覚め体内リズム

お正月休みの疲れがでて寝起きが悪かったり、暖かいお布団が気持ち良くてお布団から出るのが辛いですね。夜型の生活になり、体内時計が乱れると疲れを感じやすくなったり、女性周期が乱れたりと心身の不調をきたしやすくなります。早く寝るためには、朝の時間を整える事が大切です。朝からスッキリ目覚めるととても気持ち良いスタートが切れます。目覚めをスッキリさせる方法をご紹介します。

日光と朝食で体内時計をリセット

朝日を浴びる事で、体内時計をリセットする事が出来ます。お正月休みで生活リズムが乱れてしまった方は、朝日を浴びる事を意識しましょう。なかな起きれないという方は、日の光が差し込む様にカーテンなどを調整するのも良いでしょう。さらに起きてから糖質+タンパク質の食事を摂ると身体の中から体内時計のスイッチが入ります。ご飯を食べると体温が上がりやすくなりますので、冷え性の方はパンよりご飯の方がおすすめです。ダイエットの為に朝食を抜く方もいますが、体温が上がると代謝が上がるので太りにくくなります。しっかり食べて体の中から身体を目覚めさせましょう。

耳ツボ押し

お布団の中でも出来るのが、耳ツボマッサージ。耳には全身のツボがあり、人体が投影されています。耳を刺激すると全身に影響を与える事が出来きるといわれ、血行を促し、身体を温めるので、寒がりな人にはおすすめです。

耳たぶには、目や頭に関するツボが集中しているので、耳たぶをつまんで刺激すると目覚めが良くなります。親指と人差し指で耳を全体的にもんだら、耳たぶをつまんで10回ひっぱると良いでしょう。

朝の入浴

眠気を覚ますには、やや熱めのシャワーを足→お腹→肩の順に全身にかけていきます。入浴をする時もやや熱めのお湯が良いでしょう。お風呂にハーブやアロマを加えるのもオススメです。

 

・眠気を覚ますハーブ&アロマ

タイム、ミント、ベルガモット、ローズマリー

 

・入浴にハーブ&アロマを使用する場合

ハーブを使用するときは、ハーブ20gをお茶パックやガーゼに包んでお風呂に入れるか、濃い目に煮出したものを入れると良いでしょう。

アロマオイル(精油)は、1〜3滴をオイル10mlや塩大さじ2に混ぜてから、加えましょう。アロマオイルだけだとお湯に十分拡散しません。また、肌や粘膜に直接ふれると刺激のあるアロマオイルがあるので、希釈してから使用しましょう。

※ハーブ&アロマには、体質や体調によって避けた方が良いものがありますので、確認してから使用しましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。