大人女子のためのWebメディア
検索
2018年02月08日更新

アロマ&ハーブで風邪を徹底予防!

風邪やインフルエンザが流行するこの時期は、手洗い、うがい、マスクといった予防の基本に植物のパワーをプラスして体調管理しましょう。今回は風邪予防に効果的なアロマとハーブをご紹介します。

仕事もプライベートも予定がいっぱい! 風邪なんてひいていられない! と思っても、通勤電車やオフィスで風邪のリスクにさらされてしまうのが働き女子というもの。風邪やインフルエンザが流行するこの時期は、手洗い、うがい、マスクといった予防の基本に植物のパワーをプラスして体調管理しましょう。今回は風邪予防に効果的なアロマとハーブをご紹介します。

風邪に負けない身体を作るエキナセアティー

風邪やインフルエンザが流行する時期に、ぜひ取り入れてみて欲しいのがエキナセア(学名:Echinacea angustifolia, Echinacea purprea)というハーブです。北米のネイティブアメリカンが風邪や伝染病の治療に用いてきたという歴史を持つハーブで、アメリカではハーブティーやサプリメントなど様々な形で販売されている、ヘルスケアに欠かせないハーブのひとつです。効果に関する科学的研究も進められており、免疫賦活作用を持つことが確認されています。エキナセアはヒトが持つ免疫力を高めることで、風邪に負けない身体作りを助けてくれるハーブなのです。

 

 

エキナセアのドライハーブはハーブ専門店などで購入することができますが、より気軽に取り入れられるティーバッグもあります。YOGI(ヨギ)の「エキナセア」 (Echinacea Immune Support)は、輸入食材店などで購入可能なティーバッグのエキナセアティーです。

 

 

くしゃみ、鼻水など、風邪の予兆を感じたら、1日3回以上を目安に、エキナセアティーを集中的に飲みましょう。大事な会議やプレゼン、楽しみにしているイベントの前など、ここは絶対に元気でいたい!という時の体調管理にもおススメです。
朝に淹れたエキナセアティーをボトルに入れて持ち歩いたり、オフィスで飲むお茶をYogiのエキナセアに変えてみたり、生活の中に上手く取り入れてみてください。

部屋にマスクに手軽にシュッと♪ 風邪予防アロマスプレー

通勤電車やオフィスなど、自分が過ごす環境も気になるものです。そんな時に役立つのが、アロマスプレー。抗菌・抗ウイルス効果が報告されているユーカリやティートリーなどの精油を使って作ることで、風邪予防の強い味方になってくれます。

【風邪予防アロマスプレーの作り方】
[1]スプレー式のボトルに無水エタノール10 ml(小さじ2)をいれる。
[2][1]にエッセンシャルオイル10滴を滴下し、ボトルを静かにゆらしてよくなじませる。
[3]精製水40mlをボトルに加え、よく振り混ぜる。

【風邪予防におススメの精油】
・ユーカリ(学名:Eucaryptus globulus)
・ティートリー(学名:Melaleuca alternifolia)
・ペパーミント(学名:Mentha piperita)

【注意】
*手作りしたアロマスプレーは冷暗所に保管し、1週間程度で使い切ってください。
*精油の中には、妊娠中の使用を避けた方が良いものがあります。妊娠中の方は医師やアロマテラピーの専門家にご相談ください。また、医師による治療を受けている方も、精油の使用について、事前に医師にご相談ください。

 

 

自宅の部屋や玄関などでルームスプレーとして使ったり、マスクにシュッとひと吹きして防御効果を高めたり、1本あればあれこれ使えるのがアロマスプレーのいいところです。オフィスではハンドサニタイザーとして使ったり、ハンカチやティッシュなどに吹きかけて、デスクの上で香らせることもできます。小さめの容器に分けて携帯すると、ちょっとした時に気軽に使うことができて便利です。

ハーブティーで身体作りをし、アロマスプレーでガードを強化! パワフルな植物の力を味方に、まだまだ油断できない風邪のシーズンを元気に過ごしましょう。

出典:LiBzLIFE | “働く”も”楽しむ”も夢中になれる毎日を。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

働いている時間もそれ以外の時間も、夢中になって楽しみたい女性が、毎日をもっと楽しくもっと素敵にもっと充実して過ごせるコンテンツをお届けします。LiBzLIFE:https://libz-life.jp/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。