大人女子のためのWebメディア
検索
2018年06月21日更新

海外に行く前に確認しよう!その国の紫外線状況

海外に行く前には、季節や気候を確認して、持っていく洋服に気を使う人が多いと思います。 そのときに、一緒に考えてほしいのが紫外線状況です。海外に行く前に把握しておく紫外線状況などを紹介し、よく起こるトラブルについてQ&Aで回答しています。

オーストラリアは世界で皮膚がんの発症率が高い国

オーストラリアの空上にあるオゾンホール。その影響は深刻で、オーストラリアの皮膚がんの発症率は世界でもトップという、極めて深刻な状況にあります。
通常であれば、オゾン層で幾らかの紫外線が吸収されるので、地上に届く紫外線は少し弱まっています。

しかし、オーストラリアの空はオゾン量が少なく、ぽっかり穴が空いたような状態(オゾンホール)になっています。
オゾン層が薄いので、紫外線の吸収が少ないまま地上に届くこととなり、肌荒れやしみなど肌への影響が出るのはいうまでもありません。

紫外線にはA波B波C波とありますが、通常はC波はオゾン層などで吸収されますから、地上にはほとんど届かないとされています。
A波とB波が地上に届くので、それをブロックするために、日焼け止めクリームが開発されました。オゾン層が薄くなっているオーストラリアでは紫外線C波の影響も考える必要があります。

紫外線の体への影響はサンバーンとサンターンで考えるとわかりやすいかもしれません。
サンバーンとはいわゆる日焼けです。
真夏の厳しい太陽の光で肌が赤くなったりヒリヒリしたりする状態や肌荒れの原因ともなり、紫外線B波の影響によります。

一方、サンターンとは日焼け後にメラニン色素の働きで肌が茶褐色に変化することをいいます。
こちらは紫外線A波の影響により、肌の奥まで紫外線が届き、のちにしわやシミの原因になるとも考えられています。


また、紫外線はDNAを損傷させることもわかっていて、皮膚がんのリスクを高めることが知られています。
なかでも、紫外線C波は刺激が強いために、A波やB波に比べて、少ない量でもDNAへの損傷を与えやすいとされています。

オーストラリア人のハリウッド俳優ヒュー・ジャックマンは40代という若さで皮膚がんによる治療を受けていますが、青少年期に日焼けしたことが原因と話しているそうです。

オーストラリアでは

「Slip! Slap! Slop!」(スリップ!スラップ!スロップ!)

といい、
長袖!サンクリーム!帽子!を着用するキャンペーンが広がっています。

袖のある服と帽子がないと、外で遊べない規則を作っている保育園や学校といった教育機関がほとんどです。

オーストラリアに渡航する際には、季節に関係なく紫外線対策は怠らないように注意しましょう。

季節や場所によって紫外線が増強する

紫外線は場所と時間によって強さも量も大きく変化することも特徴の一つです。
どこで、いつ、何をして過ごすかによっては、紫外線の影響を大きく受けることもありますし、比較的に少なくてすむこともあります。

日本国内でも、紫外線の強さの違いは肌で感じることでしょう。
例えば、同じ日の同じ時間に北海道と沖縄で太陽の光を浴びたとしても、同じようには日焼けをしないことはお分かりいただけると思います。

より赤道に近い南に位置する沖縄の方が、北海道よりも太陽のエネルギーを強く受けるのです。
赤道に近くなればなるほど、地上に降り注ぐ太陽のエネルギーは強くなる、つまり紫外線の影響力が大きいわけです。

Photo:月最大UVインデックス(観測値)の時別累年平均値グラフ
Photo:data.jma.go.jp

また、外出する時間帯によっても紫外線の量は違ってきます。

 

正午前後が一番紫外線の量が多いとされていて、10時から14時は、朝の9時や夕方16時よりも紫外線の影響を強く受けるのです。

同じ場所でも、1年を通して季節によって、紫外線の量が違ってきます。
日本では5月ごろから紫外線の量が増えるといわれていて、7月ごろをピークに9月ぐらいまで高いままです。

だからといって、冬には紫外線が届かないわけではありません。
特に紫外線A波は年中を通して日本の大地に降り注いでいるので紫外線対策は年中必要です。

では、冬には春や夏に比べて紫外線の量が少なめであるはずなのに、スキー場ではばっちりと日焼けをするのはどうしてでしょうか?

冬で紫外線はそれほど強くなくても、雪が紫外線を反射することで、実質紫外線の量が増えてしまうからです。また、スキー場は多くは山という高度の高い位置にあります。
高度が高いということは、それだけ太陽に近くなるので、紫外線を浴びる量も増えることになります。
ちなみに、高度が1000メートル上がるごとに、紫外線は1割以上も増えるといわれています。

そのため、十分な紫外線対策グッズを持参する必要があり、肌荒れ予防にもなるわけです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

女性なら誰しも憧れる「美肌」になるための知識や情報に関する記事をまとめたメディアです。 美肌ラボ:https://www.tavelmout.jp/bihada/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。