大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • え、まだそのメイク…?アラサー女子がしてはいけないメイクルー...

え、まだそのメイク…?アラサー女子がしてはいけないメイクルール5つ

え、まだそのメイク…?アラサー女子がしてはいけないメイクルール5つ

アラサーになったら、メイク方法を見直す必要があります。

アラサーになるまでに何かしらの経験をしてきたことで、日々服や持ち物の好みは変わっていきます。そのため、顔自体に変化はなくても、20代と同じメイクのままだとチグハグな印象を受けて、外から見ると痛い女性と思われてしまうからです。

アラサー女子がしてはいけないメイクルール5つを紹介するので、当てはまっていないかチェックしてみて!

NG1. ファンデーションが濃い

アラサーにもなると、顔のしみやシワ、くすみなどの肌トラブルに悩まされることが多いですよね。そのため、肌の悩みをカバーするためにファンデーションをついつい厚塗りしてしまいがちに。しかし、アラサー女子が厚塗りしてしまうと、老けてみられる可能性があるのです。

 

顔のトラブルを隠したくても厚塗りするのはやめましょう。コンシーラーをメインに使ったり、ファンデーションよりも日々のスキンケアに力をいれるようにすると若く見られますし、彼氏にすっぴんを見せるのも気が楽になります。

NG2. チークを濃く入れること

アラサー女子の場合、濃いめにチークを入れることも厳禁です。20代女子にありがちですが、可愛く見せるためにピンクやオレンジのチークをまぁるく濃く入れる女子は少なくありません。

 

幼く見えて確かに可愛いのですが、アラサー女子がしてしまうと若作り感が先に出てしまい、ちょっと痛い女性だと思われてしまう恐れがあります。アラサー女子のチークは、色づいたな…くらいでやめて、ナチュラルなメイクを心がけるようにしましょう。

NG3. アイメイクが濃いこと

目を大きく見せるために、マスカラやアイラインなどのアイメイクにはどの年代の女性もついつい力が入ってしまいますよね。目がパッチリしていると、より可愛らしく見られるので、女子としては頑張りたいところ。

 

しかし、アラサー女子に関わらず、濃すぎるアイメイクはメイクしてる感がバッチリと出てしまうため、多くの男性から好意的に受け取られることがありません。アラサー女子に対しても顕著に批判の声があがっています。

 

特に年齢が上にいくほど、濃いアイメイク=おばさんっぽいと見られてしまうため、ブラウンシャドウやピンクシャドウの重ね付けには注意。マスカラやアイラインなどはブラックからブラウンカラーに変えると、まつげ自体は長く見えるのに、メイクしてる感が無くなります。

NG4. まつげパーマをあてること

まつ毛が短いと目が小さく見えるため、長さを出すためとしてまつげパーマをする女性は多くいます。しかし、まつげパーマもあわない長さをあててしまうと、他人から見て顔に違和感が…。まつげは長さも重要ですが、ナチュラルに長く見えることが大切なのです。

 

そのため、アラサー女子の人形のように長すぎるまつげパーマは、男性からも女性からも印象は良くありません。「頑張ってるなぁ」と逆に年齢を引き立たせることに繋がってしまうので、あてる時には注意しましょう。

NG5. 真っ赤な口紅

おしゃれとして、真っ赤な口紅でメイクしている女性は多く見かけますよね。10代から20代くらいの若い女性ならば、おしゃれで可愛らしい印象になりますが、アラサー女子が同じメイクをすると、可愛らしさよりも年相応感が出て口元が悪目立ちしまうので、あまりおすすめはできません。また、メイクしてますっ!的などぎつい感じが顔に出てしまうので、男性からの評価は下がります。

 

20代では目立つ女性がモテる傾向にありますが、アラサー世代で目立つ女性は恋愛対象外に…。男性はアラサー女子には落ち着きを求めているからです。

アラサー世代に突入したら、真っ赤ではなくベージュ系の落ち着いた色合いの口紅を試してみると、派手すぎず女性らしい柔らかさを口元に出すことができますよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • え、まだそのメイク…?アラサー女子がしてはいけないメイクルー...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。