大人女子のためのWebメディア
検索
2019年05月02日更新

赤い服を着るとあなたの魅力度がUPするって本当?

赤い服を着るとあなたの魅力度がUPするって本当?

赤い服って派手なイメージがあってなかなか着る勇気が持てませんよね。でも赤い服を着ることであなたの魅力がUPする効果が得られるのです!その真相について、ここでは説明していきます。

赤色は目を引き付ける

単純なことですが赤はとても目立ちます。というよりも、人間社会では赤色が人の目に止まるように配慮されているのです。例えば、道路標識のように重要な情報や危険を伝える表示には赤色が使われていますよね。もし、周りが赤色であふれていたらそんな大事な警告を見落としてしまうかもしれません。

 

ですから赤色は重要な物にしか使わないようにしているのです。本題に戻りますが、赤い服を着ればあなたは間違いなく目立つことでしょう。あなたがどんなに魅力的な女性でも、目を向けてもらわないことには何も始まりません。赤色はあなたの魅力を伝える手助けをしてくれるのです。

赤色は愛の色

赤色は愛のカラーです。海外の映画などでよく、男性がプロポーズをする時に真っ赤なバラの花束を女性に贈るシーンがありますよね。あれは赤いバラの花言葉に「愛情・あなたを愛する」という意味が込められているからです。また、愛のシンボルであるハートも赤で描かれることが多いです。人々の心の中には、赤色は愛の色という意識が根付いているのです。このように愛と密接な赤色は、女性に必須のロマンティックカラーと言えるでしょう。

赤色は女性をセクシーに感じさせる

よく言われることですが、赤色は女性の性的魅力を高める効果があります。これを実証した有名な心理実験があることを知っていますか?アメリカのロチェスター大学のアンドリュー・エリオット教授は「ロマンチック・レッド」という題名で、女性が赤い服を着ている場合とその他の場合で男性が抱く印象の違いについて実験を重ねた結果、ほとんどの男性が赤い服の女性の方が魅力的に見えると回答するという論文を発表したのです。よく勝負下着には赤色がオススメだなんて言われますが、あながち間違いではないのです。

赤い服の上手な着こなし

赤色の洋服を着ると魅力度が増すとはいえ、全身に赤色を身に付けるようなことはやめましょう。やりすぎは目に毒です。赤色を上手にファッションに取り入れている女性は、差し色で赤を使うなど工夫をしているようです。例えば、白いブラウスに赤いカーディガンを合わせたり、黒のモノトーンコーデに赤い靴を履いてみたりなどです。赤色の服を着ると周りの女性より魅力が引き立つことは確かですが、同時に赤色は同性から「あざとい」というイメージも持たれがちなので、赤い服を着る時には注意が必要です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。