大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • いつでもカンペキ肌をキープ♡夏の化粧崩れ防止テクニックを教え...
2019年07月31日更新

いつでもカンペキ肌をキープ♡夏の化粧崩れ防止テクニックを教えます!

いつでもカンペキ肌をキープ♡夏の化粧崩れ防止テクニックを教えます!

暑さと湿気が気になる夏の化粧崩れに悩む女性は多いですよね。あなたも「朝は完璧だったのに気づいたらドロドロ!」なんて経験はありませんか?

汗や皮脂でベタベタした肌では男性にもがっかりされてしまうかも。化粧崩れ防止テクニックを習得して、カンペキ肌で夏を乗り切りましょう!

夏でも徹底的な保湿ケア

夏は汗や皮脂の分泌がさかんになるため、肌が潤っているという錯覚に陥りがち。しかし、肌の表面は乾燥していなくても肌の内側は乾燥している「インナードライ」状態になっている場合が多いんです。そんな肌の内側の乾燥にアプローチするために、夏でも保湿ケアは徹底的に行うことが大切。

 

保湿ケアを怠ると、潤いが不足している肌が自ら潤いを補おうとして皮脂を過剰に分泌させてしまうので、逆に皮脂の分泌が多くなってしまいます。皮脂の過剰分泌は化粧崩れの大敵。ベースメイクを施す前にしっかりと保湿を行い肌にたっぷりと潤いをチャージして、化粧崩れが起こりにくい肌環境に整えましょう。

汗や皮脂に強いベースメイクアイテムを選ぶ

ファンデーションは、汗や皮脂を吸着する成分が配合されているものを選んでみて。化粧下地はシリコン系のものを使うと肌の凹凸や毛穴が目立たなくなり、サラッとした涼しげな肌を長時間キープさせることができます。

 

汗や皮脂に強い夏用のベースメイクアイテムは春頃になると様々なコスメブランドから販売されます。サンプルがもらえるチャンスもあるので、コスメカウンターで積極的に試して自分の肌にぴったり合ったものを見つけましょう。

ファンデーションの厚塗りは避ける

ファンデーションの厚塗りは化粧崩れに直結。なるべく薄く均一に塗ることが重要なポイントです。リキッドタイプやクッションタイプのファンデーションを使う場合は、指やスポンジでポンポンと叩き込むように馴染ませるとキレイに仕上がりますよ。

 

パウダータイプのファンデーションを使う場合は、ブラシで馴染ませると肌とのフィット感が増して素肌っぽい仕上がりになります。汗や皮脂によるテカりやファンデーションのヨレを軽減させるために、ベースメイクの最後はパウダーで仕上げましょう。

ポイントメイクのアイテムはウォータープルーフを選ぶ

額から流れる汗でアイブロウが消えてしまう、アイライナーやマスカラが滲んでパンダ目になってしまう…。残念な化粧崩れは、男性に絶対に見られたくないですよね。

 

そんなときに役立つのが、ウォータープルーフのポイントメイクアイテム。ウォータープルーフのアイテムを使えば、汗で眉毛が消えてしまったり目の周りが真っ黒になってしまう心配がなくなり、快適に過ごすことができますよ。一本持っておけばプールや海などの夏のレジャーも思いっきり楽しむことができるのでおすすめです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 美容・健康
  • いつでもカンペキ肌をキープ♡夏の化粧崩れ防止テクニックを教え...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。