大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 実は通年使いたい!鼻うがい用グッズを比べてみました【ラクラク...
2021年04月09日更新

実は通年使いたい!鼻うがい用グッズを比べてみました【ラクラク簡単☆美容道 にらさわあきこの美人習慣】

キレイになりたい皆さま、こんにちは。美活を強化しているにらさわあきこです。

新生活の始まる春はウキウキしたい気持ちもあるけれど、アレルギーがあると、辛く苦しいばかりの時期ですよね。

私は花粉症ではないながらも、ひどいアレルギー持ちなのですが、今年は特に辛いです。

そこで、長年の課題「鼻うがい」に挑戦したのですが、グッズもいくつか試したのでレビューします

痛いのは浸透圧のため

そもそも鼻うがいって、「いい」と言われているけれど、「痛そう」。

私は物心ついたころからの鼻炎持ちなので、体調を崩すとすぐに副鼻腔炎になったりして、鼻うがいには、実は何度も挑戦してきました。が、そのたびに失敗…。痛みに耐えられないのです。

しかし、なぜ鼻うがいは痛いのでしょうか?

理由の一つは、浸透圧。

顔を水につけるたびにいちいち、水が鼻に入ってきては体は困ってしまいます。そこで、異物が侵入すると痛みを感じるようにできているのですね。しかし、体を循環している体液と同じ塩分濃度であれば、痛みを感じることがない。だから、鼻うがいをスムーズには、「体液に近い塩水を作るといい」と言われているのです。

が、塩分を毎回正確に測るのって難しいのですよ。

私は、何度も失敗し、「痛いじゃん」と諦めてきたのです。

しかし、今やグッズが発達。「体液に近い」液体を簡単に作れて、なおかつ、鼻に通しやすい形状になっている専用のグッズがたくさん売られているのです。ご紹介していきましょう。

ニールメッドは初心者でも使いやすい

まずは、アメリカで一番売れているというニールメッドの「サイナス・リンス」。

こちらは、3年くらい前に通っている耳鼻科の先生に試供品をもらって試しました。

それまでは、「鼻うがい=無理」と思い込んでいたのですが、当時は鼻がつまる余り、藁にもすがる気持ちで挑戦したのです。するととても簡単にできて、痛みを感じることがなく、「なんと快適なのか」と感動。季節終わりまで続けられました。

 

サイナス・リンス

フタを無くしたので今回は使っていません。

 

使い方はシンプルで、人の体温に近い36度のお湯を専用のボトルに注ぎ、包装された粒状の「生理食塩水の素」を入れます。キャップを締めて軽く振り、片方のノズルを鼻に当ててから、ボトルを軽く握るだけ。こうすると、鼻の奥まで自然に液が届いて、反対側の鼻から出てくるようになっているのです。

形状が秀逸であるおかげか、とても簡単に鼻うがいができ、初心者にオススメです。中の「生理食塩水の素」だけでも売っているので、気に入ったらあとは素だけ買えばいいので、コスパ的にもオススメです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 2019年より美容活動を熱心に行う「美活」をスタート。簡単でリーズナブルにできる美容情報をwebやブログ、インスタなどに発信中。 著書は、『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など多数。 instagram:akiko_nirasawa_beauty ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク〜に綺麗になろう!』 https://ameblo.jp/akiko-nirasawa-beauty
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 実は通年使いたい!鼻うがい用グッズを比べてみました【ラクラク...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。