大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 話題の酸熱トリートメントのカラー入り版を体験しました【ラクラ...
2021年07月09日更新

話題の酸熱トリートメントのカラー入り版を体験しました【ラクラク簡単☆美容道 にらさわあきこの美人習慣】

キレイになりたい皆さま、こんにちは。美活を強化しているにらさわあきこです。

季節の変わり目は、気をつけていても髪が傷んでしまいますよね。そこで、頼りたいのがサロンで受けるトリートメント。中でも、最近、つやサラヘアになれると話題なのが、「酸熱トリートメント」。カラーもできるタイプが出たというので、メーカーで体験してきました。

ビフォアアフタ

Photo:酸熱トリートメントのビフォーアフター。髪のツヤが違います!

髪の内部を補修する

体験したのは、ヘアケアメーカー「ハホニコ」の酸熱トリートメント剤「グリニコ」。

酸熱トリートメントを行うと同時に、カラーもできるタイプです。

グリニコ

Photo:酸熱トリートメント剤「グリニコ」

 

体験をご紹介する前に、そもそも酸熱トリートメントとは何なのか説明しておきましょう。

酸熱トリートメントとは、ざっくり言うと酸性のトリートメント剤を使い、髪を内側から補修しようとするもの。

 

髪はダメージを受けると、外側のキューティクルが剥がれたり、内側のタンパク質が減ってスカスカになったりしますよね。

で、従来のトリートメントでは、髪の表面を補修して、キューティクルを整えることでつやつやヘアを目指しました。が、それだけでは髪の内側はスカスカなままなので、ハリのある美しい髪にするのは難しい場合がありました。

 

そこで3年前に登場したのが、この酸熱トリートメント。

タンパク質を結合させる成分が入っていて、髪の内側にアタック。髪内部の「タンパク質が抜け落ちたスカスカ部分」が補修され、内側からみっしり重みのあるハリのある髪に近づけようというのです。

 

ちなみに、酸熱トリートメントは、内側を補修するものなので、仕上げる時に酸熱トリートメントと相性のいい従来型のトリートメントも同時に行うことが推奨されています。

トリートメントの流れ

では、実際の流れです。

Photo:メーカーで体験しました。

まずは、洗った髪をタオルドライしたら、酸熱トリートメントを塗布します。

トリートメントの形状は、リキッドとジェル、クリームの3種類。

酸熱初心者の私は、内部への浸透がいいというリキッドをつけていただきました。

 

Photo:髪に塗布していきます。

髪全体に塗布し終えたら、浸透させるために温めた帽子状のものをかぶり、15分ほど置きます。

 

Photo:15分ほど温めます。

その後、カラー。

カラーも、酸熱トリートメント剤で、ジェル状の「カラー・酸熱トリートメント剤」を先ほどの上にさらに載せます。

 

Photo:今回はラベンダーを選びました。

色は、担当してくれる方と相談しながら決めるのですが、色を混ぜ合わせることで、かなりのバリエーションがあるようです。

私は、髪がつややかに見えて、顔色に合っている「ラベンダー」を選んでもらいました。

ちなみに、元々入れていたカラーは、赤味のあるブラウン。元の色に乗せてどう変わるかを見定めつつ色を選ぶのが、美容師さんの腕の見せ所でしょう。

 

Photo:色のついたジェル状の酸熱トリートメント剤を塗ります。

塗り終えたら、また20分ほど先ほどの帽子を被って温めます。

今回は、カラージェルを加えたので、最初のトリートメント剤を塗って15分ほどでいったん温めを止めていましたが、トリートメント自体は落としていないので、合計では35分強、塗布し続けていることになります。

カラーを行わない場合は、通しで35分から50分くらい塗布するのが「通常」」とのことでした。

 

後はシャンプーをして、一般のトリートメント。資質と水分を補います。

 

Photo:ツインブラシとアイロンを使用。

仕上げは、ツインブラシで髪のねじりを取りながら、アイロンで水分を飛ばし、サラサラを定着させます。

 

ここまでで1時間強。

仕上がったのが、こちらです。

Photo:ツヤツヤに仕上がりました!

生え際から毛先まで、見事にツヤツヤになりました!

触らなくても、髪どおりがいいことがよくわかります。

髪にハリが生まれたので、なにもしなくてもまとまります。

 

ちなみにビフォーと並べると、こんな。

ビフォアアフタ

Photo:キャプ:左がビフォー、右がアフターです。

原稿を書いている今現在は、トリートメントの3週間後ですが、まるでツヤは失われず、しっかりキープできています。

注意点としては、「もともとしていたカラーが落ちやすい」というので、行う場合は時期を見計らうといいでしょう。

 

なお、酸熱トリートメントを受けられるサロンはいくつかありますが、カラーも同時にできるトリートメント剤を入れているサロンについては、メーカーのHPから確認できるようです。

気になる方は、チェックして、サロンに問い合わせてみてください。

https://www.hahonico.com/blacklabel/glynico/salonlist/

 

(にらさわ あきこ)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 2019年より美容活動を熱心に行う「美活」をスタート。簡単でリーズナブルにできる美容情報をwebやブログ、インスタなどに発信中。 著書は、『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など多数。 instagram:akiko_nirasawa_beauty ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク〜に綺麗になろう!』 https://ameblo.jp/akiko-nirasawa-beauty
  • Grapps
  • 美容・健康
  • 話題の酸熱トリートメントのカラー入り版を体験しました【ラクラ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。