大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 【妊婦さん、産褥婦さん、育児中のママとそのパートナー必読】本...
2014年08月28日更新

【妊婦さん、産褥婦さん、育児中のママとそのパートナー必読】本当はしんどい!誰にも言えない産後の本音。

産褥期(さんじょくき)」とは、赤ちゃんを産んだ後、母体が妊娠する前の状態に回復するまでの期間のこと。著者:吉田紫磨子は、結婚して4年目にめでたく第1子を授かりますが、出産して5か月で産後うつに。産後の女性の悩みに効くエクササイズ、マドレボニータ代表吉岡マコによるコラム、著者パートナーによる手記「そのとき夫は」も収録。

嬉しい楽しい育児のはずが!? 産んだらなんとか…なりませんでした!! 

minutesbook_format_v3_ok_outline 

身体が重くてしんどい妊婦生活。でも、産んでしまえば、「赤ちゃんと楽しい生活が待っているにちがいない」。

期待して出産したのに、待っていたのは……産後1か月の真実と知恵の数々。

妊婦さん、産褥婦さん、育児中のママとそのパートナー必見の『産褥記 産んだらなんとかなりませんから!』(吉田紫磨子著 吉岡マコ監修)が、電子書籍【カドカワ・ミニッツブック】から本日より配信開始されました。

価格は500円(税別)。1時間以内で読めるコンパクトサイズ。

 

妊娠 →出産 →うつ →うつ克服→産後ケアインストラクターに

タイトルとなっている【産褥期(さんじょくき)」とは、赤ちゃんを産んだ後、母体が妊娠する前の状態に回復するまでの期間のこと。

安産オタクだった著者:吉田紫磨子は、結婚して4年目にめでたく第1子を授かりますが、出産して5か月で産後うつに。

母となった女性の体と心をリハビリするためのクラスに通い、うつを克服。

産後のケアをするインストラクターにもなり、そして第2子を妊娠した時、誰よりも産後に備えていた。

ある満月の夜、陣痛が始まり…、第2子は自宅トイレでの出産でだった。

母子ともに無事。その産声を聞いたほんの数時間後から、産後のリアルを綴り始める。【読了時間 約55分】

 

「委ね」「感謝する」気持ちを学ぶ時期

産褥期は大変だからこそ、産褥婦とパートナーが周囲に「委ね」「感謝する」気持ちを学ぶ時期。

育児の導入期に母が心身ともに健康で、信頼し合う夫婦(あるいは複数の保護者)関係の下で、お互いが手を差し伸べ合う社会の中で育つ子どもは、きっと幸せになると信じています。(本書あとがきより)

 

産後の女性の悩みによく効くエクササイズ、マドレボニータ代表吉岡マコによるコラム、著者パートナーによる手記「そのとき夫は」も収録。

 

【吉田紫磨子 プロフィール】
1971年東京生まれ。NPO法人マドレボニータ理事・認定産後セルフケアインストラクター。4女の母。
慶應義塾大学卒業。予備校講師、塾講師、自動車メーカー勤務を経て、妊娠を機に退職。

2002年長女出産し、5か月で産後うつに。当時吉岡マコ(現・マドレボニータ代表)の「産後のボディケア&フィットネス教室」に参加し、運動による心身への影響に開眼。

自身もインストラクターの道に。現在は都内スタジオやクリニック、助産院で産後&妊婦のためのクラス開催している。

吉田紫磨子ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/totolecafe/

 

【NPO法人マドレボニータ】
マドレボニータとはスペイン語で「美しい母」。「美しい母がふえれば、世界はもっとよくなる」をキャッチフレーズに「子育ての導入期」という最も不安定な時期にある女性の心と身体の健康をサポートしている。

2014年「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」〈国内部門賞〉受賞。

オフィシャルHP:http://www.madrebonita.com/

 

※関連する記事


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

広告代理店、占いサイトなどの運営を経て、フリーで女性向けライフスタイル情報を発信しています。30、40代の女性が輝ける環境を作っていきたいと思います。
  • Grapps
  • 子育て
  • 【妊婦さん、産褥婦さん、育児中のママとそのパートナー必読】本...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。