大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子育てコラム14】ほめ方で子どもは変わる!子どもを伸ばす上...
2015年02月09日更新

【子育てコラム14】ほめ方で子どもは変わる!子どもを伸ばす上手なほめ方

日本人はほめるのが得意ではないと聞きます。 親が子供をほめることは、子育てにとても大切なことです。ただ、何でも大げさにほめるのはあまり良いことではありません。 どんなほめ方が子どもにとって良いのか、お話します。

子育てコラム

 

日本人はほめるのが得意ではないと聞きます。

親が子供をほめることは、子育てにとても大切なことです。ただ、何でも大げさにほめるのはあまり良いことではありません。

どんなほめ方が子どもにとって良いのか、お話します。

ほめ方で子どもは変わる!子どもを伸ばす上手なほめ方

ほめポイントを間違えない

アメリカのお母さんは、しつけに厳しくよく叱る反面、とてもたくさんほめるそうです。

例えば、子どもがおもちゃを片付けることができたら、親は「片付けできてえらいね」とほめると思います。

でもアメリカのお母さんは、“おもちゃを片付けようとした子供の気持ち”もほめてあげるのです。まずは片付けようとしておもちゃを取りに来たら、そのやる気をほめてあげる、実際に片付けができたらもう一度ほめてあげる、というように、たくさんほめてあげます。

やる気をほめてもらった子供は、次も片付けようという気持ちになります。

子育ては結果ではなく過程が大事、と言いますが、実際に行動した部分だけではなく気持ちもほめてあげることはとても大切です。

 

伝えるのは気持ち。評価はいらない。

たくさんほめよう、と言っても、ただほめればいいわけではありません。生活の中で当たり前に行わなければいけないことを、「すごいね」「頑張ったね」などと言うのは大げさですよね。かといって「やらなきゃいけないことなんだから当たり前でしょ」という姿勢で何も言わないでいると子供のやる気は育ちません。

 

“I”のメッセージ

ここで登場するのが、「Iメッセージ」です。以前カウンセリングを学んだ時に教わったものです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子育てコラム14】ほめ方で子どもは変わる!子どもを伸ばす上...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。