大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 【育児コラム13】パパに家事育児を手伝ってもらう3つの秘訣

【育児コラム13】パパに家事育児を手伝ってもらう3つの秘訣

パパが家にいる時は、家事や育児をちょっとでも手伝ってほしいのに、仕事で疲れたなどと言って協力してもらえないなんてことはありませんか?パパに限らずですが、子育ては周りの協力なしではママの負担ばかりが大きくなって大変です。特に一番身近であるパパに家事や育児を手伝ってもらうにはどうしたらいいか、より良いパパとの関係性を築くコツをご紹介します。

子育てコラム

子育てに休みはありません。

特に赤ちゃんの時は夜中でも関係なく起こされますし、家事をしていても泣かれたら、中断して抱っこしてあげなければいけません。

パパが家にいる時は、家事や育児をちょっとでも手伝ってほしいのに、仕事で疲れたなどと言って協力してもらえないなんてことはありませんか?

 

パパに限らずですが、子育ては周りの協力なしではママの負担ばかりが大きくなって大変です。

特に一番身近であるパパに家事や育児を手伝ってもらうにはどうしたらいいか、より良いパパとの関係性を築くコツをご紹介します。

パパに家事育児を手伝ってもらう3つの秘訣

 
夫婦だからこそちょっとした一言が大切

基本的なことですが、「ありがとう」「ごめんね」という一言があるかないかで、相手の受け取る印象はガラリと変わります。

「わたしは毎日面倒見て大変なんだから、ちょっとは手伝ってよ!」なんて強い口調で言われたら、素直に手伝おうという気持ちにはなりにくいですよね。

変に下手に出る必要もないですが、私も疲れているけど相手も疲れているということを意識して、優しい言い方を心がけましょう。

 

例えば、「オムツ替えて!」とだけ言うよりも「今夕飯の支度をしていて手が離せないからオムツ替えてくれる?」のように言い方を工夫すると、相手も素直に行動に移せますよね。

ちょっと面倒くさいと思いますか?

でも毎日のように一緒にいる夫婦だからこそ、ちょっとしたこの気配りが気持ちよく過ごせるきっかけになります。

 

 パパの悪口は言わない

パパの悪口、つい子供に言っちゃうことないですか?

でも悪いことって不思議と本人に伝わるものです。

それに、悪口を聞かされていると子供もパパになつきづらくなります。

自分にとっては腹がたつことのあるパパでも、子供にとっては頼れる優しいパパでいあって欲しいですよね。

 

子供は2歳くらいになると外遊びが大好きになります。休みの日はやっぱりパパの出番!であってほしいですよね。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 【育児コラム13】パパに家事育児を手伝ってもらう3つの秘訣
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。