大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子育てコラム③】これから出産を経験する方に覚えておいてほし...
2014年11月25日更新

【子育てコラム③】これから出産を経験する方に覚えておいてほしいこと

待ちに待った出産、ドキドキもするし不安もいっぱいですよね。 出産の前触れや出産にかかる時間などは人それぞれ。一度出産経験のある人でも2回目の出産はまた違うものだったという話もよく聞きます。 ただ、陣痛を経て出産をする方に共通して覚えていてほしい大事なことがあるので、今回はそれをお伝えします。

子育てコラム

待ちに待った出産、ドキドキもするし不安もいっぱいですよね。

出産の前触れや出産にかかる時間などは人それぞれ。一度出産経験のある人でも2回目の出産はまた違うものだったという話もよく聞きます。

ただ、陣痛を経て出産をする方に共通して覚えていてほしい大事なことがあるので、今回はそれをお伝えします。

 

ゆっくり息を吐くことを習慣づける
出産_2

出産前から意識して行うといいのは呼吸です。呼吸といっても、主に吐くことが重要です。

陣痛がくるとどうしても気持ちが高ぶり、呼吸が荒くなったり息を止めてしまったりしますが、それでは赤ちゃんにうまく酸素がいかなくなってしまいます。

また、長い陣痛では少しでも平常心を保つことが必要になります。息を深く吐き気持ちを落ち着かせましょう。

 

呼吸の方法は、10秒を1呼吸とすると、7秒かけてゆっくり少しずつ息を吐き出し残りの3秒で息を吸います。

口はすぼめていて構いません。息を吸うときは、特に3秒を意識しなくてもゆっくり吐いた後なので短い時間で思いっきり吸う程度で大丈夫です。

 

大切なのは、ゆっくり息を吐き出すこと。

これを繰り返すと、だんだん気持ちが落ち着いてきます。

できれば横になって行いましょう。息を吐きながら、風船の空気を抜くような意識で体の力を少しずつ抜いていきます。

呼吸を繰り返すごとに全身の力を抜いて心身ともにリラックスしましょう(これをヨガの用語で”シムスのポーズ”と言います)。

時間は決まっていませんが、5分くらいを目安にするとよいでしょう。

 

ゆっくり息を吐くことを習慣づけることで、いざ陣痛がきた時にも落ち着くことができます。

 

意外と大変な“いきみ逃し”

 陣痛が本格的になると、陣痛と陣痛の間隔が短くなり痛みも増してきます。

痛いのでいきむ、つまり赤ちゃんを押し出したくなるのですが、子宮口が完全に開くまではいきんではいけません。子宮を傷つけたり、赤ちゃんが出にくくなってしまうからです。

 

この、いきみを逃すこと(いきみ逃し)が意外と難関です。

子宮口が10cm開くと完全に開いたことになり分娩台に移るのですが、私の場合は9cmからが長かったです。早く分娩台に連れていってと叫んでいました(笑)。

 

この”いきみ逃し”が大変という人は多くて、気分をそらすために色々なことをします。よく聞くのが、腰をテニスボールで強く押し当てるということ。人によっては全く効かなかった、ということもありますが、私には効果的で陣痛が強くなるたびにテニスボールを探していました。

あとは棒などを強く握ることで辛さを軽減していました。

 

子宮口が完全に開き、いきんで良いと言われてからは、陣痛の波に合わせて踏ん張ればいいので私はそんなに大変ではありませんでした。

なんとか”いきみ逃し”を乗り切れば、赤ちゃんの顔を見られるのはもうすぐそこですよ!

  

案ずるより産むがやすし

こう読んでみるとなんだか怖い気がしてしまいます。

実際私も、出産前は怖いという気持ちが強くてずっと心配をしていました。

しかし陣痛がくれば怖いとか痛いという気持ちよりも早く赤ちゃんを外に出してあげたい、早く会いたいという気持ちしかなくなります。

 

案ずるより産むがやすし、とはよく言ったものです。

とにかく呼吸を楽にし、強く深く吐くことを心がけて出産に臨みましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子育てコラム③】これから出産を経験する方に覚えておいてほし...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。