大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • プログラミングが小学生も必修化に!自宅で楽しく学べるプログラ...

プログラミングが小学生も必修化に!自宅で楽しく学べるプログラミングソフトを紹介

子供,プログラミング,

2020年から小中学校でプログラミング教育が順次必修化となります。それに合わせてプログラミング教室、ロボット教室が増加し人気も高まっています。教室に通うほどではないが自宅で体験したり慣れたりしたいと考えている人もいるでしょう。

プログラミングには様々なソフトがあり無料で使えて初心者でも楽しめるものがあります。必修化に伴う背景と共に、自宅でプログラミングを体感できるソフトをご紹介します。

1. プログラミング必修化の背景と内容とは

文部科学省によると「子供たちに、コンピューターに意図した処理を行うように指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、 時代を超えて普遍的に求められる力としての『プログラミング的思考』などを育成するもの」としてプログラミング教育を導入することが決まったとされています。

小学校の指導要領では、国語、社会、算数などの各教科でコンピューターの基本的スキルを身につけることを目標としています。中学校では、技術、家庭科の「情報とコンピューター」という授業でインターネットを活用する基礎や情報モラルについて学びます。

 

小学校のプログラミング教育について、勘違いされやすい点がいくつかあります。

1つは、「プログラミング」という新しい教科ができるわけではないということ。

教科ではないので、教科書もなければ試験もありません。既にある教科の中で実施されるので、どのくらいの時間プログラミングを扱うかは、各学校の判断で異なってきます。

 

2つ目は、毎回パソコンやタブレットを使って勉強するわけではないということです。

もちろん使用した授業もありますが、「アンプラグド」と呼ばれる専用ツールを使ったり、紙と鉛筆を使ったり体を動かしたりして「プログラミング的思考」を学んだりなどICT機器を使わなくてもプログラミング教育は可能となっています。

プログラミングと聞くと難しいプログラミング言語を覚えてプログラマーの育成につなげるというイメージがあるかもしれませんが、小学校では、触れる・体感することに重点を置き、まずは慣れる為の授業とする傾向にあります。

2. 初心者におすすめのプログラミングサイト

プログラミング言語を全く知らなくても、視覚的・直感的にプログラミングを体験できるサイトがいくつかあります。小学生でも楽しめて自宅で学べるサイトをご紹介します。

 (1) scratch

アメリカのマサチューセッツ工科大学で生まれたプログラミング入門サイトで、現在は40を超える言語、世界150ヶ国以上で使用されています。もちろん日本語にも対応し、ひらがな表示を選ぶことが出来るのでお子さんでも使うことが出来ます。

日本語で書かれたブロックを組み合わせてキャラクターの動きを変えることが出来ます。操作性が分かりやすく色使いもカラフルなので、子どもでも飽きずに遊びながらプログラミングを体感することができます。

NHK Eテレの「Why!?プログラミング」という子ども向けプログラミング番組でも、Scratchを使用しています。

https://scratch.mit.edu/

 (2) プログラミン

文部科学省が開発した子供向けのビジュアルプログラミング言語です。画面上の絵を動かしたり音を鳴らしたりすることが出来ます。

自分で描いた絵を動かす、ということも出来ます。お手本がいくつか用意されているので、最初はそれを動かすだけでも十分楽しく学べます。

http://www.mext.go.jp/programin/

 (3) VISCUIT(ビスケット)

NTTコミュニケーション科学基礎研究所で開発された子ども向けプログラミング言語です。絵の変化(動き)の仕方を「メガネ」という仕組みを使ってコンピュータに教えてプログラムを作成します。

絵を描くだけで簡単にプログラムを作り実行できます。前述した2つのブロック型と異なり、「コンピューターってこういうものなんだ」と直感的に知ることが出来ます。ペイントツールを使って絵を描くという自由度から、子どもの想像力をかきたてる仕組みとなっています。

教育実践の場だけではなく、博物館や美術館などの公共施設、病院、介護施設などのケアの場でも利用されています。

http://www.viscuit.com/

 (4) MOONBlock

こちらもブロックを組み合わせて並べるだけの動作で直感的に楽しくプログラミング体験が出来ます。

文字も少なくクマなどのパペットを動かすなど、どんなゲームを作ればいいのかアイデアが浮かばないという人も、サンプルが多く投稿されているので、まずは真似をすることでゲーム作りの面白さを学ぶことが出来ます。

また、ステップアップしたくなった際にJavaScriptのコードを見て学ぶことが出来ます。ゲームを作ったらそのコードがどうなっているのか確認するくせをつけると、プログラミングに必要な思考力が身につきます。

http://moonblock.jp/

 

サイトを見ることは出来ても、どのように進めて学んでいけばよいのかは分かりづらいと思います。また、基本的な使い方が分からないということもあるかもしれません。

今は小学生向けの書籍がたくさん出版されているので、参考にするとよいでしょう。Scratch関連の書籍を以下に挙げます。

・小学生からはじめるわくわくプログラミング(日経BP刊)

・はじめてのプログラミング(学研プラス刊)

・できるキッズ 子どもと学ぶScratchプログラミング入門(インプレス刊)

 

 

私の息子は、学童で「プログラミングでドローンを飛ばす」という体験授業を行ってから、プログラミングに興味を持つようになりました。小学生向けのプログラミングの本を購入し、アカウント作成と簡単な操作を学ぶとすっかりはまってしまい「早く色々なゲームを作ってみたい」と意気込んでいます。

本を買う際は、一緒に書店に行くと良いと思います。大人がいいと思う本でも本人が好きではないこともありますし、子供本人が本を見て「このゲームを作ってみたい」「こんなことをやってみたい」と思えるものの方がモチベーションも上がります。

 

パソコンを使用するということが大人の仲間入りをする感じがして楽しく、嬉しいようです。最初は大人もどう進めればいいのか難しい部分もありますが、子ども向けの本であれば一緒に進めていくことが出来ると思います。もし子どもが興味を示すなら、一度書店で関連書籍を見るところから始めてはいかがでしょうか。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • プログラミングが小学生も必修化に!自宅で楽しく学べるプログラ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。