大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子育てコラム19】ペットと子どもは共存できるのか?
2015年03月16日更新

【子育てコラム19】ペットと子どもは共存できるのか?

子どもがいると衛生面などからペットを飼うのはやめた方がよいのではないか、という話をよく聞きます。 我が家では、出産する前から犬を飼っていました。猫など他のペットについてはまた違う面もあるかもしれませんが、共存の実情についてお話したいと思います。 ペットを飼っていて赤ちゃんを迎える予定の人は、手放すことよりもどうやったら一緒に暮らしていけるのかを第一に考えてくださいね。

子育てコラム

 

子どもがいると衛生面などからペットを飼うのはやめた方がよいのではないか、という話をよく聞きます。

我が家では、出産する前から犬を飼っていました。猫など他のペットについてはまた違う面もあるかもしれませんが、共存の実情についてお話したいと思います。

ペットと犬
(Photo:creative1the) 

 
ペットも家族の一員

犬を飼う前に、将来子どもができた時のことを考えて、飼うのはやめた方がよいのではないか、という家族の意見もありました。

実際に家で飼い始めると、反対していた家族もペットを家族の一員のように扱ってくれました。

その後妊娠、出産がありました。これは犬にとっても大きな変化です。

今まで自分が主役で可愛がってもらっていたのに、それを脅かす存在が登場するからです。

 

私が出産の入院を終え帰ってきた日は、1日中犬が吠えていました。

これが毎日続くのかと思うと、正直不安でした。

しかし、私も含め家族全員で、子どもの世話だけではなく犬にも同じように関心を持ち話しかけ続けました。

すると、いつしか吠えなくなりました。

ここでないがしろにしていたら、犬が子どもに敵対心を抱いたかもしれません。

犬も家族の一員という気持ちで接したからこそ、犬も安心したのだと思います。

 

 

心配していた衛生面

一番不安だった衛生面は、犬が届かない高さのハイローチェアを使用したり、犬が入ってはいけない部屋を分けたことで問題はありませんでした。

いくら犬が家族の一員とはいえ、人間とペットは違うという境界線をきっちりと引いておく必要があります。

 

甘えさせて好き放題にさせておくことは、赤ちゃんがいない場合でも良いことではありません。

人間のご飯を一緒に食べたり、所構わず舐めさせたりという癖がついていると、赤ちゃんにも同じことをしてしまう可能性があるので気を付けましょう。

 

犬の毛や排泄物などはこまめに掃除をすることで、赤ちゃんにもなんら問題はありません。

赤ちゃんのいる環境では、みなさん清潔を心がけると思いますが、ペットがいるならより清潔にすることを心がけましょう。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子育てコラム19】ペットと子どもは共存できるのか?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。