大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子育てコラム22】安産力UP!マタニティヨガがおすすめな理...
2015年04月06日更新

【子育てコラム22】安産力UP!マタニティヨガがおすすめな理由

心身をともにリフレッシュさせてくれるヨガ。 私も出産前に毎日行っていたのが妊婦のための”マタニティヨガ”。 普通のヨガとはどう違うのでしょうか。 マタニティヨガは大きくわけて4種類 マタニティヨガの動きは数多くありますが、目的別に大きく分けて4種類あります。 無理なく行えるマタニティヨガは出産を控えた方におすすめです。

無理をせず体調に合わせて楽しんで

 

本格的にマタニティヨガを行うのは、妊娠15週以降・産後は1ヶ月過ぎになります(帝王切開の場合はさらに期間が必要なことが多いので医師に確認しましょう)。

その時の体調を優先し、無理のない範囲で行いましょう。また、担当医師にもヨガを行ってもよい状態なのかを確認しましょう。

 

マタニティヨガのポーズは数多くありますが、全てをまんべんなく行う必要はありません。

その時期ごとに自分に必要なもの・できそうな動きを選んで行えば十分です。

また、お腹の張りがある時や気分が優れないなどの時はもちろん無理をせずにお休みしましょう。

あまりたくさん行って疲れてしまっては本末転倒です。長くても1時間程度にして、翌日は違う動きを取り入れるなど変化をつけると楽しく続けられますよ。

 

今はマタニティヨガの本がたくさん出版されていて、多くのものがDVD付きとなっています。

映像を見ながら行なうと、本では分かりづらい動きや、どのくらいの速さで行えばいいかなども分かりやすいのでおすすめです。

 

私も安定期に入った頃からマタニティヨガを行っていました。

1日3~4ポーズにしていましたが「今日は何のポーズにしようかな」と考えるのも楽しかったですし、”シムスのポーズ”は陣痛の時に気持ちを落ち着かせる練習になりました。

なによりも毎日ヨガを行い自分の身体と向き合うことで、出産に向けて心の準備ができたと思います。

無理なく行えるマタニティヨガは出産を控えた方におすすめです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 【子育てコラム22】安産力UP!マタニティヨガがおすすめな理...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。