大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 子供のために知っておきたい夏に流行する病気と対処法
2015年08月11日更新

子供のために知っておきたい夏に流行する病気と対処法

病気が流行るというと冬のインフルエンザやノロウィルスというイメージが強いですが、実は夏にも流行する病気が色々あります。予防はもちろんのこと、症状や対処法も事前に知っておきましょう。楽しい夏休みを、病気にかかることなく健康に過ごせるよう日頃から気を付けましょう。
子供夏病気
Photo:Philippe Put

病気が流行るというと冬のインフルエンザやノロウィルスというイメージが強いですが、実は夏にも流行する病気が色々あります。予防はもちろんのこと、症状や対処法も事前に知っておきましょう。

 

ヘルパンギーナと手足口病

夏に流行りやすい2大病気といえば、ヘルパンギーナと手足口病。

実は両方とも、エンテロウィルスという同じウィルスが原因で、発症時期は5月から8月と正に夏の病気です。

同じウィルスだけに症状もよく似ていますが、手足口病は熱が出ないことが多く、手足に水痘・口に口内炎などができます。あまりひどい時は、足にできた水痘で歩く時にも痛むほどです。

ヘルパンギーナは、高熱が2日ほど続いた後のどなどに水痘ができます。

どちらも口の中が痛くて飲食が困難になるので、アイスやゼリーなどしみないものを食べさせましょう。脱水症状を防ぐため、水分もしっかりと取ります。ウィルスが体外に出ていけば症状はおさまります(大体5日程度)。感染の予防にはしっかりと手洗いを行いましょう。

 

プールで感染する咽頭結膜熱

咽頭結膜熱は、通称「プール熱」とも呼ばれていて7月から9月にかけて発症しやすくなります。これは感染力が非常に強いアデノウィルスが原因で、流行性結膜炎も引き起こします。のどや目に炎症が起きたり結膜が充血したりします。

プールの水から感染することが多くあるので、プールから出た後は目や体をよく洗い、タオルの貸し借りなどは絶対に行わないようにしましょう。これらの病気は、子どもだけでなく大人に移ることももちろんあり、その場合は症状がさらに重くなる場合があります。

一度かかってしまうと、特に治療法がないので、とにかく予防することが肝心です。

第一に、うがい・手洗いをしっかり行うこと。また、免疫力が弱まるとウィルスが侵入しやすくなりますので、夏バテにならないような食生活を心がけることも大切です。ビタミンやミネラルをしっかり採るように心がけましょう。免疫があれば、もし感染した場合でも症状が軽くてすむことがあります。日々の規則正しい生活と食事は大切です。

 

楽しい夏休みを、病気にかかることなく健康に過ごせるよう日頃から気を付けましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 子供のために知っておきたい夏に流行する病気と対処法
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。