大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 産後太りしないために気をつけたいこと。

産後太りしないために気をつけたいこと。

出産を終えて育児に少し慣れてくると、出産に備えて丸くなった体が気になってしまうママは多いと思います。産後ダイエットはどんなことをすればいいのか、何に気を付ければよいのか、ご紹介します。ストレスをためず健康に動くことが体にも一番いいですよね。産後のダイエットは無理せず行いましょう。

産後ダイエット

出産を終えて育児に少し慣れてくると、出産に備えて丸くなった体が気になってしまうママは多いと思います。産後ダイエットはどんなことをすればいいのか、何に気を付ければよいのか、ご紹介します。

 

“無理なく、ゆっくり”が基本

食事やカロリー制限をすると体重は減りますが、逆に将来太りやすい体を作ってしまう危険性があります。母乳をあげている場合は、栄養が足りないことが母子ともに悪影響を及ぼすでしょう。食事はしっかりととって、無理をせず焦らず行うことが基本です。

最初は軽い筋トレやストレッチを始め、様子を見ながら徐々に動きを増やしていきます。始める時期は早くても産後1ヶ月、帝王切開を行っていたり体調が悪かったりする場合は2ヶ月以降など、人によっても時期が異なります。必ず担当医師に相談してから始めましょう。

 

食事療法と骨盤の引き締め方

食事制限はしてはいけませんが、食事に気をつかうことは大切です。3食しっかりとバランスのとれた食事を食べるように意識しましょう。野菜や果物・乳製品・炭水化物などを積極的に摂取します。ダイエットだからといって炭水化物を控えたり抜いたりすることは禁物です。甘いものなどは取りすぎに注意ですが、産後の疲れをとったりストレス解消になったりするのでセーブしながらなら食べても大丈夫ですよ。

 

また、ダイエットというと体についたお肉ばかり意識しがちですが、産後は骨盤が開いていて徐々に戻る時期になります。骨盤が早い内に正常な状態に戻すことで、骨盤周りの筋肉の低下やゆがみを防ぐことができます。早い時期に骨盤ベルトを使用すると効果的です。さらにマタニティヨガでは産後に行うポーズも数多くあるので、ほどよく体を動かしながら骨盤を戻すという意味で一番おすすめです。ヨガについても、産後1ヶ月もしくは2ヶ月を過ぎてから体の状態をみて進めていきましょう。

 

母乳をあげているから痩せる、と言われますが実際には母乳だけで痩せたという話はあまり聞きません。私自身、母乳をあげている間もその後も体重はまったく戻りませんでした。産後の体を作るのは、やはり適度な運動が一番です。

育児をしながら運動するのは大変な気がしますが、子どもを連れてたくさんお散歩をしたり、赤ちゃんをあやしながらスクワットなどの運動を少し取り入れるなどのちょっとしたことで十分です。ストレスをためず健康に動くことが体にも一番いいですよね。産後のダイエットは無理せず行いましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 産後太りしないために気をつけたいこと。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。