大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 子どもの日に教えたい「こいのぼり」の意味

子どもの日に教えたい「こいのぼり」の意味

5月5日は子どもの日。日本の伝統行事をきちんと継承して後の世代にも伝えていきたいですよね。しかし、意味や理由を知らずに何となく行っているという方も多いのではないのでしょうか。伝える時には意味も理解して教えたいですよね。

こいのぼり_こどもの日

5月5日は子どもの日。日本の伝統行事をきちんと継承して後の世代にも伝えていきたいですよね。しかし、意味や理由を知らずに何となく行っているという方も多いのではないのでしょうか。伝える時には意味も理解して教えたいですよね。

 

こいのぼりを飾る意味

こいのぼりは、江戸時代に始まった風習です。武士の家庭では、男の子が産まれると家紋のついた幟(のぼり)を玄関に立てて祝っていました。それを町民が真似して、幟の代わりにこいのぼりを立てるようになったと言われています。

なぜ鯉なのかというと、鯉が滝の急流を登り切って竜になったという中国の故事から、「どんな環境でもたくましく立派に育つように」という願いを込めたものです。他の魚ではだめなのですね。

こいのぼりを飾ることで「我が家に男の子が産まれました。神様、守ってください」とお祈りするようになったことが始まりです。

 

こいのぼりにお母さんはいない?

有名な「こいのぼり」の歌に、「大きい真鯉はお父さん 小さい緋鯉は子どもたち」という歌詞がありますよね。なぜお母さんは登場しないのでしょうか?

始めは黒い真鯉1匹の飾りだったといいます。明治から昭和初期にかけて、赤い緋鯉との2匹が飾られるようになりました。その後、家族をイメージして3匹目の子鯉も飾られるようになり(当初は青い鯉が多かったようです)数や色が増えたセットが登場するようになります。

こいのぼりの歌が作られたのは昭和6年。2匹セットが飾られていた時代でした。当時は家長であるお父さんと、主役の子どもだけが歌に登場するためにお母さんがいないのですね。

こいのぼりが3匹以上になってからは黒い真鯉がお父さん、赤い緋鯉がお母さん、それ以外の多色のものが子どもという認識が一般的になっています。

 

吹き流しの意味は?

こいのぼりの上のひらひらしたものを「吹き流し」と言い、もちろんこれにも意味があります。

吹き流しは5色で作られていますが、中国の五行説では「すべての物は5つの要素(木・火・金・土・水)から成り立っており、それぞれが影響を与え合うことで全ての要素から守られる」と言われており、そこから五色(ごしき)は魔除けの意味があるとされています。意味を知らずに3色の吹き流しを作ってしまったら、本来の意味がなくなってしまうということですね。

 

毎年の行事だからとなにげなく行っていたことも、意味を知ると深みが出ますよね。子どもに伝えていく時にはその意味までもしっかり教えてあげたいですよね。

実は、息子から「なんで、こいのぼりの歌にはおかあさんが出てこないの?」と聞かれ、答えられなかったことで今回調べてみました。もっと日本の伝統行事について自分も学んでいきたいと考えさせられました。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 子どもの日に教えたい「こいのぼり」の意味
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。