大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 毎日読んであげよう!絵本の読み聞かせが子どもに与える影響

毎日読んであげよう!絵本の読み聞かせが子どもに与える影響

あなたは、お子さんに絵本の読み聞かせをしていますか? 働くママは「毎日忙しくて、そんな時間はないわ!」と思うかもしれませんね。 しかし、普段お子さんとゆっくり接する時間が少ない働くママにこそ、絵本の読み聞かせをおすすめしたいのです。 絵本の読み聞かせは、子どもに対してたくさんの良い影響をもたらしてくれるからです。 今回は、絵本の読み聞かせが子どもに与えてくれるメリットについてご紹介します。

45930900_s

あなたは、お子さんに絵本の読み聞かせをしていますか?

働くママは「毎日忙しくて、そんな時間はないわ!」と思うかもしれませんね。

しかし、普段お子さんとゆっくり接する時間が少ない働くママにこそ、絵本の読み聞かせをおすすめしたいのです。

絵本の読み聞かせは、子どもに対してたくさんの良い影響をもたらしてくれるからです。

今回は、絵本の読み聞かせが子どもに与えてくれるメリットについてご紹介します。

想像力や知的好奇心、表現力が育まれる

 絵本を読んでもらいながら、子どもたちは「次のページではどんなことが起こるかな」「このとき、主人公はどんな気持ちでいるのだろう」と、わくわくどきどきしながら、さまざまな思いをめぐらせています。

この積み重ねが、子どものイメージ力や想像力を育んでくれるのです。

また、絵本を読んでもらうことで、まだ自分の知らない世界や物事に対して「これは一体何だろう」「これはどういう意味だろう」という知的好奇心が生まれます。

また、絵本で使われている言葉や、イラストの表情やポーズなどを真似ることで、子ども自身が自分の気持ちを伝えるときに必要な表現力を身につけることもできます。

社会常識や優しさ、思いやりの気持ちを学ぶことができる

絵本という世界を通して、子どもは社会勉強をします。

「こういうことをすると周りの人が困る」「お友達と楽しく遊ぶためには、約束や順番を守らなくてはいけない」などの社会的なマナーや 挨拶の仕方や、トイレの使い方、四季の行事などについての常識を、絵本を通じて子どもに学ばせることができます。

また、絵本は「お友達が悲しい思いをするような意地悪な言葉は使わない」「困っている人がいたら、助けてあげたい」など、誰かのことを思いやる気持ちや優しい心、善悪を判断する道徳心を育てるお手伝いをしてくれます。

絵本を読みながら「○○ちゃんはどう思う?」などと子どもと会話していくことによって、子どもは自分の頭と心を働かせて常識やマナー、道徳心を身につけていくことができます。

そして、幼い頃に知らず知らずに育まれた常識やマナー・道徳心は、やがて子ども自身の社会適応力につながっていくのです。

 

32000491_s

絵本の読み聞かせは学力の基礎となる

親が子どもに絵本を読み聞かせてあげると、子どもはお話を最後までしっかりと聞く集中力を身につけるとも言われています。

この集中力は、人の話をよく聞ける能力でもありますので、幼稚園や小学校での先生からのお話も注意深く聞き、行動できる子どもになるのです。

また、親がさまざまな種類の絵本を読み聞かせることで、子どもは多種多様な語彙に触れることができます。

語彙力がある子どもは、自然と国語力や読解力が伸びていくのです。

読解力は、国語だけでなく数学や科学などの問題を解くための基礎にもなるものですから、絵本を読むことが、子どもの全体的な学力を伸ばす可能性を高めるとも言えるでしょう。

子の「読解力」は成長してからつけようと思っても、そう簡単に身に付けられるものではありません。

幼い頃から、親が絵本を読み聞かせ、子どもがその内容をイメージしたり、理解したりすることを繰り返し行うことが「読んで、理解する力」を育てるのです。

 

子どもの未来のためにも読み聞かせをしよう

最近は共働き家庭も増え、子どもは保育園や学童から帰ると急いで食事をとり、お風呂に入って、ろくに親子のコミュニケーションも取らないまま、慌しく就寝するというケースも多いようですね。

「甘えたい盛りの子どもに寂しい思いをさせているのではないか」と心配しているママは是非、寝かしつけ前の20分か30分間、子どもと寄り添ってスキンシップしながら絵本を数冊、読み聞かせてあげましょう。

このたった20~30分の絵本を通じた親子の触れ合いが、子どもの自己肯定感を高め、EQ(情動)の発達につながるからです。

EQとは「心の知能指数」「感情調整能力」とも言われており、社会的に成功したり、人間関係を円滑にしたりするのに必要不可欠なものです。

慌しい毎日の生活の中で、たった数十分だけだったとしても「親が自分のために優しく本を読んでくれた」ということで、子どもはしっかり親の愛情を感じ、自己肯定感を高めることもできるはずです。

EQも自己肯定感も、子どもたちが幸せな人生を歩むためにはとても大切なものと言われています。

忙しいママにこそ、絵本の読み聞かせをおすすめします。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 子育て
  • 毎日読んであげよう!絵本の読み聞かせが子どもに与える影響
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。