大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • パパいつもありがとう!父の日にこんな贈り物はいかが?
2016年06月02日更新

パパいつもありがとう!父の日にこんな贈り物はいかが?

33655883_s

 

毎年5月の“母の日”は世間的にも認知度が高く盛り上がるイメージがありますが、対する父の日は比較すると盛り上がりに欠ける気がします。小さい子どものいる家庭の父の日事情はどうなっているのでしょうか。

 

意外と知らない!?父の日のこと

意外と正確に知らない人が多いですが、「父の日」は6月の第3日曜です。

母の日は5月の第2日曜ですよね。また、シンボルとなっている花は、母の日はカーネーションですが、父の日は白いバラとなっています。

両日共にアメリカで始まった習慣ですが、母の日の方が父の日よりも数年早く始まっています。男手1つで6人の子どもを育てたものの早くに亡くなった父を称えるために、その子どもが、「母の日があるのなら父の日もつくってほしい」と教会に申し出たことが始まりです。母の日を参考にして定められているのですね。

 

子どもからパパへ 手作りプレゼント 

幼児がプレゼントできるものとなると手作りのものになると思います。単純に似顔絵でも、パパの顔を描くという機会はあまりないと思うので、喜んでもらえると思いますよ!

他にもこんな物はいかがでしょうか?

 

★手作りネクタイ

紙や布で作ったネクタイにリボンなどをつけて実際に首にかけられるようにした“手作りネクタイ”。実際に子どもから首にかけてあげれば、パパも大喜び間違いないですね。

さらに、カードをYシャツの形に折った“シャツカード”も、ただの手紙として贈るよりも父の日らしさが増して喜んでもらえるでしょう。シャツカードには、紙で作ったネクタイを添えるとさらにいいですね。

 

シャツカードの作り方はこちらをご参考にどうぞ

http://www.interiordesignbox.com/?p=8091

 

★手形足形を活用

字や絵だけのカードではなく、子どもの手形や足形などを添えたカードにすると、後に見た時に成長を感じることができて思い出深いプレゼントになるでしょう。足形をパパの顔に見立てて似顔絵にする、というアイデアもありました。

布用インクなどを使用して、手形足形をスタンプしたオリジナルTシャツを作るのもいいですね。

 

★料理をしてあげる

ママと協力して、料理を作ってあげるというケースも多いようです。意外だったのは、手作りクッキーを作るという子が多いということ。親子で楽しく作れますし、頑張れば似顔絵クッキーなどにもできるというアレンジ力の高さが魅力なのかもしれません。パパの好きなメニューを作り、子どももできるところはお手伝いする、というのも喜んでもらえそうですね。

 

最近は、シングルマザーが増えていることを考慮して父の日は大々的に行わないという風潮もあります。逆に、私の園では母の日のイベントはありませんが父の日は土曜日に参観を行っています。

大々的にしないとしても、パパがいる家庭では是非親子で協力して父の日をお祝いしてあげたいですね。普段お仕事で家にいなくて存在感が薄れてしまいがちですが、こういう日がパパの育児参加へのきっかけになるというケースもあるかもしれませんよ!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • パパいつもありがとう!父の日にこんな贈り物はいかが?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。