大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 働くママは知っておきたい!新しい“待機児童策”

働くママは知っておきたい!新しい“待機児童策”

働くママ 待機児童

待機児童問題が深刻化しており、働くママや働きたいママにとっては対策が気になるところです。

認可保育所が増えるのが一番ですが、さまざまな弊害もありただ増やすというわけにもいかない現実があります。そんな中、待機児童問題の対策としてサービスが多様化しています。どんなサービスがありそれぞれどう違うのか、知っておきましょう。

 

東京都では「認可保育所」と「認証保育所」がある

“認可保育所”とは国が職員や施設面積などの基準を定め、それらを満たしていると認可を受けて都道府県が設置することのできる保育所です。保育料が比較的安いことが魅力ですが、フルタイムの正社員ではないと入るのが難しかったり、土地や保育士を確保することが必要で増設が難しかったりするという一面があります。

それに対して東京都では、都の独自基準で設置できる“認証保育所”という制度を利用しています。認可保育所と比べると、職員の保育士率が少ない、園庭がない施設が多い、利用料が高いなどのデメリットがあります。しかし開所時間が認可より長かったり、認可保育所にはない施設もある0歳児クラスがすべてにあるなどのメリットもあります。

実際には認可保育所に入れなかったママが利用するケースが多いようですが、認可が入れないから働けないという現実を一時的にでも打破してくれるという点は嬉しいですね。

 

小規模な保育サービスで働くママをサポート

ここ1~2年で国が普及を進めているサービスに、マンションの一室などを利用する「小規模保育」や、個人宅で預かる「家庭的保育」などがあります。利用は原則0~2歳と定められていますが、認可などでも人気倍率の高い時期にこの様な預け先があるということは助かりますね。認可保育所に比べて開園までの準備期間が少なく済むということで、今後増加が期待されています。マンションや自宅での保育となるので当然園庭などはありませんが、安全に遊べる公園が近くにある立地を選んで開園すればまだ幼い時期の保育にはさほど問題とはならないでしょう。

 

ベビーシッターの需要が増加している

金額の負担はかなり増えますが、ベビーシッターの需要も近年増加しています。保育園では対応できない早朝や夜の時間帯であったり、病児保育の対応が柔軟であったりということが人気の理由となっています。

自宅に来てもらうという不安もあるかもしれませんが、個人と契約するのではなく専門企業が仲介しているところに登録すれば、安心して利用できると思います。身内にも頼れずどうしても子どもを見てほしいという時に、こういったサービスに登録しておけば臨機応変に対応ができるでしょう。

 

 実際、私の母がシッター業に登録して1年ほどになります。自宅に出向き子どもの面倒を見るだけではなく、依頼者の希望によっては保育園や習い事の送り迎えや、食事を作ることもあるそうです。

逆に「食事は自分で作りたい」というママのお宅では、温めて子どもに提供するだけということもあるそうです。インフルエンザが流行した時期には需要が増加しとても忙しかったそうです。

待機児童のない世が一番望ましいかもしれませんが、現実としてすぐにそうなるのは難しいでしょう。働き方やライフスタイルに合わせたさまざまなサービスをうまく活用することで、働くことを諦めず輝けるママが増えてほしいと思います。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 働くママは知っておきたい!新しい“待機児童策”
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。