大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 増加する乳幼児向けアプリのおススメと注意点
2016年09月08日更新

増加する乳幼児向けアプリのおススメと注意点

子供スマホアプリ

スマホやタブレットの普及と共に乳幼児向けのアプリが増えています。どんなアプリが人気なのでしょうか。また、どんなこと

を注意して使えばいいのでしょうか。

 

乳児にはあやすアプリが人気

赤ちゃんがいるママには、なかなか泣き止んでくれない、寝てくれないなどの悩みがあると思います。そんな悩みを今はアプリが解決してくれるのです。様々な種類があるので、効果がないと思っても違うものを試してみることもできますね。自分のお子さんに合ったアプリを探してみましょう。

 

・赤ちゃんが泣き止む“オトサプリ”

icon_256

赤ちゃんを泣き止ませることができるアプリです。音の種類が多数あるので、状況などに応じて選択することができます。泣いている時、寝かせたい時など、その時に必要な音を選んで聞かせてみましょう。

アプリのの詳細はこちらから:赤ちゃんが眠る泣き止む音楽療法 ~オトサプリ~

 

 

・赤ちゃんの子守唄

3e1787755f952b9f4561aef2030b4d03

 

赤ちゃんが泣いた時にアプリを作動するのではなく、泣いたり叫んだりしたときの声を感知して自動的に音楽を再生してくれるアプリです。手が離せない時などに便利ですね。

アプリのの詳細はこちらから:赤ちゃんの子守唄

 

 

・たまひよの泣きやませ【泣きピタ!】

d3068026a7c33cd69a686bf2adf0fee8

雑誌などでもおなじみの「たまひよ」が、泣き止む音を研究し収録しました。オリジナルサウンドが16種類あるので色々試せます。さらに、やっぱりパパやママの声が落ち着くという赤ちゃんのために、録音できる機能も搭載。

アプリのの詳細はこちらから:たまひよの泣きやませ【泣きピタ!】

 

 

ゲームアプリは公共の場で活躍

電車などの交通機関や大きな声を出せない公共の場などでは、ゲームアプリが役立ちます。家事の間も、包丁や火を使う際には集中してくれることで静かにしてもらえますね。1~2歳の小さい子でも遊べるアプリが色々あります。さらに、遊ぶことで知育にもなるという嬉しい効果があるものも。

 

・“いないいないばあ”をアプリゲームで

icon240x240

大抵の赤ちゃんが大好きないないいないばあを、動物のキャラクターで楽しめるアプリです。操作もタッチするだけと簡単で、赤ちゃんが楽しんで遊んでくれること間違いなし。

アプリのの詳細はこちらから:さわってあそぼ!いないいないばあ

 

 

・やりたいことをできる知育アプリ、“おみずじゃぶじゃぶ”

スクリーンショット 2016-09-07 17.33.08

子どもが遊びたがるけど、なかなかリアルにはできない水遊びを楽しめるアプリです。絵の具やお風呂、スープ作りなどなんでもじゃぶじゃぶ。見ていて大人も癒されます。

アプリのの詳細はこちらから:おみずじゃぶじゃぶ 子供向けの無料知育アプリ

 

 

・簡単で楽しい、コロコロン

スクリーンショット 2016-09-07 17.36.38

ボールを引っ張るだけの簡単操作ながら、モンスターなども出てきて楽しめる知育アプリです。ステージも26あるので、子どもがはまって夢中になると静かに遊んでくれそうですね。

アプリのの詳細はこちらから:コロコロン 子供向けの無料知育アプリ

 

使い方には要注意

ついつい便利で使ってしまう乳幼児向けアプリですが、視力への悪影響やゲーム依存などにつながる心配もあります。使う時には下記に注意しましょう。

・時間や回数のルールを決める

・子どもだけでずっと遊ばせない

・親子で一緒に操作するなどコミュニケーションをとる

・時間や環境に余裕がある時はスマホに頼らない

・選ぶアプリは、お絵描きなどの親子で作り上げるアプリにするとさらによい

 

子どもが泣くのには理由があります。すぐにスマホに頼るのではなく声をかけたり抱っこをするなどして、まずはコミュニケーションを取るようにします。どうしようもない時や場所などに応じて、上記のルールを踏まえた上で上手にアプリを活用しましょう。

スマホに子守をさせるのではなく、知育アプリなどは一緒に楽しむことで子どもも楽しく勉強することができます。ルールを守ることは3~4歳になれば繰り返しの中で守れるようになるので、成長して実際にスマホを子どもが持つ時にも役立つでしょう。

悪影響もありますが便利でもあるスマホアプリ。偏った使い方にならないよう、けじめをつけて上手に利用したいですね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 増加する乳幼児向けアプリのおススメと注意点
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。