大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 赤ちゃんと一緒の「子連れ外出」で準備しておくべきこと

赤ちゃんと一緒の「子連れ外出」で準備しておくべきこと

赤ちゃん, 子連れ外出, ベビーカー
子連れ外出では忘れ物をしないか、他の人に迷惑を掛けてしまわないかなど心配事も多いでしょう。
あらかじめ、必要な物やおむつ替えや授乳の出来るスペースがわかっていると安心ですよね。
また、子連れ外出をする際のマナーも知っておくと、他の人に不快な思いをさせないかもしれません。
そこで、子連れ外出で準備しておくことをご紹介します。

子連れ外出の必需品とは?

オムツ, ミルク, 哺乳瓶, おしゃぶり

紙おむつやおしりふきなどのおむつ替え用品、授乳用品は必需品

子連れ外出には、紙おむつとおしりふきが必需品です。
外出中はどのタイミングでおむつ替えをするかわからないので、必ず数枚持っていきましょう。
おしりふきは小さいタイプにするとがさばりません。
また、おむつ替えをした時に使用済みおむつを持ち帰ることがあるので、数枚のビニール袋を持っているといいでしょう。

 

母乳で育児していているママは、授乳する際に個別ブースがない場合も想定して、授乳ケープも持ち歩くと安心です。ミルクを飲む場合は粉ミルクと哺乳瓶、お湯の入った水筒も持参しましょう。

お着替えとスタイ

荷物は増えますが、お出かけ時には着替えやスタイも持参しておくのがおすすめです。
食事や、オムツもれなどで思いがけず服を汚したり濡らしたりすることがあるからです。
飲食をする場合にはビニール素材で出来た食事用スタイなどがあると、服を汚しにくいでしょう。

 

よだれが多く出る子供は、予備のスタイもお忘れなく。外出中は興味のあるものが多く、よだれも出やすくなります。
濡れたままのスタイや洋服を着ていると冷えてしまうので、こまめに交換しましょう。

その他、季節で変わりますが暑い時期には保冷シートや帽子、寒い時期にはおくるみやレッグウォーマーなどもあるといいでしょう。

だっこ紐や母子手帳、お気に入りのおもちゃ、おしゃぶり

外出中は子供が眠くなる場合があるので、だっこ紐があると安心でしょう。
移動はベビーカーに乗せていても場所によっては、だっこ紐が必要になることもあります。

 

また、外出中に何があるかわからないため母子手帳などを持っていると安心です。
お気に入りのおもちゃや、おしゃぶりがあれば泣いた時やぐずっている時などに機嫌をとるのにも役に立ちます。

子連れ外出をする際は、ベビースペースの場所を確認しよう!

ショッピングセンターや大型の駅はベビースペースを活用

ベビースペース, 授乳室
数時間の子連れ外出では、おむつ替えや授乳をする必要があるでしょう。
おむつ替えや授乳は他人が見ている場所で行うわけにはいかないので、専用のスペースを活用しましょう。
多くのショッピングセンターには、子供用品売り場と同じ階などにベビースペースを設けられていて、おむつ替えシートや個別授乳ブースなどが用意されています。


新幹線が通っているような大型の駅や高速道路のサービスエリアにもベビースペースは用意されています。

おむつ替えや授乳は計画通りにいかないこともあるので、それらのベビースペースがある場所を事前にいくつか把握してから外出するのがいいでしょう。

ベビースペースはあらかじめインターネットやアプリで詳細を検索しておくと便利

ママ, 子供, スマホ
ベビースペースがある場所を知るためには、インターネットやアプリで検索できます。
お出かけ前には予め専用スペースの詳細を確認しておくのがおすすめです。

 

ショッピングセンターのホームページにはベビースペースについて記載されているので、階数や広さ、給湯器の有無などを見ておくといいでしょう。
外出中にミルクを作る場合は、水筒などにお湯を入れて持ち運ぶ必要がありますが、ミルク用の給湯器などがあるかも事前に確認しておけば、荷物を減らせます。

 

また、子連れ外出をサポートしてくれるアプリでは、位置情報を検索すると近場のベビースペースが出てくる機能もあります。
過去にお店を利用した人が情報提供していて、実際のベビースペースの口コミや写真を見ることも可能です。

子連れ外出のマナーを知ろう!

赤ちゃん, ママ, 子連れ外出

公共交通機関でのマナーとは

電車やバスなどの公共交通機関では、多くの利用者がいるためマナーに注意しなければなりません。
まず、時間に余裕を持って移動するようにしましょう。


ベビーカーを使用している時はエレベーターで移動し、設置されていない場合は駅員さんに声を掛けましょう。

混んでいる電車などに乗る場合は、ベビーカーを畳んで子供は抱っこ紐で抱っこすることも考えておいたほうがいい場合もあります。


子供をベビーカーに乗せたままで電車などにのる場合は、なるべく混雑する時間を避けたり、邪魔にならない場所やベビーカー用スペースを利用するなど、なるべく周りへの配慮も心がけましょう。
ベビーカーの車輪ロックも忘れないようにしてください。

飲食店でのマナーとは

子連れで外食をする場合、離乳食を持ちこむ場合があります。月齢が低い場合は、ミルクを飲むこともあるでしょう。
その際は、ベビーフードを持ち込んで店内で一緒に食べても問題がないか確認します。
あらかじめ、店内で食べていいか電話で確認しておくのもいいでしょう。


離乳食を食べさせていいかわからない場合は、ショッピングセンターのフードコートやベビースペースの飲食ブースを活用しましょう。

 

子供OKのお店であっても、子供が騒いだりすることで周りになるべく迷惑をかけないように配慮することも重要です。
もう歩き出している子供の場合には立ち歩いて他の人やお店の人に迷惑を掛けないようにしましょう。

 

子連れ外出は持参する持ち物も多く準備も大変ですが、忘れ物などでバタバタしたり、慌ただしくて疲れ果ててしまわないよう、この記事も参考にして、お子さんと一緒に楽しくお出かけしてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 子育て
  • 赤ちゃんと一緒の「子連れ外出」で準備しておくべきこと
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。