大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 勉強してほしい…「子どもの勉強意欲をかきたてる」遊び方3選
2019年01月07日更新

勉強してほしい…「子どもの勉強意欲をかきたてる」遊び方3選

勉強してほしい…「子どもの勉強意欲をかきたてる」遊び方3選

親の自分が勉強嫌いでも、子どもには勉強をしてほしいと思う人は多いですよね。
とはいえ、子どもだって勉強が嫌いだという子は多く、うまく勉強意欲をかきたてるにはどうしたら…と悩む親は珍しくありません。
そこで今回は、子どもの勉強意欲をかきたてる遊び方を3つご紹介いたします。

1. 粘土遊びや工作遊びで想像力をつける

粘土遊びって、いくつになっても楽しく、ずっとやっていられますよね。
特に、何かを作る遊びが好きな子は、世の中にどのようなものがあるのかに興味があり、「ケーキを作りたい」と思ったら、ケーキとはどのような形か、何が乗っているのか、どうしたらリアルに作れのるかと考えるのです。
より正確に作りたいと思ったら、まずはその物について調べる必要がありますよね。
また、想像で何かを作ったとしても、本当にこんな物はあるのかと確認してみたくなるでしょう。
そうしていくうちに、世の中への興味がどんどん膨らんでいくのですね。
粘土でも工作でもパズルでも、どうしたら自分の思い描いたものを作り出せるか、どれだけ想像力を膨らませられるのかが鍵なのです。

2. トランプやかるた遊びで記憶力を

トランプやかるた遊びで記憶力を

カードゲームは記憶力を育てるにはピッタリ。
トランプでの神経衰弱や、かるた遊びでは、どこに何が置いてあったかを記憶していかなければいけないため、とても頭を使います。
また、かるたでは文字を読む力も養えるでしょう。
日本語を読んだり聞いたり、何かを記憶していったり…、そういう力を育てていければ、普段の勉強にも役に立ちますね。

3. 手紙や交換日記で書く力を

今ではメールやLINEが主流となっているため、手紙を書くという機会は減りましたが、文章を書くということは、自然と書く力を育てることへと繋がります。
友だち同士の手紙、親との交換日記など、なるべく「書く」ということを意識して続けてみてください。
子ども1人だけではなく、親や友だちも楽しく学べることでしょう。
授業で言葉を書くのと、自分の気持ちを文章に書くのとでは頭の使い方が違うため、手紙や交換日記を続けることで、書く力だけではなく、文章力も自然とついていきますよ。

 

いかがでしたか?
楽しく学べば、それだけ子どもの力として蓄えられていきます。
つまらないと思いながら勉強しても、まったく身には入らないのです。
学ぶことをどれだけ楽しもうとするか、それが、勉強意欲をかきたてるためには必要なのですね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

”いつでも可愛く、元気なママ”で居られるように、WEBライターとして精力的に活動している2児の母。美容はもちろん、家事も仕事も手を抜かない努力型人間。有益なコンテンツ制作のため、情報収集に奔走する毎日です。
  • Grapps
  • 子育て
  • 勉強してほしい…「子どもの勉強意欲をかきたてる」遊び方3選
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。