大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 産前産後の体重管理が大変!「経産婦さんが語るリアルな体重管理...
2019年07月29日更新

産前産後の体重管理が大変!「経産婦さんが語るリアルな体重管理」3つ

産前産後の体重管理が大変!「経産婦さんが語るリアルな体重管理」3つ

産前は助産師さんから体重についてきつーく注意されたという方も多くいらっしゃいますよね。産前から産後まで管理が必要な時期を詳しく紹介します。

つわりの時期を超えた時期から太りやすくなる

つわりが始まる妊娠2ヶ月頃から、吐き気や体調不良で食欲も減退する方も多いことでしょう。

普段はあんなに食欲があったのに、全然食べられなくてどう栄養をとるか気になる方もいるのです。

 

でも、つわりの時期が終わるとその反動というばかりに食べすぎてしまう方が多く、産院から体重増加の注意がかかる人が多いのです。

 

妊娠期に増えるべき体重は妊娠前の体重によっても異なりますが、痩せ型から普通体型の方であれば、7キロから12キロ程度の増加が許容範囲と言われています。

 

太り気味という方では、5キロ程度の体重増加しか勧められないケースもあります。とは言っても、ストレスは大敵なので、適度に好きな食べ物を食べることも重要です。

産後はすぐには体重が減らない

赤ちゃんを産んだのに、子ども分しか体重が減っていないという経験をした方も多いのではないでしょうか。産後は、大きくなった子宮のせいで、お腹ポッコリのままの体型です。でも心配しないでください。体重や体型はおよそ半年かけて元に戻っていきます。

 

特に授乳中の方は、通常のカロリーよりもプラスで350キロカロリーほど消費率が高いと言われています。

母乳で体重が戻ったというのはこのためで、通常よりもカロリーを消費しているからといえます。赤ちゃんの為にも、高カロリーで高脂質な食事は避けると体重も戻りやすいです。

産前産後によい食事

産前産後の食事は、ご自身の体重増加に直接関わるだけでなく、赤ちゃんが健康に成長する為に欠かせないものです。カロリーが抑えられて栄養バランスがよいのは日本の昔からある和食が最適と言われています。

 

食欲があって、量が全然足りないという方でも、食物繊維が含まれていたりかみごたえのある和食を取り入れれば、ご飯を食べてから、すぐにケーキに手が出るということもなくなるはずです。

食べる時間も気をつけて

体重をしっかり管理し、元に戻すには食べる時間も大切です。朝や昼はしっかり食べても、日中の活動によって消費しますので、好きな物を気にせず食べたい!という方は、お昼帯に好きなものを食べることをおすすめします。

 

逆に寝る前に食べると太りやすくなります。ゆっくり落ち着ける夜の時間は、お菓子や美味しいものに手が伸びがちですが控えるのが賢明です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 子育て
  • 産前産後の体重管理が大変!「経産婦さんが語るリアルな体重管理...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。