大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • ネット、SNSの危険から子どもを守る!トラブルに巻き込まれな...
2019年12月12日更新

ネット、SNSの危険から子どもを守る!トラブルに巻き込まれない為の対策とは

ネットSNSの危険から子どもを守る

先日小学生が行方不明になる事件が起きましたが、原因はSNSで知り合った見知らぬ人間に誘い出されたことでした。今や小学生でもスマートフォンを所持する時代で、SNSやオンラインサービスを利用する子も多く、それに伴い、SNSなどを通じたトラブルも増加しているのが現状です。

便利に利用できる一方、どんな危険が伴うのでしょうか。また、トラブルに巻き込まれない為にはどんなことに気を付ければ良いのでしょうか。

SNS・インターネットが欠かせない時代へ

ネットSNSの危険から子どもを守る

内閣府の調査では、携帯電話・インターネットの利用は小学生が55.5%、中学生は62.5%、高校生は96.5%に達します。その利用内容はゲーム、動画視聴、音楽視聴、コミュニケーションとなっていて、1日のネット利用時間は平均約154分で、2時間以上利用する子どもの割合は約6割です。

保護者がその全てを把握するのは困難であり、インターネット上のトラブルや問題行動が目につかないことも少なくありません。

※平成28年度 青少年のインターネット利用環境実態調査

SNSを通じて犯罪に巻き込まれる事件が増加

SNS上で知り合った友達に「会ってみたい」もしくは「会ったことがある」と答えた子どもは全体の50.4%に上ることが分かっています。SNS上で悩みの相談をしたり、趣味の情報交換をしたりすることで、共感がうまれ警戒心を抱きにくくなるといいます。

ネット上の出会いが全て悪いわけではありませんが、悪意を持った大人が多いのも事実です。性別や年齢を偽り、親近感を持ちやすい印象を与えながら、子どもの心の隙間を狙って巧みに近づいてくるという危険が常に伴うのです。

※デジタルアーツ調査(小学4年生から高校生まで対象)

 

SNSを通じて犯罪に巻き込まれる事件は少なくなく、警視庁によると2018年に被害に遭った18歳未満の子は1811人、小学生も55人いたとのことです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • ネット、SNSの危険から子どもを守る!トラブルに巻き込まれな...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。