大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 令和初のお正月。今どきのお年玉事情を知ろう
2019年12月26日更新

令和初のお正月。今どきのお年玉事情を知ろう

令和初のお正月。今どきのお年玉事情

5月に元号が変わった今年も間もなく終わり、令和2年を迎えます。

令和初めてのお正月となりますが、お正月と言えば子どもが待ち遠しいのはお年玉ですね。今どきのお年玉の金額はどのくらいで、どの様な使い道となっているのでしょうか。今どきのお年玉事情を見てみましょう。

お年玉やそれにまつわる由来を知ろう

令和初のお正月。今どきのお年玉事情

まずはお年玉やそれにまつわる由来を知っておきましょう。お年玉の始まりは、元々はお金ではなくお餅でした。お餅は「魂」を象徴するものだったのです。お正月にお迎えする「年神様」は、鏡餅に宿ります。年神様の宿った餅玉は、その年の塊となる「年塊」となり、その餅を家長が家族に「お年塊→お年玉」として与えたのが由来です。

この餅玉を食べるための料理がお雑煮で、餅を食べることで体に魂を取り組むことが出来るのです。江戸時代にはこのお年玉が庶民に浸透し始め、お餅だけではなく品物やお金を渡すこともありました。こういった年始の贈り物を「お年玉」と称するようになります。

お年玉の風習は時代を超えて受け継がれましたが、高度経済成長期頃から都市部を中心にお金が主流となり、贈る相手も子どもになっていきました。

 

お年玉を渡す時にお金を入れる祝儀袋は「ぽち袋」と言いますね。ぽちは「点、小さい物」という意味の関西地方の方言に由来し、「点袋」と書きます。こちらは明治時代に、ひいきの芸者やお店の方に心づけを渡す時に使われたのが始まりです。少しの心遣いを小袋に入れたこれっぽちという控えめな気持ちから「ぽち」になったと言われています。

ぽち袋は関西を中心に気軽な祝儀袋として浸透し、1960年代にはお年玉の袋としても広く使われるようになりました。関東では「お年玉袋」と呼んでいましたが、徐々にぽち袋という言葉が広まりました。

気になるお年玉の金額相場

お年玉にいくらあげたらいいのか、気になる所ですね。子どもの年齢や関係性、家庭事情などで様々だとは思いますが、相場を知っておきましょう。

 

・未就学児

3~6歳の未就学児は1,000円程度という結果となりました。500円と1,000円が、60~70%を占めています。小さい子には、お札よりコインの方が喜ばれるという理由で500円玉を渡す方も多い様ですね。

 

・小学校低学年

1,000円、2,000円、3,000円がそれぞれ30%前後という結果になりました。500円が圧倒的少数になっていることから、入学後は1,000円以上が暗黙の了解となっているかもしれませんね。

 

・小学校高学年

ほとんどの地域で3,000円が多くなります。この年代は子どもだけで出掛けたり、自分の財布からやりくりしたりする機会も増えてきますね。相場である金額が増えてくるのも納得できます。

 

・中学生

相場は5,000円となります。

 

・高校生

金額は大きく上がり1万円という回答が増えています。しかし5,000円という回答も40%前後ある為、家庭により相違が出てくる年代と言えるでしょう。

※オイシックスアンケート結果より

 

お年玉を誰からもらったかについては、祖父母が93.4%、おじ・おばが74.3%、自分の親が65.6%となりました。

※株式会社バンダイ 2017年アンケート(小1~中3親子対象)

 

親から子へのお年玉については、あげないという人も多く、意見が分かれます。あげない理由としては「親戚からもらうので十分」「毎月小遣いをあげているので改めてお年玉としてはあげていない」というものがありました。

筆者も親からお年玉をもらったことがなかったので一般的にそういうものだと思っていましたが、大人になりもらっていた人も多くいると知って驚きました。逆に親戚が多かった為、親からもらわなくても十分満足していましたし、同じだけ親も親戚などにあげていたことを考えると、負担は多かったのかなと感じています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 令和初のお正月。今どきのお年玉事情を知ろう
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。