大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 新年度からは語彙力強化も必要に!低学年からの語彙力強化はどう...
2020年02月20日更新

新年度からは語彙力強化も必要に!低学年からの語彙力強化はどうしたらよい?

語彙力 低学年

「語彙力はあった方がいい」と思っても、どうしたらいいのか分かりませんよね。小学校低学年から始められる語彙力強化について知っておきましょう。

語彙力は読解力につながる

新要領では語彙力強化を図ることが求められていますが、その背景として読解力の低下があげられます。2016年に発表されたPISA(学習到達度調査)では、15歳の読解力が下がったと指摘されました。読解力を支えるのは語彙力であり、語彙力強化が必要となるのです。

新学習指導要領において小学校では、1・2年は「身近なことを表す語句」、3・4年は「様子や行動、気持ちや性格を表す語句」、5・6年は「思考に関わる語句」を取り上げていき、話や文章の中で使うことが求められます。中学校では「事象や行為、心情を表す語句」「抽象的な概念を表す語句」などが取り上げられます。

 

文部科学省が掲げる国語教育で必要とする力は「情緒力」「論理的思考力」「思考そのものを支えていく語彙力」の育成です。情緒力を身につけるためには、国語の授業の中で文学作品を中心とした「読む」授業を意図的・継続的に組み立てることが大切です。

論理的思考力の育成は、言葉を通して身につけるのが最も効果的であると考えられています。具体的には、文章を書くことの指導や自分の意見を述べる機会を多く設けることで高めていきます。思考そのものを支える語彙力を身につけるには漢字の指導に力を入れていくという観点が大切です。

この3つの力を育成にするにあたり、国語嫌いの子どもを増やさない指導を工夫し改善していく必要があります。

語彙力が急成長する低学年時に基礎力を身につける

語彙力 低学年

語彙力強化が求められることは分かりましたが、今回は特に低学年での対策をお伝えします。幼児から小学校低学年は語彙力が爆発的に伸びる時期です。1年で語彙力が約1万語も伸びるのは恐らくこの時期だけでしょう。実際、語彙力を学年別にみたグラフでは、低学年で語彙数が飛躍的に伸び3~4年生からは伸び率が徐々に緩やかになります。また、高学年になると学ぶ内容が難しくなりますので基礎力がないまま新しいことを学ぶと、ついていけなくなってしまうということが起こりえます。語彙力が急成長する低学年の時期にしっかりと基礎力を身につけることで、その後の勉強の土台となっていくのです。

 

国語力は国語だけではなく算数の文章題などあらゆる教科に関係してきます。国語力があるかないかは、低学年では一見差がないように見えるのですが実は大きな差がついています。それは語彙力に表れます。同じ学年の子でも、普段から簡単な語彙しか使わない子と高度な語彙を使う子がいます。日常生活ではどちらを使おうと不便がない為あまり差を感じませんが、その差は高学年になった時に歴然とした差となり表れます。

語彙力は、少しがむしゃらに勉強したからといって身につくものではありませんし、日々の継続した取り組みが重要です。「まだ小さいから難しい言葉を教える必要はない」と考えず、機会があればどんどん新しい言葉を教えていくという姿勢で低学年から語彙力を伸ばしていきましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 新年度からは語彙力強化も必要に!低学年からの語彙力強化はどう...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。