大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 小学生の英検受験が増えている!小学生は何級を受けたらいいの?
2020年03月12日更新

小学生の英検受験が増えている!小学生は何級を受けたらいいの?

2020年4月の教育指導要領改訂により、小学5年生から教科としての英語教育が始まります。それを受けて、英検を受ける小学生が増加しています。何年生くらいから何級を目指すものなのでしょうか。また、皆どのように勉強しているのでしょうか。現在の小学生英検事情を見ていきましょう。

英検各級のレベルについて

英検の正式名称は「実用英語技能検定」といい、国内最大規模の英語検定試験です。5級から1級まで7つのグレードに分かれており、年3回実施されます。「聞く」「読む」「書く」「話す」の4技能を測定し合否が決定されます。

 

各級のレベルと必要単語数は以下の通りです。

5級:中学1年生(600語)

4級:中学2年生(1280語)

3級:中学卒業(2580語)

準2級:高校2年生(4080語)

2級:高校卒業(5780語)

準1級:大学生(7630語)

1級:ネイティブレベル(10030語)

 

さらに3級からは英作文と、面接が必須となっています。

レベルはあくまで英検を主催する日本英語検定協会が発表しているものであり、実際小学生で2級に合格する子もいます。単語のレベルについても、教育要領改訂によって現状中学3年間で学ぶ単語数の半分を小学校で習うようになりますのでこのレベルも今後変わっていくことが予想されます。

小学生が英検に挑む背景

小学校で英語を学ぶようになることに備え、英検を受験する小学生が増加しています。2013年度には約33万人でしたが、2017年度には40万人に増加し今後も増えることが見込まれます。

中学受験でもこの流れがきています。英検を取得していると中学入試で優遇されるという制度を取り入れる中学が増えているのです。「英語のみ」「英語と算数」という教科で受験が出来る学校も増えていますし、今後は公立中高一貫校の適性検査にも英語が登場するのではという予想を立てる有識者も多くいます。

 

新4年生以下の児童で公立中高一貫の受検を考えている場合は、適性検査に英語が出題されるという心づもりで準備をしておいた方がよいでしょう。実際に市立大宮国際中東教育学校のサンプル問題では、適性検査Aにおいてリスニング問題が含まれています。受検に登場しなかった場合でも、中学入学後の勉強に役立つことは間違いありません。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 小学生の英検受験が増えている!小学生は何級を受けたらいいの?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。