大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 習い事は子どものもの?ママも好きなことを学んでリフレッシュし...
2020年05月21日更新

習い事は子どものもの?ママも好きなことを学んでリフレッシュしよう!

子どもに複数の習い事をさせている家庭が増えている現在。習い事の平均は2つとなっており、多いと4つ5つに通っているという子もいるほどです。子どもに色々な可能性を感じたくさんのことを学ばせたいという親心なのでしょう。

しかし育てているママ自身はどうでしょうか。日々のやることに追われて疲れていませんか?実は子育てしながら習い事を行うママが増加しています。ママが習い事をするメリットは、そしてどんな習い事が人気なのでしょうか。

習い事をやっているママは半分以上

毎日育児や家事、場合によっては仕事にと忙しいママですが、何らかの習い事や勉強を経験しているママは54.7%でなんと半分以上でした。忙しい毎日でも自分磨きを怠らないという方は少なくないのですね。子どもの年齢別では4~6歳の子どもを持つママが最も高く60.3%で、0~2歳の子どもを持つママが半数以上。7歳以上の子どもを持つママでは49.4%と半数を切りました。

ママの職業別でも、フルタイムママが63.4%、パートタイムママが50%、専業ママが53.6%という結果で、意外にもフルタイムママが一番高い経験率となりました。忙しい中ですが子どもを預けていたり、経済面で余裕が出来たりということが関係しているのかもしれませんね。

 

また、習い事はしていないけれど、妊娠や出産をきっかけに何か習い事や勉強をした、というママは約4割で、「したいけれどまだ始めていない」というママも約3割いました。約7割のママが意欲的であるということが分かりますね。

「起業」や「キャリアアップ」に興味があると答えた方は42.6%でした。小さい子がいたり兄弟がいたりなど、身動きが取れない中でも将来について考えたり準備したりしている方が多いということが分かります。

※ママスタジアムインターネット調査 2016年

ママが習い事をするメリットとは?

習い事は子どもだけのものではありません。大人になってから始めるメリットも色々あるのです。どの様なメリットがあるのでしょうか。

 

・ストレス緩和になる

日々の家事や育児、仕事でたまったストレスを緩和することが出来ます。趣味に没頭できる、自己発散出来る時間や場所を見つけることはストレスの開放に大いに役立ちます。

 

・視野が広がる

毎日家にいたり、働いていても職場との往復だけで終わってしまう生活になったりというママにとって、習い事はとてもよい刺激になります。習った知識はもちろんのこと、初めて行く場所や新しい人間関係など視野が広がります。視野が広がったことで子どもとのコミュニケーションがもっと取れるようになった、夫婦の会話が増えた、という人もいます。何より、新しいことに挑戦する姿はとても魅力的ですよね。子育てが一段落した時に「何もすることがない」というのではなく、視野を広げる準備をしておくことが長い人生には必ずプラスに作用します。

 

・友達が出来る

学生時代の友人にしょっちゅう会うということは難しいと思います。ママ友はたまたま子どもが同学年や近所にいるというだけで、必ずしも気が合う人ばかりということはないですよね。習い事で出会う相手は、趣味が共通なので打ち解けやすく話し相手や相談相手になり得ます。必ずしも習い事で友人を作らなければ、と意気込む必要はありませんが、好きなことで知り合った仲間とは話も弾みますし、友達を作りたいというきっかけで習い事を始める人もいるほどです。

 

・生活にメリハリが生まれる

日々やることが多く忙しい主婦は「自分のことをやる時間なんてない」と感じてしまいがちですが、習い事を始めたことで生活にメリハリが生まれたという声を聞きます。身につけたものをより向上させたいという意識が働き、上手に時間を使える様になる人が多いようです。例えばヨガを習ったら「あのポーズをやってみよう」、英会話を習ったら「家事をしながらCDを聞いてみよう」など、少しの時間を使いながらチャレンジすることが出来る様になります。

 

・再就職に有利

スキルを身につけるような習い事であれば、将来再就職を目指す時に有利になります。就職以外でも例えば自宅で開講出来る学習塾などであれば、学んだことを活かして子どもが部活や塾で遅い時などに開くことが出来ますね。

ママに人気の習い事

では実際ママ達は、どんな習い事をしているのでしょうか。まずは、産後育児が落ち着いてきたら子連れで参加出来るものに顔を出してみるのもいいですね。おむつ替えスペースがあったり、親子で楽しめるプログラムがあったりする体操やヨガ教室が人気です。パン作りやお菓子作りなどの料理教室も、一緒に参加出来るものがあります。

子どもが急に体調不良ということも小さい内は特によくあることでしょう。頻繁にお休みせざるを得なくなる可能性がある為、会費の安いサークルタイプやワンコイン(500円など)タイプ・参加した時だけ料金が発生するシステムのレッスンはそういう心配のあるママにオススメです。

 

具体的に人気の高いものは「ヨガ・ピラティス」「料理パン」「手芸」「ベビーマッサージ」などです。特にヨガなどは、習い事から始めてインストラクターになった、などというママも多くいます。長く続けられる習い事ですね。身体を動かすものは他にもスイミング、フラサークル、テニス、バレエなどが人気です。

 

生活・仕事に役立つものとしては英会話、パソコン、医療事務などの資格取得系が人気です。未経験から資格取得、そして仕事へと趣味と実益を兼ねられるところが人気の理由です。和の習い事として習字、茶道、お花、着付けなどがあり、どれも年を重ねても続けることが出来る上に師範や講師の資格をもつことが可能です。

音楽が好きな人ならピアノ・エレクトーンが人気ですが、管楽器やギター、ボーカルなどに通うママも。初めて挑戦するだけではなく、昔やっていて懐かしい・またやってみたくなったという方もいるようです。創ることが好きなら編み物やビーズなどの手芸や、フラワーアレンジメント教室などが人気です。ハンドメイド系はそれを仕事につなげるママも多くいますね。

最近人気が高まっているものとしてはボルダリング、ガーデニング、合気道、書道などがあります。

おさえておきたい!習い事を選ぶポイント

習い事をせっかく始めるなら出来るだけ長く続けたいですよね。たくさんある中で選ぶ際に、興味のあることを選ぶのはもちろん、おさえておきたいポイントを見てみましょう。

 

・家事・育児と両立出来る

やはり家事や育児が出来なくなるほどでは本末転倒です。自分のペースで続けることが出来、子どものお迎えなどの負担にならないもの、時間で選びましょう。

 

・家から通いやすい

あまり自由時間を多く取れないという方が多いと思います。遠くなるとその往復時間がもったいないですよね。通えたとしても、遠いと通うだけで疲れて帰宅後に影響が出てしまったという声もあります。近場の教室の方が、急に呼び出しがあったなどの緊急時にも対応しやすいでしょう。


・自分のレベルに合っている

初心者なのにレベルが高い教室だと馴染めずにやめてしまうということがあります。逆に経験者であってもブランクなどがあるとついていけないということも。レッスンの雰囲気や内容・先生との相性なども合うかどうかも気になるところです。体験レッスンがあるところが多いと思いますので、必ず始める前に体験してみましょう。

 

習い事をしたくても「そんな時間やお金があったら子どもにかけたい」という方もいるかもしれません。しかし少しでも興味のあるものがあれば思い切って始めてみると新しい景色が待っています。

 

筆者は子どもが入学後に着付け教室に通い、たくさんの友人が出来ました。中には80代で始めたという方も同じクラスにいて、いくつになっても挑戦するということは大切なのだと感じ元気をもらいました。

習い事に通う際には、家族の協力が必要な場合も少なくありません。私も教室のイベントで休日に出掛けることなどが何度かありました。家族の理解も必要ですが、好きなことをやって活き活きしているママの姿を見せることにはいい効果があるかもしれません。家族への感謝も忘れずに、自分磨きにも挑戦してみてはいかがでしょうか。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 習い事は子どものもの?ママも好きなことを学んでリフレッシュし...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。