大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • もうすぐ父の日!由来を知って『父の日』をお祝いしよう
2020年06月18日更新

もうすぐ父の日!由来を知って『父の日』をお祝いしよう

もうすぐ父の日!由来を知って『父の日』をお祝いしよう

5月の「母の日」に続き6月には「父の日」があります。母の日に比べ忘れられがちな印象もありますが、毎日頑張るパパにも労いを贈ってあげたいところ。父の日にはどんな由来があるのかを知った上で、子どもと一緒に感謝を伝えましょう。

父の日制定の由来

母の日は5月の第2日曜日とされていますが、父の日は6月の第3日曜日です。2020年は6月21日となります。
日本では母の日は明治時代に初めて行われ、昭和24年頃から一般的行事となりました。一方父の日が始まったのは昭和25年頃で、一般的行事となったのは1980年代となります。

 

父の日の由来は1909年にまで遡ります。アメリカ・ワシントン州のスポーケンで、6人の子どもを抱えた母親が過労死しました。父親と子ども6人の生活となりましたが、父は再婚することなく子どもたちを懸命に育て上げ、全員が成人した後亡くなります。6人兄弟の末っ子ソノラが、母の日を知り「父にも感謝する日を作ってほしい」と牧師協会にお願いをします。翌年の6月、父の日の最初の祝典が開催されました。なぜ6月だったかというと、ソノラの父親が6月生まれだったからだそうです。

 

1916年には当時の大統領ウッドロー・ウィルソンが演説で語ったことにより父の日が広く知れ渡ります。さらに50年後の1966年には、大統領リンドン・ジョンソンが6月の第3日曜日を父の日に定めました。正式なアメリカ国の記念日となったのは1972年で、まだ歴史が浅いことが分かります。

父の日の贈る花は?

もうすぐ父の日!由来を知って『父の日』をお祝いしよう

母の日に贈る花は赤いカーネーションが有名ですが、父の日の花はご存知ですか?父の日にはバラを贈ることが一般的です。これは、ソノラが父親の墓前に供えた花であることが由来しているようです。
花の色は、カーネーションと同様に存命していれば赤、亡くなっていれば白と言われていますが、実際は明確に決まっていません。日本では黄色いバラを贈る方が多い様です。

 

それは1981年に設立された「日本ファーザーズ・デイ委員会」が「父の日黄色いリボンキャンペーン」を開催しているからと言われています。このキャンペーンでは幸せや幸福の象徴である黄色を父の日のイメージカラーとしています。そのキャンペーンと結びつき、黄色のバラを贈るという風習がうまれたのでしょう。黄色は身を守る色という言い伝えがあり「愛と信頼と尊敬を表す色」として世界各国に広がっています。

 

しかし最もポピュラーな黄色いバラには「嫉妬」や「別れよう」という好ましくない花言葉を併せ持っています。黄色のバラを贈る場合は、他の色と合わせて贈ることがオススメです。白と黄色のバラを合わせて贈る、という方が多い様ですよ。
他に父の日に贈る花としては、ヒマワリやユリが人気です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • もうすぐ父の日!由来を知って『父の日』をお祝いしよう
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。