大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 親子で交換日記のススメ。2年継続したコツを教えます
2020年07月23日更新

親子で交換日記のススメ。2年継続したコツを教えます

親子で交換日記のススメ

日記は日々の記録を書き留めるものですが、小学生の内から始めると文章力の向上などたくさんのメリットがあります。低学年では自分で毎日日記を書くことを継続していくのは難しいので、親子で行う交換日記がオススメです。

しかしメリットを感じてせっかく始めても、続けていかなければもったいないですよね。小学校低学年の息子と2年間日記を続けてきた体験から、継続する為の工夫と心がけをお伝えします。

ますます重視される文章力

文章力が大きく必要とされる要因の1つとして、大学入試の大きな変化があります。「センター試験」は2020年1月が最後となり、2021年からはそれにかわる「大学入学共通テスト」が実施される予定です。

センター試験は1990年に「与えられた問いに対して正解を早く・正確に導く力」を求めて導入されたマークシート方式の試験です。考えさせる設問もあるという高い評価がありましたが、知識の量やテクニックで合格してしまうというケースも多く、「覚えていることが学力である」という学力偏重主義の流れが強くなることで大学学力低下の一因となっていました。

これからの時代はそういった知識の量だけではなく、自分で問題を発見し試行錯誤しながら解答を導く力、周囲と協力していけるコミュニケーション力をあげていきたいという考えから新しいテストの導入が決定しました。「大学入学共通テスト」では「思考力・判断力・表現力」や「主体性・協働性・多様性」が重視されています。

 

新形式では記述式が見送られましたが、今までの「知識」「技能」にくわえて「思考力」「判断力」「表現力」が求められる試験となっていきます。思考力や表現力はすぐに身につくものではありません。長い時間をかけて経験を積んでいく中で養う必要があります。

その土台として、文章力をあげるための日記が注目されているのです。中学受験においてもその流れを受けて記述式の問題や作文を出すところが増えています。勉強が本格化する前に習慣としておけば、いざ勉強として文章を書くようになった時にも抵抗が少なく取り組めるようになるでしょう。まずは楽しんで知らず知らずの内に習慣にすることを目指しましょう。

交換日記の様々なメリット

親子で交換日記のススメ

交換日記を行うことには、文章力を向上させるだけではなく様々なメリットがあります。

・文章を書く練習になり、書く力が育つ

・読む力が育つ

・考えていることを文字にする力が育つ

・自分の気持ちを再確認することが出来る

・正直に自分の気持ちを伝えれるようになる

・ゆっくり話す時間が取れなくても日々の出来事を共有出来る

・意外な一面を知ることが出来る

・心の成長がみられる

・一人では続かない日記も、交換することで継続出来る

・将来見返した時に良い思い出になる

 

1日に数分ノートと向き合うことで、子ども自身がその日の出来事や自分の気持ちを見直す時間にもなっていきます。子どもによっては、面と向かって言えない気持ちをしたためてくれることもあるかもしれませんね。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 親子で交換日記のススメ。2年継続したコツを教えます
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。