大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 子育て
  • 自信を持った子どもに育つ!子どもの「自己肯定感」を高める為の...
2020年10月15日更新

自信を持った子どもに育つ!子どもの「自己肯定感」を高める為の秘訣とは?

自信を持った子どもに育つ!子どもの「自己肯定感」を高める為の秘訣とは?

「自己肯定感」という言葉を聞いたことはありますか?自己肯定感が高い子どもは前向きに物事をとらえ色々なことに挑戦出来る一方、低い子どもは失敗を恐れ前向きに挑戦出来ない傾向が高いと言われています。

「うちの子はやる気がなくてダメだ」と感じても、実は自己肯定感を高めることで変わっていくかもしれません。子どもの自己肯定感は親の関わり方で高めていくことが出来ます。自己肯定感について知り、子どもとの関わり方を見直してみましょう。

自己肯定感について知ろう

自己肯定感とは「ありのままの自分を受け入れ、尊重する感覚」です。ありのままの自分を認めるというのは、悪い状況や不運に見舞われても「自分には価値がある」と思えることです。その時の状況に関わらず無条件で自分を認める感情が自己肯定感で、自分の心を守ってくれるものです。反対に、他者との比較を根拠とした条件付きの自信は、真の自己肯定感とは呼びません。

 

自己肯定感は成長過程で育まれる為、親の言動が大きく影響します。自己肯定感が低いと自分を否定する癖がついてしまうので失敗したら二度と挑戦しない、応援を負担に感じる、成功に対して歪んだ考えを持つなどのネガティブな影響を受けてしまい、自分の短所ばかりを気にする子になってしまいます。

諸外国と比べ自己肯定感の低い日本

自信を持った子どもに育つ!子どもの「自己肯定感」を高める為の秘訣とは?

日本では特に子どもの自己肯定感が低いと言われています。

平成26年度の内閣府の調査(子ども・若者白書)では「自分自身に満足している」と回答した子どもの割合を日米で比較しています。結果アメリカの子どもは86%日本の子どもは45.8%とかなりの差が出ています。その他イギリス・フランス・ドイツも80%超え、スウェーデンは74%、韓国は71%と高い結果になっています。「自分には長所がある」と回答したのは日本が68.9%に対し、アメリカ・ドイツ・フランス・イギリスが約90%となっています。

 

逆に「自分はダメな人間だと思うことがある」にそう思うと答えた割合は7割を超えており、アメリカ・中国・韓国などと比較するともっとも高い割合となっています。これは自分を肯定的に捉えている子どもの割合が低いということです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
  • Grapps
  • 子育て
  • 自信を持った子どもに育つ!子どもの「自己肯定感」を高める為の...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。